フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 12月 12日

オフシーズン2009 ②今シーズン出会った交尾・求愛 クモマツマキチョウ

※CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macroで撮影、画像は全てトリミングしています。

d0054625_19462834.jpg

メスに上からののしかかるオス
d0054625_19473348.jpg

腹部を持ち上げ交尾拒否姿勢をとるメスを一旦フライパス
d0054625_19485168.jpg

再アタックをかけるが・・・・
d0054625_19494688.jpg

メスは毅然たる拒否姿勢
d0054625_19534688.jpg

しつこく、言い寄るが、
d0054625_19535735.jpg

やっぱり振られてしまった。

求愛と交尾拒否行動で、交尾にまで至らなかったは残念だったけれど、北アルプスの渓谷で躍動的なシーンを撮れて満足な一日だった。
世界の分布的には、クモマツマキチョウよりもツマキチョウの方が分布も狭く貴重なんや~なんて言ってみるもののクモマツマキのオレンジは、やっぱり魅力的だ。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-12-12 20:39 | | Comments(6)
Commented by mtana2 at 2009-12-13 21:34 x
あの時の光景が思い出されます。
こちらは、対岸で指をくわえて、みなさんの動きをうらやましく見ていたことを。
何度見てもすばらしいです。
Commented by thecla at 2009-12-13 23:56 x
mtanaさん、コメントありがとうございます。
そういえば、あの時、一番最初に出くわしたのがこのシーンでした。
ひたすらシャッターを押すべし押すべしになっておりましたが、楽しい一瞬で、冷たい思いをした甲斐がありました(^^;
Commented by maeda at 2009-12-15 06:07 x
こんなシーンが見られるとは良いですね。
私は普通に見られるだけでも幸せになれます。まだ見たことない蝶ですし。
Commented by clossiana at 2009-12-16 08:35
狩り蜂のハンティングの場面は気の遠くなる程の長い探餌飛翔とそれに続く電撃的な狩りで、殆ど瞬間的に全てが終わってしまうので狩りの場面の観察は余程の幸運ね恵まれないと難しいと故岩田博士が書かれています。蝶の交尾場面もそれに似ていて通常は求愛から交尾までアッという間に終わりますから、そのプロセスを撮るのは大変なことです。にも拘らず貴重な場面をしっかりと捉えられていてお見事です。しかも相手はクモツキやオオゴマ。。この難易度たるや一生に一度あるかないかなのに。。絶句です。
Commented by thecla at 2009-12-16 23:10 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
交尾に至らなかったのは残念でしたが、逆に動きのあるシーンを多く撮影できてこれはこれで良かったかもしれません。
この後、振られたオス君はやけ酒でもあおるように吸蜜してくれましたし(笑)
もちろん、私も普通に見られるだけ、撮影出来るだけで十分幸せですよ(^^;
Commented by thecla at 2009-12-16 23:18 x
clossianaさん、ありがとうございます。
今年は、不思議と交尾や求愛の目撃・撮影機会が多かったように思います。
撮影しながら、同時に各種生態を観察することが癖のように自然になってきたのが(あくまで自分の感覚ですが)確率が高まった要因のような気がします(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 第4回全国チョウ類保全シンポジ...      オフシーズン2009 ①今シー... >>