フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 23日

2011年5月中旬 多摩丘陵の黒系アゲハ

白馬へイエローバンドを撮影しに行く前日、は夕方から用事があったので多摩丘陵の黒系アゲハを撮影しにでかけた。植栽のツツジの前で待っていると黒系アゲハが時折やってくる。

〔カラスアゲハ〕
d0054625_23101644.jpg

カラスアゲハ♂ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_23114488.jpg

カラスアゲハ♀ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_23131120.jpg

カラスアゲハ 求愛飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

〔ミヤマカラスアゲハ〕
圧倒的にカラスアゲハが多いが時折ミヤマカラスアゲハも混じっている。
d0054625_23163445.jpg

ミヤマカラスアゲハ♂ 吸蜜 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM(外部ストロボ)
d0054625_23183463.jpg

ミヤマカラスアゲハ♂ 吸蜜 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
d0054625_232279.jpg

ミヤマカラスアゲハ♀ 吸蜜 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM(外部ストロボ)
d0054625_23224043.jpg

ミヤマカラスアゲハ♀ 吸蜜 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM

う~ん、ミヤマカラスのメスはやっぱり綺麗だ。
[PR]

by toshi-sanT | 2011-05-23 23:24 | | Comments(16)
Commented by banyan10 at 2011-05-24 09:37
ミヤマカラスの雌は綺麗ですが撮影はなかなか良いチャンスがないですね。光によってはストロボ使った方がいいのでしょうが、とっさに対応できないことが多いです。
カラスの絡んだ飛翔も見事です。
Commented by yoda-1 at 2011-05-24 12:33
やはり最後のミヤマ♀の順光画像がうらやましいですね。
ヤマツツジでなくても、より豪華な背景になる感じです。
広角飛翔では置きピンの距離はいくらに設定されることが多いのでしょうか?
theclaさんの真似でYODAも同じレンズを購入しましたが、フォーカスリングがゆるゆるなのが不満です。
Commented by midori at 2011-05-24 22:23 x
ミヤマカラス オンパレードたまりませんね。4枚とも素敵ですね。羨ましいです。カラスの求愛飛翔もすばらしい。
Commented by thecla at 2011-05-24 23:16 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
ミヤマカラス♀はおっしゃるとおり良い撮影機会がありそうで無いですし、それを物に出来るかどうかもありますしね。
この日もかなり大量のボツ画像を作ってしまいました(笑)
後翅のリングの色はストロボを使った方が艶やかになる予定なのですが、自然光の方が結果としては良かったりして難しさを感じています(^^;
Commented by thecla at 2011-05-24 23:29 x
YODAさん、コメントありがとうございます。
ここ撮影しやすいし良いポイントで贅沢言ってはいけないのですが、人工物的な匂いが強すぎる感じもしています。それはそれでおもしろいのですけれど。
同レンズですか、私は通常使用時には、あまり感じませんが、真下に向けていると重力でだんだん置きピン距離がずれていきますね。少しずれる場合だと結果オーライということもあったりするので悩ましいところです(爆)
置きピン位置は30~50cmの間で、気合が入って30cmにすると大量のデータのゴミを生産したりしています。
またシジミなど被写体が小さい場合は17mmよりは24mmを多用しています。
Commented by thecla at 2011-05-24 23:31 x
midoriさん、コメントありがとうございます。
今年は多摩丘陵周辺、ミヤマカラス当たり年のような感じです。ここで複数個体にお目にかかったのは初かもしれません。
黒系アゲハは大きいので2頭絡むと迫力が出ました(^^;
Commented by dragonbutter at 2011-05-24 23:37
ミヤマカラスの春型メスの写真は素晴らしいですね。
出会うだけでも難しそうなのに。
黒系アゲハは露出が難しくてなかなか思うような色を出せません。
Commented by thecla at 2011-05-25 00:05 x
dragonbutterさん、コメントありがとうございます。
このツツジの植栽は直射日光が当るところと日陰になるところがまだらになっていて露出が難しいのですが、この時は比較的撮影しやすい露光環境だったのでラッキーでした。
Commented by kmkurobe at 2011-05-26 07:33
これは素晴らしい。春型雌は本当に綺麗ですね。求愛飛もそれぞれの個体が完ピンに近く、光線も素晴らしい。コイツは凄い恐れ入りました。
Commented by 霧島緑 at 2011-05-27 00:00 x
手軽にカラスやミヤマカラスが撮影できるポイントを押さえているといいですね。吸水個体を見かけるポイントはあっても、安定して撮影できるとは限りませんので、やっぱりツツジの花咲く場所で待つのが成果が上がりますね。見事です。
前記事の白馬のイエローバンドも羨ましいです。たった1日違いなのですが、成果の差は大きいですね。
Commented by naoggio at 2011-05-27 19:37 x
1枚目と3枚目、すごくいいです。
1枚目の人物の入り方、3枚目の2頭の絡み方、素晴らしいですね。
よくこんなにうまく撮影できるものだと感心させられます。
Commented by thecla at 2011-05-28 00:12 x
kmkurobeさん、ありがとうございます。
ミヤマカラスの春型♀は南方の蝶のような妖しい輝きでお気に入りです。
求愛飛翔は、これだけ大きいと撮っている時にも入ったような気がしていたのですが、モニターを見ると思った以上にピンがきていて驚きました(^^;
Commented by thecla at 2011-05-28 00:18 x
霧島緑さん、コメントありがとうございます。
ここは、個体数はそんなに多くないのですが時期に行くとそれなりに飛んできてくれるので相性は良いようです。
イエローバンド、実は撮影出来る直前まで、虫林さんがこのポイントの運を全部持っていってしまったんじゃないかなんてダンダラさんと悪態をついていたりします。
出会えない時はどんなに粘っても駄目なのに出会えるときはあっさりと出会えたりするのは不思議なものですね。
きっと来シーズンはチャンスが巡ってきますよ。
Commented by thecla at 2011-05-28 00:20 x
naoggioさん、ありがとうございます。
1枚目はうまく行けば背景に入るかなとは思っていましたが、どちらも置きピン、ノーファインダーの飛翔画像ですから、数打ちゃ当る偶然頼りというのが実態です。
もっとも撮れてしまえばこっちのものとも言えるかもしれませんが(笑)
Commented by 愛野緑 at 2011-05-30 22:08 x
多摩丘陵でもミヤマカラスが居るのですね。
3枚目のカラスの求愛、躍動感があって、とっても良い感じですね。
Commented by thecla at 2011-06-01 00:09 x
愛野緑さん、コメントありがとうございます。
ここは、多摩丘陵でも西の端なので高尾に近かったりしますから反則かも。ただ今年はもっと東の我が家の近くでも発生していたようです。
3枚目は、慌てて撮影しましたが、目標が大きいと迫力が出るようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2011年6月上旬 多摩丘陵散歩      2011年5月中旬 白馬のイエ... >>