フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 09月 23日

2010年9月中旬 静岡のクロコムラサキその2

連休初日の渋滞を避けるために早く家を出たので、カバマダラ探索の前にクロコムラサキのポイントに寄った。
時間は8時前だから時間が早すぎると思ったがもう樹液にコムラサキが来ていた。しかもそのうちの1頭は新鮮なクロコムラサキっぽい。
d0054625_1444429.jpg

クロコムラサキ 裏面 RICOH GR DIGITALⅢ
しばらく翅を開くのを待つが一向に開く気配が無い。まだ活性が低いからかもしれないとダメ元で指でごく軽くタッチすると逃げずに翅だけ何度か開いてくれた。
d0054625_1512338.jpg

クロコムラサキ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM(自然光)
予想どおり白い縁毛もまだ綺麗な個体だった。
d0054625_1532236.jpg

クロコムラサキ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM(外付ストロボ)
ほぼ同じ角度だけれど、ストロボを使った方が紫の幻光が出やすいようだ。
徐々に活性が高まり翅を開閉しながら移動して斜め上方から光が当る角度になった。
d0054625_1573664.jpg

クロコムラサキ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM(外付ストロボ)
欲を言えば180度開いて紫の面積も広くなった状況で撮影したかったが、個体の鮮度、紫の輝き具合とも今年のクロコムラサキのベストショットだろう。

別の樹液が出ている木に移動するとそこにもクロコムラサキがいた。
d0054625_15144848.jpg

クロコムラサキ 裏面 RICOH GR DIGITALⅢ
d0054625_15161097.jpg

クロコムラサキ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM(自然光)
胴体も太いし全く紫に輝かないので♀のようだ。
d0054625_1519892.jpg

クロコムラサキ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM(外付ストロボ)

9時を回ると活性が高まり感度が良くなり急に近寄りにくくなった。それでも低い位置に止まった個体を見下ろすように広角で撮影。
d0054625_1524267.jpg

クロコムラサキ 開翅 RICOH GR DIGITALⅢ(内蔵ストロボ)

早い時間に十分クロコムラサキが撮影出来たので、余裕を持ってカバマダラ探索へ向かえた。
[PR]

by toshi-sanT | 2010-09-23 15:29 | | Comments(12)
Commented by himeoo27 at 2010-09-23 18:25
クロコムラサキ開翅どれも良い雰囲気です。下から2番目の渋めの♀の全開の写真が好みです。
Commented by kenken at 2010-09-23 22:19 x
えっ、この時期、少ないながらも、まだ、こんなに新鮮なクロコがおるんですね。お書きのとおり、4枚目は最高のショットですね。凄いぞ、凄いぞ!あ~、なんで、今年、撮りに行かなかったんだろう・・・
Commented by thecla at 2010-09-23 22:51 x
ヒメオオさん、コメントありがとうございます。
正面からの全開翅だとオスは真っ黒になってしまいますが、メスだとなかなか渋い色合いになるのだと私も今回初めて知りました(^^;
Commented by thecla at 2010-09-23 22:57 x
kenkenさん、コメントありがとうございます。
今年は扱ったから、もうコムラサキは痛んだ個体ばかりだと思っていたのですが、思った以上に綺麗な個体も複数いて驚きでした。
行く度に採集者にも出会いましたが、樹液が出ている木も多く、広範に発生しているので十分共存できたのだと思います。
今年はいつもより静岡が色んな意味で熱かったかもしれません(^^;
Commented by HA at 2010-09-24 08:55 x
はじめまして、HAと申します。
いつも拝見させていただいております。
♂♀とも素晴らしい写真ですね。
クロコムラサキはこの時期まだ新鮮なのですね。
こちらのコムラサキはもうほとんど終わっているようですが、場所の違いがあるとはいえ、なかなか深い蝶の世界で楽しみが広がります。
ぜひそちらにも撮りに行きたいです。
Commented by yoda-1 at 2010-09-24 12:29
いけばこのような新鮮個体が♂♀とも待っていてくれるとは、
なんと素晴らしいことでしょう。
これは樹種としては、やはりヤナギの仲間なのでしょうか?

Commented by ダンダラ at 2010-09-24 12:58 x
ここのクロコムラサキはずいぶん割合が高いですね。
♂もいいですが、♀も素晴らしい。
ぐっと品がありますね。
ストロボで色が出る・・参考になります。
Commented by thecla at 2010-09-26 09:42 x
HAさん、コメントありがとうございます。
貴ブログ、ROMでは拝見させていただいております。確か今年の春上越方面で蝶狂人さんとご一緒されていた際、ニアミスしたと記憶しております。
このあたりのコムラサキは少なくとも年3化は出ているはずなのでまだ新鮮な個体も混じっています。
Commented by thecla at 2010-09-26 09:44 x
YODAさん、コメントありがとうございます。
この時期はダラダラ発生しているのか、ボロボロの個体とまだ新鮮な個体が混じっています。
この樹種は(この前のも)ヤナギではありませんでしたが、樹種がちょっと良くわかりません。
Commented by thecla at 2010-09-26 09:58 x
ダンダラさん、ありがとうございます。
今年は軽量の外部ストロボを導入したのですが、この一連のクロコムラサキの絵で導入の甲斐が十分ありました(^^;
今年はコムラサキ自体の数が多かったので、比率としてはやっぱり1割程度だと思います。
Commented by ヘムレン at 2010-09-26 22:06 x
綺麗ですね~。。素晴らしいショットですね。
こんなコムラサキ、一度は見てみたいものです。
今年は、チャンスがあったのに、体調不良で出かけられず、残念でした。。
♀の雰囲気もいいですね。
ストロボ光が自然でいい感じです。(^^)
Commented by thecla at 2010-09-28 22:55 x
ヘムレンさん、コメントありがとうございます。
今年は樹液が出ている木を多く見つけ綺麗なクロコムラサキに接近遭遇で出来てとてもラッキーでした。
小型ストロボ&デフューザー購入の効果が出ましたよ(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2010年9月中旬 カンナの花...      2010年9月中旬 静岡県のカ... >>