フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 07月 22日

高山蝶始めました③ ヤリガタケシジミ(アサマシジミ)

この週末は、休暇も取ったし北アルプスに登りハイマツ仙人に会いに行くはずだった。ところがずっと天気が悪く、ハイマツ仙人は断念し、結局上高地に入りに変更したため「高山蝶始めました」シリーズ第三弾はヤリガタケシジミになった。

本州で高山蝶と呼ばれるものは、クモマツマキチョウ、ミヤマモンキチョウ、ミヤマシロチョウ、オオイチモンジ、コヒオドシ、クモマベニヒカゲ、ベニヒカゲ、タカネヒカゲ、タカネキマダラセセリの9種であり、ヤリガタケシジミは入らない。またそもそもヤリガタケシジミは独立した種名ではなく、アサマシジミの本州中部高山帯亜種名、または北アルプス梓川流域の地理的変異名なので当たり前と言えば当たり前なのだけれど。
ただ、長野県天然記念物にはこの9種に加えてヤリガタケシジミが入っていること、「ヤリガタケシジミ」の名称からくる雰囲気から、私的高山蝶に入れてしまっている。ちょうど10できりが良いし。

d0054625_2350722.jpg

ヤリガタケシジミ 吸蜜 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_23505535.jpg

ヤリガタケシジミ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_23562383.jpg

ヤリガタケシジミ 開翅 CANON EOS kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
後翅が少し欠けているのが残念だけれど、青鱗の色合い、広がりともはっとするほど美しい。
食草であるタイツリオオギの群落を入れての半開翅。
d0054625_23582781.jpg

ヤリガタケシジミ 開翅 CANON EOS kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

ヤリガタケシジミの生息地は、河川工事などによる環境変化によって激減してしまっている。その中で今回は1個体だけだったが撮影することが出来てとても幸運だった。
現地で偶然出会い、ヤリガタケシジミのポイントまで快く(強要したという説もあるが・・・・)ご案内いただいた虫林さん本当にありがとうございました。ご一緒したcactussさんお疲れ様でした。
また、タカネキのポイントまで一緒に行きましょうなんて言って途中まで同行しておきながら、途中でヤリガタケシジミに浮気してしまいご迷惑をおかけした霧島緑さん、お疲れ様でした、そして申し訳ありませんでした。

今週は遅くなる日が多いので、ヤリガタケシジミ以外の蝶や今回のプチ遠征の顛末は後日UPします。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-07-22 00:34 | | Comments(20)
Commented by 虫林 at 2009-07-22 07:28 x
ご苦労様でした。ご一緒できて楽しかったです。
高山蝶ヤリガタケシジミの特徴のスカイブルーがとてもよく表現されていますね。今となってはとても貴重なチョウにおもえます。
それにしても、足を痛めてからの歩くスピードは早かったですね。こちらはハアハアでした(笑)。
Commented by clossiana at 2009-07-22 08:28
半ば恒例化しつつあるtheclaさんの高山蝶シリーズですね。昨年のタカネヒカゲの開翅シーンには度胆を抜かれた感じでしたが今年もヤリガタケシジミをはじめ、タカネキマダラ、オオイチとさすがです。中でもこのヤリガタケシジミが一番、個体数が少ないのでは?と思います。そんな中で綺麗に撮られていてさすがですね。お疲れさまでした。
Commented by banyan10 at 2009-07-22 14:21
本州の高山蝶は制覇したつもりでしたが、この蝶も残っていましたね。撮影するまでは違うことにしておきましょう。(笑)
ここまで行くのも楽ではないと思いますが、撮影できて良かったですね。アサマとは違うブルーが印象的です。
Commented by maeda at 2009-07-22 20:25 x
北海道のイシダよりやや深みのあるブルーで、とっても綺麗な青だと私は思っています。昨年も書いたと思いますが、こちらのブルーの方が個人的には好きですね。
Commented by cactuss at 2009-07-22 21:40
偶然、生息地でお会いして、今まではずしたことはなかったですが、今回、そのジンクスがくずれるかなと思いました。最後に女神がほほえんでくれ、大成功でしたね。このジンクスをいつまでも続けていきましょう。
Commented by thecla at 2009-07-22 22:57 x
虫林さん、先日は本当にありがとうございました。
おかげさまで念願のヤリガタケシジミが撮影出来ました。
あの後、じっくり踏みしめることが出来ないため足の回転が速くなると同時に痛さで無言で歩きとおしてしまい失礼しました。
じっくり踏みしめるほうが痛くて本当に参りました(^^;
Commented by thecla at 2009-07-22 23:00 x
clossianaさん、コメントありがとうございます。
何とかと煙の方のタイプなのと人並みはずれた汗かき体質なのでこの時期つい高いところに登ってしまうだけです。
そうですね、ヤリガタケが一番撮影しにくい見つけにくい状態ないあるように思います。そういう意味では今回はとてもラッキーだったと思っています。
Commented by thecla at 2009-07-22 23:02 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
私も昨年年間完全制覇宣言時には、勿論カウントしていません。今回も撮影出来るかどうかはギャンブルのつもりでしたが無事撮影出来たので始めてカウントすることにしました、撮影出来なかったらまだカウントしていないと思います(^^;
Commented by thecla at 2009-07-22 23:06 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
勝手な思い込みかもしれませんが、低地性アサマの色合いは「藍」に通じ、ヤリガタケのブルーは高地帯の青空といった具合にアサマのブルーは日本人の文化的DNAを刺激する色合いだと思っています。
その意味ではイシダのブルーも北海道の空に通じる気がして是非見たいものです。
Commented by thecla at 2009-07-22 23:07 x
cactussさん、確かに偶然生息地でお会いした際は全勝ですね。このジンクスを大事にしたいと同時に、皆さんの観察眼・視点によるものも多いと思います。
毎回、なるほどこんな視点もあるんだと感動しています。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2009-07-22 23:46
ヤリガダケシジミは確かにアサマシジミの亜種ですが、色合いが違いますね。たった1頭とは、危機的状況なんですね。幅広い鮮やかなブルーをいつまでも見たいです。
Commented by ヘムレン at 2009-07-23 11:13 x
美しいですね。この青・・・素晴らしいです。
登られた甲斐があったというものですね。
おめでとうございます(^^)
Commented by thecla at 2009-07-23 23:28 x
ノゾピーさん、コメントありがとうございます。
ヤリガタケは低地のアサマに比べ、ブルーの広がり色合いとも大きく異なり独特の魅力があることを実物を見て改めて感じました。
そういえば、上高地は一日違いだったようですね。
Commented by thecla at 2009-07-23 23:29 x
ヘムレンさん、コメントありがとうございます。
この青、やっぱりたまりません。おっしゃるとおりここまで来た甲斐がありました(^^;
Commented by 霧島緑 at 2009-07-24 01:03 x
先日はお疲れ様でした。また、大変お世話になりました。
確かにアサマに比べブルーの広がりが大きいですね。1個体のみの発生となると今後の発生が気になります。早めに何とかせねばいけないと感じますね。体が2つあればそちらに同行もできたのですが・・・
Commented by thecla at 2009-07-24 22:36 x
霧島緑さん、お疲れ様でした。
ついふらふらっとヤリガタケのほうに行ってしまい失礼しました。
このブルーがあまりにも魅力的だったもので・・・つい・・・・(笑)
でも、狙いの蝶が撮れてよかったですね。
Commented by 上山 at 2009-07-25 11:21 x
ごぶさたしてます。
毎年、行動力に恐れ入ります。すばらしい写真を楽しみにしてます。
上高地のヤリガダケは、17年前に結構いたのですが、
去年は全く見ず、心配していました。
1匹だけでも、ちょっと安心しました。
いつの日か、稜線をご一緒したいものです。
Commented by thecla at 2009-07-25 22:17 x
上山さん。こちらこそご無沙汰しております。
上高地のヤリガタケシジミは、昔の生息地でも今全く見ないところが多くなっています。多分ここ10年くらいで一気に減ったように思います。
来年はこのポイント以外にも色々な場所を探してみたいと思います。
今年は稜線に登りそこねてしまっていますが、来年あたりどこかの稜線でお会いできたらいいですね。
Commented by chochoensis at 2009-07-26 09:59
theclaさん、=ヤリガタケシジミ=見事ですね・・・流石です。上高地で中学生の頃見ただけです・・・とても素晴らしいです・・・。数が少なくなっているとか・・・心配ですね・・・。
Commented by thecla at 2009-07-26 12:03 x
chochoensisさん、ありがとうございます。
ヤリガタケシジミも昔は上高地の梓川流域あちこちで見られたようですが、この十年くらいでオオギ類がめっきり減って、生息域がものすごく限られてしまっているようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2009年7月 あ~夏休み~ ①      2009年7月中旬 スジグロシ... >>