2016年 07月 17日

6月の蝶

6月も5月と同じような状況になってしまったので、1か月分まとめて掲載します。

ミドリシジミ(6月4日)
d0054625_12294977.jpg

ミドリシジミ♂ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (外部ストロボ&LEDライト)
d0054625_12303261.jpg

ミドリシジミ♀ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (外部ストロボ&LEDライト)
 

More その他の蝶は・・・・
[PR]

# by toshi-sanT | 2016-07-17 20:00 | | Trackback | Comments(6)
2016年 06月 11日

5月の蝶

5月は、結局更新しないまま終わってしまいました。撮影にはちょこちょこ出かけたのですが、イマイチぱっとしなかったこともあり、なんとなくダラダラサボってしまいました。
そこで、5月撮影分をまとめて紹介します。

ウスバシロチョウ
d0054625_1143123.jpg

d0054625_11434230.jpg

5月5日 神奈川県 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(外部ストロボ&LEDライト)

More アカシジミは1週間くらい早かった
[PR]

# by toshi-sanT | 2016-06-11 16:30 | | Trackback | Comments(6)
2016年 05月 02日

2016年4月下旬 多摩丘陵のアオバセセリ

色々用事が重なって撮影はするものの更新をさぼっておりました。またすぐ、さぼりモードに入ってしまうかもしれませんが、更新の努力はしたいと思いますのでよろしければお付き合いください。

近所の緑地でアオバセセリが発生しているので毎年撮影に出かける。交通は便利だし、撮影しやすい場所に出てくるので当たり前なのだが、だんだん撮影者の増えてきた。そこで、今年は発生が早いということに賭けてフライング覚悟で行ってみた。

「さすがに早すぎてダメだろう」と思いながら探しはじめるとヒメウツギの花に来ていた。ところがダメだろうと思っていたので、カメラは収納したまま、スイッチすら入れていない。慌ててカメラの準備をするが、大した写真が撮れないまま飛び去ってしまった。幸いその後すぐ再飛来してくれたが、やっぱり、カメラの準備は常にしておかないといけないということだ。

d0054625_224545.jpg

アオバセセリ♂ 吸蜜 CANON EOS 60D EF100mm F2.8L マクロ IS USM(外部ストロボ)
縁毛もそろっているし、オスの特徴である後脚の鞘状の毛束もはっきり写っていてちょっとうれしい。

More 独り占め状態・・・・
[PR]

# by toshi-sanT | 2016-05-02 23:18 | | Trackback | Comments(10)
2016年 04月 17日

2016年4月 春のルーミスその②と富士川のギフチョウ

4月になっても週末の天候不順が続いていたが、やっと2週目になって快晴の天気予報。今年は雪解けが早いから新潟のギフも多くの場所で最盛期らしいが、結局房総の山中に春ルーミスの観察に出かけた。
到着してみると、気温はそこそこ高いが太陽には薄雲がかかることが多く、地面近くには全く降りてこない。それでも日が差すと、アラカシの倒木の周りにまとわりつく個体がいた。
d0054625_21131315.jpg


More そのうちアラカシの芽吹きに・・・・
[PR]

# by toshi-sanT | 2016-04-17 23:55 | | Trackback | Comments(8)
2016年 04月 03日

2016年3月下旬 春のルーミス

今年の春、関東近辺は週末になると天気が悪い日が続いている。春先の天候の不安定さはわかっているつもりではあるが、こう続くとたまらない。4月第一週の週末もダメそうで、ついに我慢できなくなって、〇〇を何した3月末日、房総半島へスクランブル発信した。

早朝に着くと、まずはルーミスシジミが吸蜜しにくるポイントの様子を見る。気温の低い日が続いたせいか、アセビもヒサカキも数は少ないが花が残っている状態で、可能性はありうだ。
まだ訪花まで時間がありそうだったので他の場所にも足を延ばしてみる。
すると予想外にも谷のほんの入り口で今年第一号のルーミスシジミに出会った。
d0054625_22155568.jpg

ルーミスシジミ 開翅 CANON EOS 60D EF100mm F2.8L マクロ IS USM(外部ストロボ)

More 戻ってみると・・・・
[PR]

# by toshi-sanT | 2016-04-03 23:30 | | Trackback | Comments(6)
2016年 03月 27日

2016年3月下旬 天候に恵まれない週末

そろそろギフチョウも飛び始めていよいよ春本番。さあ開幕戦!と張り切って出かけたが、天気予報と大違いのどよ~んとした曇天で小雨まで降る始末、「初球デッドボールで退場」の気分だ。
それでも真っ直ぐ帰るのも癪なので、ちょっと遠回りして菜の花が咲く谷戸へ寄って帰ることにした。
ここは、毎年、越冬明けのルリタテハがテリ張りをしているが、今年もやっぱりいた。
d0054625_2221649.jpg

ルリタテハ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(外部ストロボ)

More 飛び立つところも狙ってみた
[PR]

# by toshi-sanT | 2016-03-27 22:47 | | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 05日

2016年2月下旬 今年の新生蝶

[2月21日]
今年は暖かい日が多いので、例年より少し早く出ているチョウもいるだろうと思い、日当たりの良い土手を歩くと、河津桜も咲き始めていた。
d0054625_23321549.jpg

河津桜
予想通りモンキチョウの姿も見られたが、すでにメスも出ていたのにはびっくりした。
d0054625_23343167.jpg

モンキチョウ♀ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA17-70mm Macro

More 翌週末も出かけてみた
[PR]

# by toshi-sanT | 2016-03-05 23:48 | | Trackback | Comments(4)
2016年 02月 20日

近所のムラサキツバメ集団その2

2月は早々にインフルエンザに罹ったりしてなんとなく不調、週末パッとしない天気も続き気分も乗らないのでブログも放置状態になってしまった。

年明け早々、Garudaさんに近所のムラサキツバメの新しい情報をいただいていた。その後、継続して様子を見た。

[1月10日]
9日に続いて季節外れの高温の日で、日当たりの良いアオキの葉上の集団は、9時半にはもう活活性していた化。こんな感じで「艦載機順次発艦!」状態でかなりの数が飛び回っていた。。
d0054625_15583776.jpg

CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(外部ストロボ)

[1月11日]
翌日はうって変わrって気温が下がったので、活性が低いうちに集団越冬の個体数を数えに行った。
越冬集団は、①アオキの葉上 22頭、 ②シラカシの葉上 20頭だった。
d0054625_1651518.jpg

アオキ葉上の越冬集団 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)
d0054625_165365.jpg

アオキ葉上の越冬集団 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)

[1月16日]
翌週に行ってみると、アオキの葉上の集団はわずか3頭に減っていた。
d0054625_168467.jpg

アオキ葉上の越冬集団 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro
シラカシの葉上の集団は少し増えて22頭になったようだ。一部はアオキの葉上から移動したのかもしれない。
d0054625_16122885.jpg

d0054625_16123670.jpg

シラカシ葉上の集団 アオキ葉上の越冬集団 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)

[1月23日]
ウィークデイに大雪が降った後の週末。アオキの集団は消滅していた、
d0054625_16143387.jpg

シラカシの集団は、雪の直撃を受けにくい場所だったからか、少し数を減らして表18頭、裏2頭の計20頭だった。
d0054625_1616367.jpg

少し溶け残った雪もあったので無理やり背景に取り入れてみた。
d0054625_16174297.jpg

アオキ葉上の越冬集団 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)
その後、インフルエンザにかかってしまい、治った後の2月7日に訪れた時には、全ていなくなっていた。

Garudaさん、情報ありがとうございました。1か月間楽しめました。
[PR]

# by toshi-sanT | 2016-02-20 16:39 | | Trackback | Comments(2)
2016年 02月 13日

<第12回 チョウ類の保全を考える集い>

<第12回 チョウ類の保全を考える集い ご案内>

2月13日まで、本記事をトップに掲載しています。それまでは、最新の記事は↓になります。


日時:2016年2月13日(土) 10:30~17:45 

会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都代々木)
   研修室309(センター棟3階)

プログラム:

10:00~     チョウ類の保全を考える集い 受付開始
10:30~10:45  開会 代表理事あいさつ 諸注意
10:45~11:50  貴重なチョウの生息地である草原をどう維持していくか?
        「草原の歴史と現状」
          小椋純一氏(京都精華大学)
        「チョウから草原の質を読み解く」
          永幡嘉之氏(日本チョウ類保全協会事務局)

11:50~13:00  昼食

13:00~14:00  地球温暖化とチョウを考える
        「地球温暖化でチョウの分布がどう変化するか?」
          宮下 直氏・松葉史紗子氏(東京大学)

14:00~15:00  チョウ類の保全活動報告
        「北海道遠軽町のアサマシジミ」 喜田和孝氏(丸瀬布昆虫館)
        「八ヶ岳のミヤマシロチョウ」  福田勝男氏(茅野ミヤマシロチョウの会)

15:00~15:30  休憩 30分 (協会ボランティア説明会)
        
15:30~16:30  農地における生物多様性の保全を考える
        「ネオニコチノイド系農薬とチョウ類の減少~イギリスでの事例~」
          中村康弘氏(本会事務局)
        「農業と生物多様性~地域での取り組み~」
          高橋 淳氏(鮭川村自然保護委員会)

16:30~17:45  保全協会の保全活動の状況と今後の方向性
         ・絶滅危惧種の保全(ツシマウラボシシジミほか)
         ・庭のチョウ類調査 ほか

17:45     閉会

18:00~20:00(中締め19:30) 懇親会(同会場内のレストラン「カフェ・フレンズ」) 会費3,500円



○参加申し込み
参加費:1,000円 (会員・非会員ともに同様)
 参加する際、事前の申込みは必要ありません。当日会場にお越しください。
 また、終了後、18:00から同会場内のレストランにて懇親会を開催します(会費3,500円)。
 懇親会に参加を希望される方は、必ず2月7日までに事前のお申し込みをお願いいたします。
 申込み先:事務局 井上宛 Email: jbutterflyconservation@gmail.com

□会場までの道順
(国立オリンピック記念青少年総合センター:東京都渋谷区代々木神園町3-1  TEL03-3469-2525)
 会場は、センター棟3階の研修室309です。オリンピックセンターは広いですが、施設の案内は充実しており、すぐにわかるようになっています。

●鉄道利用の場合
・小田急線 参宮橋駅下車 徒歩約7分(急行は停車しないため、各駅電車を利用のこと)。
・乗車時間の目安:新宿-参宮橋間は、小田急線で約5分。

●車利用の場合
都高速4号線 代々木ランプより(三宅坂方面のみ) 約100m、初台ランプより(高井戸方面のみ) 約2km、新宿ランプより(大型バスの場合) 約2km。
※駐車場はありますが、駐車料金もかかります(30分150円)ので、できるだけ公共交通機関でお越しください。

□宿泊案内
 会場となる参宮橋近くの新宿駅などには多くのビジネスホテルがあります。参加者ご自身で宿泊のご予約をお願いいたします。

**********************************************************************
 特定非営利活動法人 日本チョウ類保全協会
 140-0014 東京都品川区大井1-36-1-301 TEL・FAX:03-3775-7006 TEL携帯:080-5127-1696
Email:jbcs@japan-inter.net
**********************************************************************

八ヶ岳のミヤマシロチョウはかなり厳しい状況になっていますが、この姿をもう一度見られると信じています。
d0054625_0122165.jpg

2010年 八ヶ岳
[PR]

# by toshi-sanT | 2016-02-13 23:28 | Trackback | Comments(2)
2016年 01月 12日

真田の城

今年の大河ドラマは、「真田丸」、丹波哲郎、渡瀬恒彦、草刈正雄、遥くららの真田太平記世代の私にとっては、当時幸村役の草刈正雄が、今度は真田昌幸役というのが何ともおもしろい。初回放送を見た感じでは、「結構軽い?」という感じもしたが、楽しみ見ようと思う。

というわけで新年早々、便乗企画。蝶の撮影で信州上田方面に行った折に撮影した、上田城、真田本城の写真を載せてみようと思う。

【上田城】(2013年8月撮影)
d0054625_23333944.jpg

櫓門と南櫓
d0054625_23391252.jpg

櫓門をくぐって裏側から南櫓を見たところ

More 本丸を歩いてみると
[PR]

# by toshi-sanT | 2016-01-12 00:11 | Trackback | Comments(2)