フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 01月 25日

2013年の在庫から ③ミヤマシロチョウ

3回目は、群馬県側のミヤマシロチョウ。2013年も2012年に続いて大発生。
d0054625_22402191.jpg

ミヤマシロチョウ 飛翔 CANON EOS 60D SIGMA 17-70mm Macro(外部ストロボ)
d0054625_21344929.jpg

ミヤマシロチョウ 交尾 CANON EOS 60D SIGMA 17-70mm Macro(外部ストロボ)
ここではメギが食樹、葉が食い尽され丸坊主になったメギも多いが、中には緑の葉を付けた株もある。丸坊主の株と葉がたくさんついた株が並んでいても、何故か産卵したのは丸坊主の方のメギ。食い尽された後に出たわずかな葉を見つけての産卵だ。
d0054625_21403164.jpg

ミヤマシロチョウ 産卵 CANON EOS 60D SIGMA 17-70mm Macro(外部ストロボ)

〔うらこ雲〕
この日は、うろこ雲が空一面に広がっていた。調べてみたら、うろこ雲自体は年中見られるものらしいのだが、真夏の山の上ではあまり見たことがないように思う。
d0054625_2214236.jpg

ミヤマシロチョウ 交尾 RICOH GR DIGITALⅢ(LEDライト)
うろこ雲をバックに飛ぶミヤマシロチョウ。
d0054625_223986.jpg

d0054625_22163196.jpg

d0054625_2215448.jpg

ミヤマシロチョウ 飛翔 CANON EOS 60D SIGMA 17-70mm Macro(外部ストロボ)
湯の丸、烏帽子のミヤマシロチョウ、越冬巣の調査、マーキング調査、それぞれ一回だけ参加した。全体の保全活動からすると小指を引っかけた程度かもしれないけれど、ちょっとだけでも保全活動に参加したことがある蝶が復活していく姿はやっぱり感慨深いものがある。

〔今日の福寿草〕
1週間経って、少し茎が伸びてきた。ロウバイの花も咲き始め、春の足音が一歩一歩聞こえる気がする。
d0054625_2235050.jpg

[PR]

by toshi-sanT | 2014-01-25 22:35 | | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://thecla.exblog.jp/tb/20276699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by himeoo27 at 2014-01-26 08:17
ミヤマシロチョウも、クワガタムシや冬尺蛾と同じように
虫に人気の「御神木」がありそうですね(笑)。
Commented by 22wn3288 at 2014-01-26 10:55 x
ミヤマシロチョウ 飛翔も交尾写真も素敵です。
今年も大発生するでしょうか。
保護活動の成果でしょうか。
Commented by thecla at 2014-01-26 14:41 x
ヒメオオさん、コメントありがとうございます。
すぐ隣のメギは青々と葉を付けているのに、丸坊主の方に産むのですから、母蝶の好みの差があるのでしょうね。
でもこのご神木は負荷が大きいすぎですね、丸坊主ですから。
Commented by thecla at 2014-01-26 14:44 x
22wn3288さん、コメントありがとうございます。
この冬の越冬巣の数は、昨年のものよりは少ないそうなので、適正な数の発生になるのではないでしょうか。
群馬側は、笹に覆われかかったメギの回りを刈ったりしているのでその成果だと思います。また、少し生息域も広がりつつあるようなので今後も期待できると思います。
Commented by kenken at 2014-01-26 19:28 x
少しでも保全活動に加わったことのある土地の蝶が増加するのは嬉しいですよね。逆に、減っていくと、とても悲しくなります。
背景の環境、ミヤマシロに適した明るい環境です。メギがヒロハノヘビノボラズはとげがあるので、鹿害にはなりにくいのかな。標高も結構ある場所ですし。
1枚目写真、パッと見た瞬間、あまりに白く綺麗に撮れているので、ウスバツバメガの飛翔かと思いました。(笑)ウロコ雲がl綺麗です。

PS.1つ前のキマリン、尾突四白、最高にいいです。やっぱりヒメジョンの花との組み合わせが好きです♪
Commented by thecla at 2014-01-26 21:55 x
kenkenさん、コメントありがとうございます。
毎年やっているわけではないし、ちょこっと参加した程度ですが、少し縁があるだけでやっぱり違いますね。
メギは樹高が低いので、笹が伸びての被圧がバカにならず、笹の草刈が効果的だったそうです。
牛はメギとかヒロハノヘビノボラズなど棘がある植物は食べないそうですから、鹿も食べないのではないでしょうか。ただ、ヘビは登れるようで、メギの上でヘビが堂々と日光浴していました(笑)
キマリンもコメントありがとうございます。kenkenさんに尾突四白をほめていただけると嬉しいです。
Commented by HOUNOKI at 2014-01-26 22:18 x
こんばんは。
ミヤマシロチョウの舞うシーンは、
何か夢の中の出来事のようで素敵ですね。
特に青空にうろこ雲の流れる背景に飛翔する写真が好きです。
この生息地は、たくさん発生しているようですね。
ぜひ見てみたいですね、こんなシーンを。
Commented by Sippo5655 at 2014-01-27 21:39
なぜ、丸裸のメギを選んだのでしょうね。
すごく理由を知りたいです。

雲の様子もまた、何か大自然の複雑に絡み合うものがあるのかなあ。。

真夏の高山 また今季どんなドラマが待っているのでしょう。
楽しみですね!

福寿草の色が沁みます。
Commented by thecla at 2014-01-28 21:52 x
HOUNOKIさん、コメントありがとうございます。
この日は、うろこ雲を見た瞬間にこれを切り取ってみたいと思いました。十分表現できたかどうかは・・・・・・、ですが。
この夏は昨年、一昨年ほどではないでしょうがそれなりに発生すると思うので、訪ねてみられてはいかがでしょうか。
Commented by thecla at 2014-01-28 22:00 x
Sippoさん、コメントありがとうございます。
丸裸=前の年に♀が好んで産卵した、青々=前の年に♀に嫌われた。ということなのでしょうが、代が変わっても好みが一緒、でもその違いが現場を見てもわかりかねます。
なぜなのか、聞けるなら聞いてみたいものです。

ななちゃんの状況、時々拝見しています。頑張ってください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2013年の在庫から ④ゴマシジミ      2013年の在庫から ②会津の... >>