フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 01日

2012年8月中旬 キベリタテハ

8月18~19日は、北杜市のゴマシジミの発生状況の調査に出かけた。今年は猛暑のせいか、少し遅れているのか穂が出ているワレモコウが少なかったが、それでも産卵しているメスもいてまずは一安心。

19日は、ゴマシジミのポイントに行く前に、少し足を伸ばしてキベリタテハを見に行った。今年は全般にチョウの発生が遅れ気味だから数はそんなに多くなかったし短時間だったが、そこそこ楽しめた。
d0054625_22211694.jpg

d0054625_22212342.jpg

キベリタテハ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM(外部ストロボ)
d0054625_2351174.jpg

キベリタテハ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM(LEDライト)
d0054625_22381849.jpg

キベリタテハ 開翅 RICOH GR DIGITALⅢ(LEDライト)
キベリタテハはサイズも大きく、翅の地色の小豆色、外縁の黄色、その内側に水色の点がちりばめられてとても美麗な蝶なのだが、撮影となるとこれが難しい。色飛びしてキベリがシロべりになってしまったり小豆色はつぶれてしまったり、はたまた自然光が良いのかストロボを使った方が良いのか、それともLEDか。
飛んでいるところも今年はLEDで。
d0054625_2361446.jpg

キベリタテハ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
d0054625_237193.jpg

d0054625_237842.jpg

d0054625_2374888.jpg

キベリタテハ 開翅&飛翔 CASIO EXLIM EX-FH100 (LEDライト)
夏の終わりのキベリタテハは、ちょっと寂しいけれど、やっぱりいいね。
[PR]

by toshi-sanT | 2012-09-01 23:16 | | Comments(8)
Commented by maximiechan at 2012-09-02 08:06
賑やかだった夏も終わっていきますね。
キベリタテハは夏の最後を飾るのにふさわしい存在でしょうか。
露出は本当に難しいですね。特に晴天時は厳しいと思いました。
また、オートフォーカスでは眼にピントがうまく合わないことが多々あります。
手強い相手です。
Commented by 22wn3288 at 2012-09-02 10:31 x
キベリが手乗りになるのですね。
多数発生していたのでしょうか。
LEDも良さそうですね。
居たと思って安心しないでいろいろ撮ってみることが必要かなと思いました。-初心者の感想です。
Commented by himeoo27 at 2012-09-02 19:40
キベリタテハも蒼い布に寄ってくるのでしょうか?
それとも汗を吸汁に来たのかな?
Commented by thecla at 2012-09-02 22:04 x
maximiechanさん、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりキベリは夏の最後を飾るのに相応しいチョウですが、色表現やバックも含めると本当に奥が深いですね。
Commented by thecla at 2012-09-02 22:07 x
22wn3288さん、コメントありがとうございます。
さすがに手乗りは無理で、カメラケースに吸汁に来た個体を指でつついて飛ばすところです。
この時は、あんまり止まってくれなかったのでやけくその飛翔狙いだったりします(^^;
Commented by thecla at 2012-09-02 22:08 x
ヒメオオさん、コメントありがとうございます。
これはカメラケースに吸汗に来たところです。ケースの色は紺なのですが、LEDライトのせいで青っぽくなっています。明るい青がLEDだと強調されるようです。
Commented at 2012-09-02 23:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by thecla at 2012-09-04 00:24 x
鍵コメさん、私信いたしましたのでよろしくです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 夏の終わり      2012年8月中旬 中信のゴマシジミ >>