2009年 11月 22日

2009年11月中旬 今年の秋もルーミス祭りぢゃ②

「今年の秋もルーミス祭りぢゃ①」の詳報編です。

ルーミスシジミの撮影には風が強い日が良いと聞いていたが、週末で晴天かつ気温も高いという日はそんなにあるわけではない。
またこの時期は、家の用事を先送り先送りしていることがそろそろ限界に達する時期だから、案外週末にも色んな用事が立て込みがちになる。そんな状態で、高温&強風の天気予報の11月15日、今秋二回目のルーミス詣でに早速でかけてしまった。

ポイントに着いてしばらくすると、「探蝶逍遥記」のfanseabさんと、「但馬の蝶・播磨の蝶」のTさんとそのご友人のOさんがいらした。挨拶をした後雑談していると、今度は、「蝶の玉手箱」のcactussさんと横浜のYさんもいらした。ふと気がつくと白雪姫を待つ7人の小人ならぬ6人のおじさんが、ルーミス姫を待つことになった。

結果は、先週速報したとおり、多くの個体が舞い降り、ルーミス祭になった。ただ、前日までの雨のせいで地表温が上がりきらなかったせいか、はたまた風向きのせいか、風の一番弱いポイントではあまり降りてこず、下草が風に揺れて撮影には思いのほか苦労した。


d0054625_1744548.jpg

ルーミスシジミ 開翅 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
この絵を撮影する直前は、実はこんな状態。裏返った葉の表に静止している。
d0054625_17455997.jpg


ルーミスシジミの水色を帯びたブルーの色彩は、角度、見る人、モニターの色再現状況によって異なると思う。私自身には、淡い輝きを秘めたスカイブルー、下草に舞い降りた水色が目に飛び込んだ瞬間は、林の中の五色沼やレイクルイーズの水の色が浮かぶ。
この日撮影した中では以下の2枚が一番再現できているように思うのだがどうだろう。
d0054625_1811670.jpg

d0054625_1814427.jpg

ルーミスシジミ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

この日は下に降りてくる確率が高かったので、モミの葉の上での開翅やムラサキツバメとのツーショットなども撮影できた。
d0054625_1883860.jpg

d0054625_1885869.jpg


この日は、ムラサキツバメ、ムラサキシジミの撮影機会も多かった。
d0054625_18114366.jpg

ムラサキシジミ♂ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
縁毛、紫色の広がりともこれだけ美しいムラサキシジミのオスは今まで見たことが無かった。
d0054625_1814088.jpg

ムラサキツバメ♂ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
全開ほぼ真上からでも茶色にならずに紫色がはっきりとわかる♂。後翅が欠けているのが本当に残念。半開状態だとムラサキがもっと引き立つ。
d0054625_18162822.jpg

ムラサキツバメ♂ 半開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

残念ながら、ルーミス♂の決定版画像は撮影出来なかったが、次から次へ目の前に広がるルーミスブルー、最高の秋の一日になったことは間違いない。現地で一緒になった、fanseabさん、Tさん、Oさん、cactussさん、Yさんお疲れ様でした。

最後にこの日一番のお気に入り画像を。
d0054625_18231031.jpg

広角画像としては平凡かもしれないが、少し色づきかかた木の葉とススキに青空、カメラの影もほとんど入らずこの時期らしい一枚になったと思う。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-11-22 18:25 | | Comments(14)
Commented by clossiana at 2009-11-23 16:28
どれも素晴らしい画像ばかりです。多くの方々とご一緒で楽しさも伝わってきました。私はムラツの観察が終わる12月10日以降に行ってみようと思っています。ムラツとムラシの混成群は見られますから、今度はルーミスとムラツまたはムラシの混群が見られたらいいですね。
Commented by kenken at 2009-11-23 16:38 x
お書きのとおり、3・4枚目はとてもえぇ色表現ですね。
4枚目、照葉樹の葉の照り返しが、なんともルーミスのとまりそうな葉の雰囲気を醸し出しています。Tamron 90mm Macro、私にはとてもしっくるくる描写です。
4枚目に2つ質問ですが、自然光ですよね?絞りはどれくらいでしょうか?今後の撮影の参考にさせていただきたく。
Commented by banyan10 at 2009-11-23 17:26
大勢集まった上に、チャンスも多くて楽しそうな撮影会ですね。
ルーミスの色も設定などで微妙に変りますね。僕は少しだけ明るくなるケースが多いです。
ムラツの雄は青い印象ですね。正面から撮影できれば良い色が出そうな個体です。
Commented by cactuss at 2009-11-23 18:46
風が強かったのに、広角写真はきれいに止まっていますね。
小生もほとんどがブレブレでした。かろうじて2枚ほど止まったものがありました。
空を入れた生息地の雰囲気が出た広角写真はいいですね。小生のものはピンボケでした。
ムラサキシジミの雄は確かにきれいな個体でしたね。ちゃんと撮っておけば良かったと後悔しています。
Commented by fanseab at 2009-11-23 21:17
ルーミスブルーの色再現はいろいろと悩みます。
貴殿がベストとされる画像もなるほどですね。ブルーもさることながら、
地色が赤く写るとルーミスっぽくない気がします。その辺が難しい所
かもしれません。貴殿に助けを求めたムラシ♂、小生の画像はちょっと
色再現性に難ありでした。ストロボ光をできれば使いたくないですね。
Commented by thecla at 2009-11-23 21:19 x
clossianaさん、コメントありがとうございます。
確かに混群が見られたらすごいですね。今度UPしますが、21日にも出撃し、林内(pさんが見つけた木)で1頭静止しているのを発見しました。
詳しくは今度書きます。
Commented by thecla at 2009-11-23 21:26 x
kenkenさん、ありがとうございます。ルーミスブルーの色合いは微妙に撮るたびに異なって難しさと楽しさが同居したように感じています。
4枚目は、シャッタースピード優先モードで、ISO400, 1/500, f11,露出補正-0.3スポット測光、勿論自然光です。最近はベタ画像狙いで絞った設定が多くなっています。
Commented by thecla at 2009-11-23 21:30 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
人数が多いと目が多くてその分チャンスが多くなって助かりますね。この日くらいチャンスが多いと広角も撮影出来ますし。
ムラツの♂は正面から狙ってみたかったのですが、ノーチャンスでした。これだけ青いムラツ♂ははじめてだったのでルーミスそっちのけで撮影してました(^^;
Commented by thecla at 2009-11-23 21:33 x
cactussさん、コメントありがとうございます。
最初の広角画像は、やはり同時に使い物にならない画像を大量生産しておりました。
最後の広角画像は、皆さんが別の個体を撮影している間にこっそり撮影したものです。右手の白い影が撮影中の皆さんです(^^;
Commented by thecla at 2009-11-23 21:39 x
fanseabさん、コメントありがとうございます。
確かに地色が赤っぽくなると重厚さがなくあんるような気もしますが、赤い幻光もたっぷりだと別の魅力もありそうで悩ましいところですね。
綺麗なムラシ♂だったのですが、ストロボ使いも中々難しいみたいですね。私も正面から撮りきれなかったのでちょっと後悔しています。
Commented by maeda at 2009-11-24 06:02 x
ルーはどうにかしたいですね。
受験が終わったらそちらに駆けつけるかもしれません。その時はよろしくお願いいたします。
Commented by ダンダラ at 2009-11-24 15:46 x
すごい風の日だったんですね。
こんな風の日でも飛ばないように、ルーミスはしっかりしがみついているのですね。
道理で静止中のルーミスは少し叩いたぐらいでは飛び出さないはずです。
最近スポット測光を多用されているようですが、使い勝手はいかがですか。
数年前にミヤマセセリをスポット測光で撮影してひどい目に会いました。
露出計は人の肌が適正な露出になるように、18%の反射率を基本にして測光しているので、極端な話、白いモンシロチョウも、黒いダイミョウセセリも、みんな同じ灰色の蝶になってしまいます。
それでミヤマセセリも、露出オーバーの赤茶色になってしまいました。
それ以来スポット測光は使わないようにしています。
いろいろな色合いのある蝶の場合、しかもレタッチを重ねると画質の落ちるjpegではなかなか難しいのではないかと思っているのですが、実際に使われてみてどんな感じでしょうか。
ルーミスの水色をとばしたくないからの設定なのでしょうか。
Commented by thecla at 2009-11-24 23:25 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
自由になったら是非いらしてください。継続観察で草履を温めておきますから(笑)
Commented by thecla at 2009-11-24 23:35 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
ルーミスは風が強い中でもしっかりと」しがみついていて、ちょっと感動物でした。
おっしゃるとおりスポット測光を最近多様しています。
ルーミスに限らずブルー系のシジミの場合、ブルーが飛びにくいというメリットがあり、これらがメインの撮影対象の場合、スポット測光に設定しています。
他にも石垣上のオオイチ、ゼフなど直射日光下でコントラストがきつい条件下では結構いい感じになります。
ただし、ミスジ系や茶色系だと飛んでしまって大失敗になる場合が確かにあります。
タカネキマダラセセリをついスポットで撮ってしまった分はすっ飛んでいるものが多くて後悔したりして諸刃の剣的ですが、上手く使えばいけると思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2009年11月下旬 懲りずに...      2009年11月中旬 今年の秋... >>