2013年 07月 29日

2013年7月下旬 天候に振り回された夏休み

この週末を挟んで夏休みを取って信州の某山に登りに行くはずだった。山小屋は予約したのだけれど、不安定な天候で断念、山小屋もキャンセルした。カメラ機材を抱えて豪雨にあってはたまらないし、苦労して登ってンも肝心の対面の山々が雲の中だろう。
それでも出撃してしまったので、雨レーダーを睨みながら良さそうなところを回った。
初日は木曽駒ケ岳へ。ここでの目的はヒメウスユキソウ(コマウスユキソウ)。銀塩時代には撮影したことがあったのだがデジタル&広角で撮り直したかったのだ。
d0054625_15331313.jpg

ヒメウスユキソウ(コマウスユキソウ)背景は三ノ沢岳 RICOH GR DIGITALⅢ(LEDライト)
ヒメウスユキソウの咲く斜面は木曽側から猛烈な風が吹きつけて、鼻水たらし震えながら風の止み間を縫って撮った。

二日目は、オオイチ♀狙いで上高地。転進したのに、雷雨にあって、散々。
三日目は、発生初期のオオゴマ狙いで沢沿いの林道歩き。
d0054625_1549386.jpg

オオゴマシジミ♂ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS US

山の上の雲がだんだん降りてきて雲行きが怪しくなってきたころ、アザミの花に信じられないものが止まっていた。
d0054625_15584829.jpg

クモマツマキチョウ♂ アザミで吸蜜 CANON EOS 60D SIGMA 17-70mm Macro
翅の白い部分もほのかなクリーム色、羽化してそれほど間が無い個体のようだ。雪の多かった高標高地から降りてきたのだろうが、オオゴマシジミの時期にオオゴマシジミと一緒に飛んでいるとはびっくりだ。

いまひとつパッとしない夏休みの撮影行だったけれど最後に逆転ホームランという感じ。
各日の詳細は、後日に。
[PR]

by toshi-sanT | 2013-07-29 16:08 | | Comments(28)
Commented by H.A. at 2013-07-29 16:24 x
オオゴマにこの時期のクモツキとは。
私だったら山に登れなくてもこれだけで達成感が半端ないですね。
両方とも綺麗だし。ほんとうにうらやましいです。
Commented by カーコのダンナ at 2013-07-29 18:15 x
クモツキを見て、思わず書き込みしました。
この時期に居るのですね?驚きです。
まるで宝くじに当たったような!
おめでとうございました。
私も今週はオオゴマ狙いで、その方面へ!
Commented by kmkurobe at 2013-07-29 19:28 x
私も21日に雌と出会いましたが、1900㍍地点・・・・・
綺麗な個体ですね。私も出掛けてみようかな・・・・・
Commented by maximiechan at 2013-07-29 19:58
オレンジ・・・素晴らしい出会いですね。
私はまだこの蝶の撮影は果たせていません。
そんな人の前にはこんな幸運はやってきてくれないのですね。
今までにたくさん出会った人へのご褒美でしょうか。
オオゴマもいいですね。私は松本まで行ったけど悪天候で諦めました。
Commented by banyan10 at 2013-07-29 20:49
最後は貴重な出会いでしたね。
花目的に山へ行ったことも驚きでした。(^^;
Commented by himeoo27 at 2013-07-29 21:46
今週末、オオゴマ狙いで北アルプス遠征予定です。
オオゴマはもちろん、コヒオドシ、そしてクモツキに
逢えたら嬉しいのですが・・・・・・・
Commented by 22wn3288 at 2013-07-30 10:02 x
オオゴマシジミ 見事ですね。
この時期にクモツキに出会えるとは、驚きです。
素晴らしい出会いですね。
Commented by thecla at 2013-07-30 18:11 x
H.A.さん、コメントありがとうございます。
目的の山に登れなかったのも、チョウ撮影もイマイチぱっとしなかったのも、綺麗なオオゴマに癒され、もちろん最後のサプライズで完全に吹っ飛び大満足で帰宅しましたよ(^^;
Commented by thecla at 2013-07-30 18:31 x
カーコのダンナさん、コメントありがとうございます。
高標高地では、この時期でも見られることがあるようですが、こんな低い場所で見られることはかなり珍しいのではないかと思います。
今年は雪が多かったので、雪の下で中々溶けない場所で蛹になったボケた個体かもしれません。
オオゴマ、良い成果があるといいですね。これからもよろしくお願いします。
Commented by thecla at 2013-07-30 18:35 x
kmkurobeさん、コメントありがとうございます。
このすぐ脇でオオゴマが飛んでいるので、かんり低い標高です。谷筋の残雪は多く最近まで雪が残っていた場所も多そうなのでそのせいかもしれません。
もうメスも出ていましたが、これからが良い時期でしょう。
Commented by thecla at 2013-07-30 18:44 x
maximiechanさん、コメントありがとうございます。
クモツキはまだ未撮影でしたか。行けば必ず撮れるというものではありませんが、撮りやすい場所もあるので是非来年は念願を果たしてください。
不思議なもので今まで中々出会えなかったチョウも一度出会えると会える確率が高まるような気もしますが、このクモツキ全くの偶然でしょう。
Commented by thecla at 2013-07-30 20:37 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
実は、木曽駒は、コマウスユキソウが第一、第二の目的はクモマベニヒカゲでしたが、ちょっとフライングだったかもしれません(^^;
Commented by thecla at 2013-07-30 20:38 x
ヒメオオさん、コメントありがとうございます。
この週末、遠征予定ですか。オオゴマはじめ成果があるといいですね。
天候も良さそうですから楽しみですね。
Commented by thecla at 2013-07-30 20:40 x
22wn3288さん、コメントありがとうございます。
縁毛までばっちり生え揃ったオオゴマシジミのオスの開翅を撮影したかったのでとても満足出来ました。
クモツキは見た瞬間頭の中がショートして一瞬凍りついてしまいました(^^;
Commented by midori at 2013-07-30 22:11 x
オオゴマ♂に見惚れていたら、スクロールして驚愕...新鮮クモツキ
ですね。う~、きれい(*_*)!
Commented by hemlenk at 2013-07-30 22:27
夏のクモツキ!いいですねー
オオゴマとペアで見られるなんて、なんと贅沢な(=^・^=)アザミにクモツキ…なんか、物凄く不思議な絵ですね(=^・^=)
でも、見てみたいシーンです。
Commented by ダンダラ at 2013-07-30 22:41 x
なんとアザミにクモツキですか~
これはすごいですね。
なんでもあきらめずに出かけてみるものですね~
でもこんな幸運はまずあり得ないですよね。
オオゴマは完全にぶっ飛んでしまいました~
Commented by cactuss at 2013-07-30 23:20
クモツキのアザミ吸蜜を広角で撮影する。最高ですね。
オオゴマの雄も新鮮できれいですね。
Commented by thecla at 2013-07-31 00:15 x
midoriさん、コメントありがとうございます。
新鮮クモツキ、びっくりでしょう。本当に見た時は頭の中のデータベースと合致せず、混乱しながら一瞬フリーズしましたよ。
Commented by thecla at 2013-07-31 00:16 x
ヘムレンさん、真夏のクモツキいいでしょう。
たまたま、今年の状況が産み出したものかもしれませんが、アザミにクモツキ滅多に撮れない組み合わせだと思っています。
Commented by thecla at 2013-07-31 00:18 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
実はこの日、オオゴマの交尾を見つけたのですが、シャッター切る前にチョンボしてしまい撮り逃してしまっていたので、まさに一発逆転ホームランのような感じでした(^^;
Commented by thecla at 2013-07-31 00:21 x
cactussさん、コメントありがとうございます。
アザミでの吸蜜時間が長かったので、とりあえずマクロで証拠写真を押さえた後、広角で撮ることが出来ました。
オオゴマは今年は少し早いだろうと出かけましたが当たりでした。
Commented by naoggio at 2013-07-31 12:52 x
やっぱりtheclaさんは持ってますねえ。
7月下旬、高地ではよくクモツキの目撃例がありますが、オオゴマのいる沢筋とは・・・
いやはや驚きました。しかも新鮮ですね。
天候不順のせいもあったのかもしれませんね。
Commented by katawara at 2013-07-31 16:57 x
凄いですねえ。
思わず書き込みをしてしまいました。
紫のアザミにクモツキのオレンジ、狙って撮れるものではないですね。
その上、広角での撮影ですか・・・。
いつか私にもそのような幸運が訪れますよう、誰にお願いすればよいのでしょう?
すばらしい。

Commented by 霧島緑 at 2013-08-02 22:00 x
オオゴマ、クモツキとも見事ですね。同じ記事の中に存在する違和感が何とも新鮮ですね。
私も同じような体験をしましたので、冷静でいられますが、そうでなかったら目を疑うところです。
それにしても写真が見事です。素晴らしい記録を残せましたね。おめでとうございます。

Commented by thecla at 2013-08-02 23:38 x
naoggioさん、コメントありがとうございます。
実は今年、遠征前半、貧果なことが多く「持ってねえなあ~」と嘆くことが多いのですよ。この日もオオゴマの交尾を撮り逃していますから。
もう少しコンスタントな方が精神衛生上良いのですが・・・・(^^;
高地の雪解けには雨も重要ですから、今年の特殊な天候も影響したのだと思います。
Commented by thecla at 2013-08-03 00:18 x
katawaraさん、コメントありがとうございます。
見つけた時はフリーズしたのですが、良く広角で撮影したものだと自分でも思います。狙った覚えが無いのでたまたまかもしれません(^^;
Commented by thecla at 2013-08-03 00:22 x
霧島緑さん、コメントありがとうございます。
真夏のクモツキ、それらしい絵になってラッキーでした。
稜線部に出かける時は、実はもしかしたらなんて妄想テンコ盛り(笑)で出かけるのですが、さすがにこの標高で妄想の元すら無かったので本当にびっくりしました(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2013年7月下旬 ミヤマシロ...      2013年7月下旬 ミヤマシロ... >>