フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 10月 03日

多摩丘陵秋色々

例年のことながらこの時期はちょっと忙しくて週末にも影響があることが多い。従ってあまり遠出できず短時間家の周囲を散歩する程度になってしまう。それでもこのあたりは多摩丘陵のはずれだから、歩いてみると普通種だけどそれなりに楽しめる。

〔スジグロシロチョウ交尾〕
普通種であっても交尾シーンに出くわすとやっぱりうれしい。
d0054625_22531946.jpg

9月22日 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_2256337.jpg

9月22日 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

〔スジグロシロチョウ交尾飛翔〕
このカップルを撮影していたところに複数のオスが絡んできた。
d0054625_2331023.jpg

9月22日 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
最大は4頭のからみ
d0054625_2333733.jpg

9月22日 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

〔スジグロシロチョウ交尾拒否〕
翌週は、求愛&交尾拒否を観察。
d0054625_2312588.jpg

9月27日 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
求愛時に何故かストローを伸ばしていた。
d0054625_23124571.jpg

9月27日 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

〔ツバメシジミ♂〕
綺麗なツバメシジミ♂がいたので、閉翅と開翅のベタ画像を撮影。
d0054625_23153627.jpg

ツバメシジミ♂ 閉翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro(9月22日)
d0054625_2316658.jpg

ツバメシジミ♂ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro(9月22日)
この個体を撮影中、もう1頭のオスが飛び込んできて誤求愛。
d0054625_2317265.jpg

ツバメシジミ 誤求愛 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro(9月22日)

〔ウラナミシジミ〕
産卵しているウラナミシジミがいた。
d0054625_23192546.jpg

ウラナミシジミ産卵 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro(9月22日)

今週も色々あって遠出できない。明日は晴れるみたいだから、午前中だけでも少し撮影に出たいところだ。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-10-03 23:21 | | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://thecla.exblog.jp/tb/10297191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by clossiana at 2009-10-04 08:41
交尾拒否中の♀個体に対して♂はすぐ近くでホバリングをしている光景を時々見かけますが、或る本によれば♂はああやってある種の化学物質を♀に対して送り続けていて、やがて♀はそれに反応して交尾に至るとの記載がありました。これってどう思われます?私は♀が取りあえず交尾拒否をして、やがて交尾をしたところなど見たことありません。♂はしつこいもののやがてあきらめるようなのですが。。。
Commented by chochoensis at 2009-10-04 19:06
=ウラナミシジミ=の産卵シーンを狙って居ますがなかなか撮影出来ません・・・とても羨ましいです・・・。交尾とか求愛のシーンも素敵ですね・・・私には撮影出来ません・・・素晴らしいです。
Commented by thecla at 2009-10-04 21:59 x
clossianaさん、コメントありがとうございます。
あまり数があるわけではないですが、私が観察した交尾プロセスでは全部あっという間に成立したものばかりです。
一度交尾拒否したものが交尾したものは一度も見たことありません。また今年観察したミヤマシロの交尾拒否では、団子状に多くの♂が集まっても拒否、強引に♂が腹部をねじ込んでも拒否のままでした。
なので個人的には、化学物質説は承服しがたいですね。
Commented by thecla at 2009-10-04 22:08 x
chochoensisさん、コメントありがとうございます。
ここはウラナミシジミはあまり多くなくいのですが、上手い具合に産卵シーンに出会えました。
交尾とか産卵シーンは、ダメなときはどんなに粘ってもダメで、出会う時は頻繁に出会うのは何故なんでしょう。あんまりがっついてもダメなのかもしれません、不思議なものですね。
Commented by maeda at 2009-10-05 06:02 x
秋が終わりになる頃、北海道ではエゾスジグロシロが目立つようになります。他に蝶が居ないせいでしょうか。モンキチョウとエゾスジグロと、さらにはオオモンシロ。よく考えてみるとシロチョウばかりです。
Commented by kmkurobe at 2009-10-05 08:20 x
エゾスジグロき多いのですが、スジグロこちらでは標高が高いせいかなかなかチャンスがありません。
ウラナミシジミの産卵は狙っているのですが、このアングルは最高ですね。
Commented by grassmonblue at 2009-10-05 12:00 x
普通種の観察、ついつい見過ごしてしまいます。
そういえば、オオウラギンスジヒョウモンはどんなでしょう。
当方地元の公園では20日過ぎだったかに3頭確認しました。
目撃されたら教えてください。
Commented by engel777engel at 2009-10-05 20:25
スジグロシロチョウの交尾シーン様子がとてもよくわかります。。。
ツバメシジミ、紋様の凄く綺麗なチョウですね。
先日教えていただいたツマグロヒョウモンと思うのですが、求愛シーン撮れました。よろしければご覧になってください
Commented by thecla at 2009-10-06 23:16 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
シロチョウ3種だけだとちょっと寂しいでしょうね。南関東の今年の秋はクマソで楽しめそうです。神奈川は海沿いに結構幼虫が見つかっています。
Commented by thecla at 2009-10-06 23:18 x
kmkurobeさん、コメントありがとうございます。
こっちの低地はスジグロばかりですが、白馬あたりだと逆なんですね。
ウラナミの産卵は、そうですね絶好のアングルで撮影させてもらったのかもしれないですね、良く考えたら(^^;
Commented by thecla at 2009-10-06 23:20 x
grassmonblueさん、コメントありがとうございます。
昨年オオウラギンスジヒョウモンを見た公園では今年は全く見ていません。アサギマダラも今年はまだ見ていなくてなんか変です。タイミングが悪いだけかもしれませんが。
その代わり今年はミドリヒョウモンが多い気がします。
Commented by thecla at 2009-10-06 23:23 x
engelさん、コメントありがとうございます。
ツマグロヒョウモンの求愛シーン拝見しました。中々躍動感がある絵になっているのではないでしょうか。
チョウ写真も飛翔まで撮りだすと、はまってしまうかもしれませんよ(笑)
Commented by ダンダラ at 2009-10-07 09:38 x
スジグロシロチョウの4等の絡みは迫力がありますね。
このシーンは飛翔中のペアに絡んできたように見えますが、だとするとそれを写しとめた技術はさすがです。
ストローを伸ばしているのは、興奮すると伸びてしまうのでしょうかね。
Commented by thecla at 2009-10-09 23:12 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
4頭からみ飛翔は、2枚目のような静止状態に2頭のオスが絡んで飛び立った状況でした。なので、気持ちの準備が出来ていたのとしばらく4頭でからんでくれたので撮影できました。
多分、いきなりだったら無理だったと思います(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2009年10月上旬 王禅寺      2009年9月中旬 またもや静... >>