フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 06月 20日

2010年6月下旬 山梨県 ブルーの蝶を堪能する

土曜日夜は、W杯日本-オランダ戦を観戦。残念ながら0-1で負けてしまったが、朝起きるとデンマークvsカメルーンはデンマークが2-1で勝利。オランダ戦の失点を1におさえたから、次のデンマーク戦は、引き分けでも決勝トーナメント進出できるわけだ。

ということで、本日のターゲットは「アサマライブルー(サムライブルー)」(ちょっと苦しいか)。

天候は、曇り、アサマシジミのブルーを堪能するには絶好の天候。今年はちょっと遅れ気味だから丁度良いはずとにらんで出かける。
最初に少し標高の低い場所に寄ると少し擦れているがブルーが発達した個体を見つけた。
d0054625_20392492.jpg

アサマシジミ オス 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
少し標高が高いポイントへ移動すると新鮮な個体が多く見られたので青みが強い個体を選んで撮影する。
d0054625_20454150.jpg

アサマシジミ オス 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
メスも出ていたが、中には少し斑紋が流れた個体も混じっていた。
d0054625_2047243.jpg

アサマシジミ メス 静止 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
d0054625_20474675.jpg

アサマシジミ メス 半開翅 RICOH GR DIGITAL Ⅲ
オスの開翅を広角で。
d0054625_2050967.jpg

アサマシジミ オス 開翅 RICOH GR DIGITAL Ⅲ
d0054625_20502331.jpg

アサマシジミ オス 開翅 RICOH GR DIGITAL Ⅲ
交尾個体も見つけた。
d0054625_2052126.jpg

アサマシジミ 交尾 RICOH GR DIGITAL Ⅲ ストロボ発光
d0054625_20523063.jpg

十分に梅雨空のブルーを堪能した後、蕎麦で昼食、時間は早いが渋滞する前にさっさと帰ることにした。
帰り際に最初のポイントに寄ると新鮮な個体が翅を広げていたので広角で撮影して終了。
d0054625_20412915.jpg

アサマシジミ オス 開翅 RICOH GR DIGITAL Ⅲ
[PR]

by toshi-sanT | 2010-06-20 20:55 | | Trackback | Comments(26)
トラックバックURL : http://thecla.exblog.jp/tb/11364333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by maximiechan at 2010-06-20 21:33
アサマシジミの素晴らしい写真を堪能させていただきました。
以前白馬に登ったとき、下山途中でそれらしき蝶をビデオで撮影したことがありますが、自分にとってはまだ見ぬ蝶と言ってもいいと思います。
よく見るミヤマシジミと比べると渋い感じですね。
是非撮影してみたいです。
Commented by dragonbutter at 2010-06-20 21:37
アサマシジミの半開翅の交尾写真は逸品ですね。
私もいつか撮ってみたいものです。
Commented by thecla at 2010-06-20 22:02 x
maximiechanさん、コメントありがとうございます。
アサマシジミの少し渋いブルー、中々良いですよ。山梨の少し標高が高めの産地は来週あたりでも十分だと思いますので、是非チャレンジしてみてください。
Commented by thecla at 2010-06-20 22:03 x
dragonbutterさん、ありがとうございます。
何故か今年は交尾に憑いていて、今日も2回交尾シーンを観察しました(笑)
Commented by chochoensis at 2010-06-20 22:45 x
theclaさん、もう「アサマシジミ」が発生してるんですか!素敵な写真で感激しています・・・この色彩大好きです・・・。
Commented by furu at 2010-06-21 00:32 x
私も今日行ってきましたが、広角の背景を見ると別ポイントのようですね。
ブルー2種は撮れましたが、もう1種は今年もタイミングが合いませんでした。
Commented by banyan10 at 2010-06-21 09:04
僕の方はアサマは短時間で切り上げたので良い写真は撮れませんでした。おまけに移動先は期待はずれで失敗でした。(笑)
アサマは3兄弟の中では交尾が観察しやすい印象はありますが、見れると嬉しいですね。
Commented by yoda-1 at 2010-06-21 12:58
theclaさん。
はじめまして。
昨年末より諸先輩の導きで、蝶画像に嵌っているYODAと申します。
このアサマシジミの開翅マクロ画像とか、交尾画像とか、YODAが
今後目標にしてきたい素晴らしいものだと思います。
いつかフィールドでお会いできる日を楽しみにしています。
よろしくお願いします。
Commented by hirax2 at 2010-06-21 13:07
サムライブルーも良いですが、アサマのブルーの方が感激大です!
綺麗な個体で羨ましく、紋流れの個体も綺麗に撮られてて羨ましいです。
Commented by ダンダラ at 2010-06-21 15:51 x
アサマシジミ、撮影成功おめでとうございます。
これ狙いで出かけることってあまりないんですが、ちょうど今がその時期ですね。
交尾も撮影されて素晴らしいです。
Commented by kmkurobe at 2010-06-21 19:39
最適の時期に訪問されたようですね。ブルー3種のなかではアサマの交尾はこちらでも年に1回観察できるかどうか。昨年・一昨年は観察できなかったのでうらやましい限りです。いやいや綺麗だ、すばらしい。
Commented by ヘムレン at 2010-06-21 21:18 x
ブルー!ナイスです(^^)
当日、少し探しましたが、2頭見るにとどまりました(^^;)。。
う~ん・・・個体も新鮮で素晴らしいです。
Commented by maeda at 2010-06-21 23:12 x
やっぱり交尾に憑いている!
私ではなさそうですね。
本州の深いブルーのアサマ、これが全体に広がると素晴らしいです。
Commented by thecla at 2010-06-21 23:20 x
chochoensisさん、コメントありがとうございます。
いよいよアサマの時期になってきましたが、昨年より少し遅れ気味のようです。
Commented by thecla at 2010-06-21 23:22 x
furuさん、コメントありがとうございます。
この場所は、3年前に新しく見つけた場所ですが、中々良い感じの場所です。ただ発生時期を十分把握できていなかったのですが、今回で大体わかりました(^^;
Commented by thecla at 2010-06-21 23:24 x
banyanさん、コメントありがとうございました。
私の場合、アサマを堪能できたので他に回る気が無くなってしまいました。基本的には怠け者ですから(笑)
アサマの交尾は確かに案外観察回数が多いかもしれませんね。
Commented by thecla at 2010-06-21 23:26 x
YODAさん、はじめまして。
アサマシジミはいるところに行けば撮影しやすいのでじっくり撮るには良い蝶だと思います。
これからもよろしくお願いいたします。
Commented by thecla at 2010-06-21 23:27 x
hiraxさん、コメントありがとうございます。
梅雨空の中のアサマシジミのブルーは本当に良いものです。少し天気が悪くても出てきてくれるのもいいです。
Commented by thecla at 2010-06-21 23:30 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
この時期はゼフメインが本来なのでしょうが、ゼフ探索、撮影がイマイチ苦手な私の場合、アサマがメインでゼフがおまけになることが多いかもしれません。
しかも途中でやめて帰ることが多かったりします(^^;
Commented by thecla at 2010-06-21 23:46 x
kmkurobeさん、コメントありがとうございます。
今年は、こおでのタイミングがばっちり合いました。交尾も何故かアサマとは相性良くて2年続けて撮影出来ています(^^;
Commented by thecla at 2010-06-21 23:47 x
ヘムレンさん、コメントありがとうございます。
山梨のアサマも場所によっては減っているように思います。ずっとい続けて欲しいものですけど。
Commented by thecla at 2010-06-22 00:04 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
やっぱり「憑いて」ますかね。確かに昨年から交尾撮影機会が多いような気もしますが・・・。
全体に広がったブルー、確かにいいですね。また探してみよっと(^^;
Commented by clossiana at 2010-06-22 08:35
この流れ紋は大きいですね。こんなになっている個体もいるのですね。これが普通の変異の幅なら良いのですが岩手のキマルリのように個体数が減り過ぎてしまった結果としての変異でなければいいですね。一枚目以外は未だ新鮮な個体のようで、背景と相まって綺麗な画像のオンパレードですね。
Commented by himeoo27 at 2010-06-22 21:52
私は識別して観察したことの無い数多い蝶の1種なのに、
「異常斑紋」「交尾」「全開」「半開」と素晴らしいシーンの連続に圧倒されました。
Commented by thecla at 2010-06-22 22:44 x
clossianaさん、コメントありがとうございます。
この周辺は、まだあちこちでアサマの姿を見ることが出来るので遺伝子浮動による斑紋異常ではないと思います。
多分低温による軽微な斑紋流れだと思います。実は、今年は全面的な低温斑紋流れを妄想していたりしましたが、妄想に過ぎなかったようです(爆)
Commented by thecla at 2010-06-22 22:46 x
ヒメオオさん、コメントありがとうございます。
梅雨空のアサマ、いればあんまり遠くへ行かないので、楽しんで撮影出来ます。あちこちで数を減らしている蝶ですが、幸いまだ楽しめる場所も多いと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2010年6月下旬 アサマシジ...      2010年6月上旬 安曇野のオ... >>