フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 04月 24日

4月のルーミス

2週間ほど前、房総のルーミスの観察に出かけた。予報では、絶好の晴天だったが、実際は曇りでたまに日が差す程度で中々お目当てのチョウは出てこない。
それでも日が差した一瞬、ヒサカキの花に吸蜜に来てくれた。
d0054625_14594712.jpg

d0054625_150254.jpg

ルーミスシジミ 吸蜜 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
また、かなり翅が破損した個体が日光浴をしていた。
d0054625_1532841.jpg

ルーミスシジミ 開翅 RICOH GR DIGITALⅢ
他にはコツバメが1頭だけ出てきただけで、どうも例年の3月下旬みたいな感じだ。
d0054625_1513311.jpg

コツバメ 静止 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
本当は、ルーミスの交尾とか産卵を期待して出かけたのだが、結局産卵しているのはムラサキシジミばかりだった。
d0054625_15184822.jpg

ムラサキシジミ 産卵 CANON EOS kiss D SIGMA APO 70-300mm Macro
この日は、「あのお方」もかなりの数徘徊しており、常に足元を気にしないといけず上ばかりを見ていられない。午後になる風も強くなり、チョウの姿もすっかり見えなくなった。また「あのお方」を警戒して集中力も切れてきたので早々に退散することにした。
[PR]

by toshi-sanT | 2011-04-24 22:52 | | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://thecla.exblog.jp/tb/13439980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by banyan10 at 2011-04-25 00:26
どこかで見たような。(笑)
ルーミスの吸蜜は春先ですね。
交尾や産卵は夢の世界ですが、行ってみないと始まらないので、いつか現実になるといいですね。
Commented by kmkurobe at 2011-04-25 10:48
うーんやはりあのお方たちも徘徊されてますか。こちらは鹿が増えてきたのでダニ対策が必要になってきました。腹這いでのギフチョウ撮影はお気をつけください。
Commented by ヘムレン at 2011-04-26 20:57 x
ルーミスとコツバメ・・・なんか、不思議な取り合わせに見えてしまいますね。
交尾、産卵・・・・ハードル高そう。(^^;)。。でも、thecleさんなら、きっと・・・(^^)Y
Commented by fanseab at 2011-04-26 22:03
貴殿なら、恐らく通われていたと思っておりました。
交尾&産卵シーン撮影は魅力的ですが、「あのお方」の文言聞いただけで、小生は尻込みしてしまいます。
Commented by thecla at 2011-04-26 23:09 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
ちょっとネタ不足になっておりまして・・・・(爆)
交尾や産卵はつい妄想が膨らんで出かけては現実に、難易度メチャクチャ高いです~
Commented by thecla at 2011-04-26 23:11 x
kmkurobeさん、コメントありがとうございます。
晩秋のあのお方と違って結構ボリュームと存在感があるので正直焦りますね。あのお方もダニも鹿の増加と関係があるところが多いようですね。
Commented by thecla at 2011-04-26 23:13 x
ヘムレンさん、コメントありがとうございます。
交尾、産卵ともよっぽど運が良くないと駄目そうですが、ついつい妄想に取り付かれて・・・という状況です。
毎年駄目を繰り返していますが、そのうちに・・・なったらいいな(^^;
Commented by thecla at 2011-04-26 23:14 x
fanseabさん、コメントありがとうございます。
あそこは携帯の電波が届かないのでしばらく避けていましたが、そろそろ通常モードになってもいいかなと思い出かけてみました。
でもね、あのお方の多さには正直びびりました(^^;
Commented by naoggio at 2011-04-27 21:21 x
お疲れさまでした。4月になるともうけっこう「あのお方」が徘徊するんですね。
でもストレスに耐えつつ撮影されただけあって、殊に1枚目、春の光を感じさせるきれいな吸蜜画像ですね。
Commented by ダンダラ at 2011-04-28 10:47 x
ルーミス、やっぱりいいですね。
吸蜜シーンは貴重ですよね。
食樹の知識がないのでわからないのですが、あの場所にルーミスの食樹が見当たらないというような話を依然聞いたようにも思うのですが、どうなんでしょう。
♀個体をずっと追跡するのが正解なのかもしれませんが、この時期はあのお方も活動を始めるのですね。
なかなかハードルが高そうですが、成果があるといいですね。

Commented by clossiana at 2011-04-28 20:59
この時期にならないとアップ出来ないのが残念ですが、とても良い写真だと思います。個体数が少なくてもヒサカキは香りが強いから集まるのでしょうね。一シーズンの継続観察お疲れ様でした。
Commented by thecla at 2011-04-29 17:49 x
naoggioさん、コメントありがとうございます。
3月中だと見たことが無いのですが、4月に入ると複数徘徊しておりました。一度あのお方を見てしますと足元が気になってしまい集中できませんわ。
この吸蜜ポイントでは姿を見ていないのでまだ安心して撮影出来ました(^^;
Commented by thecla at 2011-04-29 17:58 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
房総はイチイガシが少ないらしく(カシ類の同定は苦手で良くわかりませんが)、現地でも見当たらないように思います。
なので絶対アラカシ食いではないかと思っているのですが・・・・。「あのお方」の活動開始時期と重なるのが最大の問題ですね。
Commented by thecla at 2011-04-29 18:01 x
clossianaさん、コメントありがとうございます。
今年はもう行かないつもりだったのですが、ふらっと最終観察に行ってきました。アセビの方が絵になる気がするのですが、ヒサカキの方が吸蜜確率が圧倒的に高いですよね。
Commented by yoda-1 at 2011-05-11 12:43
「あのお方」と呼ぶようになった経緯に関心がありますが、
当初採集者のことかと勘違いして読んでしまいました。
吸蜜ルーミスのうわさを聞き、YODAも遠征したかったのですが、確かまだガソリン不足が決着ついていないころで・・・。
いいものを拝見させていただいたので、来年はチャレンジしたいです。
Commented by thecla at 2011-05-13 00:18 x
YODAさん、連続コメントありがとうございます。
「あのお方」ですか、どうして呼ぶようになったのでしょう、私も良くわかりません(笑)
ただヒルとかヤマビルといったそのものずばりの名前を出すのも何か不快だったからでしょうか。
ちなみに吸蜜ルーミスは出会える確率は五分五分の実績です。天気も変わりやすくて案外外しています、そんな時は内緒にしていることが多いですから(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2011年4月下旬 多摩丘陵の...      2011年4月中旬 神奈川県ひ... >>