2011年 09月 04日

2011年8月下旬 静岡のツマグロキチョウほか

PCが壊れてたりしてすっかり忘れていたのだが、某図鑑プロジェクトでツマグロキチョウの夏型(表)を撮ると宣言したような気がする。
そろそろツマグロキチョウの夏型も終りの時期なので先週の日曜日、静岡県までツマグロキチョウの夏型を求めて出かけることにした。
昨秋、多くのツマグロキチョウを見たポイントに行くと大雨のせいで、ポイントは流木の下に埋もれていた。
d0054625_22472175.jpg

それでも流木の下以外にもカワラケツメイが少しはあるし黄色いチョウも飛んでいるので気を取り直してみるが、飛んでいるのはキタキチョウばかり。
昨年見つけた複数のご神木を見て回るが樹液が出ているのは一本だけで、ゴマダラチョウもコムラサキも端境期なのか擦れた個体が少数いるのみ。クロコムラサキも1頭いたが被写体としては残念な個体。
腹をくくって炎天下の河原を歩き回るがツマグロキチョウは見当たらないし、雲行きも怪しくなってきた。開き直ってウラナミジャノメノのポイント候補を探すことにして探索範囲を広げたら、少し小ぶりの黄色いチョウが飛んでいるのが目に入った。
どうせまたキタキチョウだろうと思ったが何枚か飛翔写真を撮ってモニターで確認したらツマグロキチョウだった。良く見たら足元の草に埋もれているがカワラケツメイも多く、飛び回っているのはツマグロキチョウばかり。
今回のメインは翅表だから上からかぶせるようにしてなるべく表が入るようにする。
d0054625_2343817.jpg

d0054625_235042.jpg

ツマグロキチョウ♂ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_2354487.jpg

ツマグロキチョウ♂ 静止 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
メスも複数が産卵もしながら飛び回っている。
d0054625_2372920.jpg

ツマグロキチョウ♀ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_2374271.jpg

ツマグロキチョウ♀ 静止 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
求愛シーンも見ることが出来た。
d0054625_23103120.jpg

d0054625_23104139.jpg

d0054625_23105487.jpg

ツマグロキチョウ 求愛 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
産卵しているメスもいたが、ここのカワラケツメイは草に埋もれていて良い角度で撮れない。そこでGR DITALⅢを草の中に突っ込んで撮ってみたら上手く撮れていた。
d0054625_23155829.jpg

ツマグロキチョウ 産卵 RICOH GR DIGITAL Ⅲ
〔ミヤマシジミ〕
この河原はミヤマシジミも多い。少しだけ青麟がのったメスもいた。
d0054625_2313258.jpg

ミヤマシジミ♀ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
d0054625_23141468.jpg

ミヤマシジミ♀ 開翅 RICOH GR DIGITAL Ⅲ
クロコムラサキのきれいな個体がいないのは残念だったが、ツマグロキチョウと十分遊ぶことが出来たので楽しい一日だった。
[PR]

by toshi-sanT | 2011-09-04 23:18 | | Comments(10)
Commented by 22wn3288 at 2011-09-05 08:28 x
ツマグロキチョウ 見事ですね。
翅表も交尾写真も産卵も、綺麗に撮れていて素晴らしい。
ポイントは狭いのでしょうか。ツマグロが居る所とキタキチョウばかりの所とあるようですね。
Commented by konty33 at 2011-09-05 13:00
こんなに流木が流れて来ましたか。毎年のことですが川原の環境はすぐに変化してしまい難しいですね、
それでもツマグロキチョウの沢山いるポイントを見つけられて飛翔も狙い通りで素晴らしいです。
これからの季節、kontyも何回か通うことになりそうです。
Commented by maximiechan at 2011-09-05 19:37
飛翔を見事に写し止められて流石です。
季節は進み、先日撮影に行った栃木県ではもう秋型が多くなってきました。
ミヤマシジミ♀の青い鱗粉は前翅にも見られるのですね。もっと秋が深まってから撮影に行っても青い鱗粉はほんのわずかした見られません。先日のhimeooさんが撮影された写真やこれが羨ましいです。
Commented by naoggio at 2011-09-06 16:42 x
飛翔で表をバッチリ撮られていてすごいです。まず開翅してくれないですから、これしか無いですね。
ツマグロキチョウの産卵シーンは初めて見た気がします。
ミヤマシジミはきれいな個体ですね。青が乗っているのもそうですが、オレンジの出方もくっきりとしていてなかなかの美人です。

Commented by chochoensis at 2011-09-10 17:58 x
theclaさん、=ご神木=の周りも、こんな具合なのですか・・・「ツマグロキチョウ」は、素晴らしいですね、驚きました・・・。ミヤマシジミの雌もすごくきれいです!
Commented by thecla at 2011-09-11 07:58 x
22wn3288さん、コメントありがとうございます。
ここのツマグロキチョウは、広く分布しているのだと思いますが、たまたま私が撮影していた場所が増水でえぐられたり、流木の下になってしまいました。
ここはツマグロキチョウの食草密度が高かったので良いポイントになりそうです。
Commented by thecla at 2011-09-11 08:07 x
kontyさん、コメントありがとうございます。
河原のポイントは増水や工事とかで大きく変わってしまうことがありますね。昨年は、ウラナミジャノメのぽいんとが消滅しており、呆然としましたし。
そこそこ距離はありますが我が家からは行きやすいので私も再訪予定です。
Commented by thecla at 2011-09-11 08:14 x
maximiechanさん、コメントありがとうございます。
ミヤマシジミの青い鱗粉がのった♀、もっと青いのを撮ってみたく毎年探しています。これからの季節がチャンスのはずです。
Commented by thecla at 2011-09-11 08:23 x
naoggioさん、コメントありがとうございます。
今回は翅表がメインでしたので、通常の飛翔撮影とも違ってひたすら上から被せての撮影でしたが、表を見せない蝶には効果的でした。
ミヤマシジミはもっと別嬪さんを今年は探してみたいと思っています。
Commented by thecla at 2011-09-11 08:29 x
chochoensisさん、コメントありがとうございます。
川の流路に近い河川敷は場所によってはこんなになっていました。柳の木も表皮が痛んで樹液が出ればご神木化するかもしれませんが、ゴミも多くの巻き付いていて探す気力がこの時はありませんでした。ご神木化していれば低い位置なのでチャンスと言えばチャンスなのですが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2011年夏の思い出② ミヤマ...      山梨県北杜市に生息するゴマシジ... >>