フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 06月 05日

2014年6月上旬 ベニモンカラスシジミ白線流れ

5月31日、6月1日の2日間、昨年同様maedaさんとベニモンカラスシジミの撮影に出かけた。
〔5月31日〕
最初に狙ったポイントは見事空振り、昨年もそうだったがどうもこのポイントとの相性が悪いように思う。上手く説明出来ないのだが、なんとなくその場所の空気というか匂いというかが肌に合わないのだ。
ということで、次の場所に移動。
着いてみると、Sさん、翔さん、kenkenさんたちなじみの顔ぶれがいらしていた。そこに♀がと教えていただいたので、挨拶もそこそこに戦闘モードへ。ファインダーで捉えた姿は、あれ、紋が流れてる~。
d0054625_22381794.jpg

ベニモンカラスシジミ♀(白線流れ) CANON EOS 40D SIGMA APO 70-300mm Macro
このメスは、しばらく静止していたが、その後梢に飛んで見失ってしまった。この日は異常に暑く、オスのテリ張り行動もすぐ不活発になってしまい、到着後30分ほどで店じまい状態。そこで再び移動し、あちこち探索してみる。近くでテリ張りも吸蜜も撮れて、しかも個体数も多いそんな夢の様な場所があるはずと思って探すのだが、現実は厳しく、この日の撮影タイムは30分だけ、やっぱりベニモンカラスは難しいチョウだ。

〔6月1日〕
2日目は昨日、白線流れを見た場所で朝から撮影することにした。まずは、オスのテリ張りと傾斜日光浴を撮影。
d0054625_234571.jpg

ベニモンカラスシジミ♂ CANON EOS 60D SIGMA APO 70-300mm Macro
d0054625_235257.jpg

ベニモンカラスシジミ♂ 傾斜日光浴 CANON EOS 60D SIGMA APO 70-300mm Macro
ふと気がつくと、先ほど♂が日光浴していたカシの木に白線流れの♀が止まっていた。
d0054625_23292544.jpg

ベニモンカラスシジミ♀(白線流れ) CANON EOS 60D SIGMA APO 70-300mm Macro
d0054625_23302558.jpg

ベニモンカラスシジミ♀(白線流れ) CANON EOS 60D SIGMA APO 70-300mm Macro (外部ストロボ)
てっきり昨日の個体がまた出てきてくれたと思ったのだが、微妙に斑紋が違うようで2個体目の白線流れの♀のようだ。
この子は良い子で、あっ飛んだと思ったら、もっと撮りやすい場所へ出てきてくれた。
d0054625_23413255.jpg

ベニモンカラスシジミ♀(白線流れ) CANON EOS 60D SIGMA APO 70-300mm Macro
すぐ隣にオトシブミも止まって少しおもしろい絵になった。
そこへ、♂が飛びかかってすわ交尾成立かと思ったら、2頭とも上空へ舞いあがってどこにいったかわからなくなった。

首尾よく白線流れが撮れたので、♂の翅表を撮るために望遠での飛翔にチャレンジ。最初は200mmで狙ったが全く入らないので、トリミング前提で135mm近辺での撮影に変更。なんとか1枚だけそれっぽい絵が撮れた。
d0054625_2347667.jpg

ベニモンカラスシジミ♂ 飛翔 CANON EOS 60D SIGMA APO 70-300mm Macro
♂が飛び立つところを狙ってタイミングをはかっているとちょっと変な感じがするものがいたので注視すると、なんと白線流れのオスだった。
d0054625_23503961.jpg

ベニモンカラスシジミ♂(白線流れ) CANON EOS 60D SIGMA APO 70-300mm Macro
まさか、白線流ればかり3個体も、それも1つは♂を一遍に撮影出来るとは思わなかった。撮影条件は厳しかったけれど、気分はもう「流れ祭り」。
この日も暑く、昨日同様、早々に活性が低下してしまったので、「流れ祭り」の余韻に浸りながら早めに帰宅、まだ日があるうちに、我が家で祝杯をあげた。
[PR]

by toshi-sanT | 2014-06-05 23:54 | | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://thecla.exblog.jp/tb/20781911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dragonbutter at 2014-06-06 00:11
白線流れの撮影おめでとうございます。
これはずいぶん派手に流れてますね。
特にメスは新鮮で目に毒です(笑)。
ポイントによって頻度が違うのでしょうか。
Commented by maximiechan at 2014-06-06 05:49
稀少な上に白線流れの個体とは凄いですね。
まだ見ぬ蝶ですが、この柄が私の頭の中にはインプットされしまいました。
出会ったときにこれでないと満足できないような気がします。
目に毒なものを見てしまったのかなと思います。
祝杯はさぞ美味しかったことでしょう。
Commented by thecla at 2014-06-06 23:11 x
dragonbutterさん、コメントありがとうございます。
はい、かなりグレードの高い流れ方だと思います。今回の第一目的がこれだったので良かったです。
ポイントによって多少違うと思いますが、それよりも今年が当たり年だったのだと思います。低温による変異だと言われていますが、今年のこの状況を見ると異なるファクターの存在を感じます。
Commented by thecla at 2014-06-06 23:16 x
maximiechanさん、コメントありがとうございます。
この地域の変異として白線流れの個体に出会いたいと思っていましたが、こんなに出会えるとは思っていませんでした。会える時はこんなものかもしれません。
変異にもいろいろありますが、この手の美麗なものは、実物を見たら見たで憑りつかれてしまい、もう次回以降も頭から離れません(笑)
はい、前日も含めての祝杯はサイコーでした。
Commented by ダンダラ at 2014-06-07 18:15 x
ベニモンカラスの白線流れ…見事ですね。
ペニモンはまだ十分数を撮影していないので、まずは基本的なものをいろいろ撮りたいものだと思いますが、ちょっと目に毒ですね。
今年は当たり年だったんですか???
うーん行っておくべきでした。
Commented by cactuss at 2014-06-07 20:25
今年は白線流れが多かった様ですね。立派な個体です。
低温期型なのではと思っていますが、大雪の影響があったかもしれませんね。
翅表の見える飛翔写真も含めて、すばらしいです。
Commented by thecla at 2014-06-07 21:01 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
白線流れの比率は、♀100%+♂1ですからずいぶん高かったと思います。
2日間で撮影時間は3時間無いような状況ですから、やっぱり難易度の高いチョウで、楽園を見つけてみたいものです。
Commented by thecla at 2014-06-07 21:05 x
cactussさん、コメントありがとうございます。
白線流れのグレードの高い個体ばかりだったので、雪の影響もあったのでしょうか。確かに樹冠が折れた杉を道中で良くみました。
Commented by 霧島緑 at 2014-06-08 01:47 x
この蝶は未撮影なので、斑紋の変異なんてピンときませんが、何とも羨ましいです。
いずれ狙ってみたいと思いますが、ポイント選択も難しそうですね。その分やる気も湧いてくるのでしょうね。その節は、どうぞよろしくお願いします。
Commented by banyan10 at 2014-06-08 14:47
ベニモン見事な成果ですね。
今年は白線流れが発生しやすい条件だったようですね。
それよりも雄のテリ張りが未撮影なので羨ましいです。日光浴とは明らかに違うのでしょうか?
Commented by midori at 2014-06-08 18:27 x
いまだ未見のベニモンカラスシジミ。白線流れですか...普通のタイプでも撮影難関種でしょうに、いい出会いでしたね。素晴らしいです。
6枚目の“オトシブミ”とのツーショット気に入りました(*_*)。
いつか出会ってみたいです...
Commented by Sippo5655 at 2014-06-08 22:34
>どうもこのポイントとの相性が悪いように思う。上手く説明出来ないのだが、なんとなくその場所の空気というか匂いというかが肌に合わないのだ。

こういうの、わかります。

自然を追求しようとする人間に

自然が、道案内のフェロモンを(^-^*)

紋流れという言葉いいなあ、、
名づけたのは当然ながら日本人、
誰でしょうね・・・


ということで、次の場所に移動。
Commented by thecla at 2014-06-08 23:49 x
霧島緑さん、コメントありがとうございます。
このチョウ、撮影しやすい場所は限られていて、しかも出てくるまでひたすら待つということも多いのですが、だんだん知見が増えて少し確率が高まったように思います。
もっと楽な場所を見つけてみたいものです。
Commented by thecla at 2014-06-08 23:54 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
白線流れは、当たり年でしたが、地域全体なのか、たまたまここだけだったのかわかりませんが、ラッキーでした。
傾斜日光浴は、朝早めの時間に見られるものは、裏から見てたら開翅したんじゃないかと思うくらい寝ます。
テリ張り時も体を斜めにしますが、そこまで寝ないように思います。ただの感覚で私がそう思っているだけですが(笑)
Commented by thecla at 2014-06-08 23:56 x
midoriさん、コメントありがとうございます。
私、一日だと撮影できる自信がないので、2日がかりで行くことにしています。
オトシブミは、後で飛んできたようで、気がついたら、並んでいました。と言っても気がついたのは大分時間が経ってからですが(^^;
Commented by thecla at 2014-06-09 00:01 x
Sippoさん、コメントありがとうございます。
なんか相性が悪い場所ってありますよね。この最初の場所は、撮影はしやすそうな場所でいることはいるはずなのですが、何か駄目なんですよね。
長居したくないというか辛抱出来ないというか・・・、居心地の悪さを感じるのです。
Commented by himeoo27 at 2014-06-10 17:17
ベニモンカラスシジミ♀(白線流れ) とオトシブミ
仲良く2匹で何を眺めているのでしょうか?
最近この様なコミカルな画像に惹かれるヒメオオ
です。
Commented by thecla at 2014-06-10 22:58 x
ヒメオオさん、コメントありがとうございます。
オトシブミとのツーショット、私もとっても気にいっています。後からオトシブミが飛び込んできたのですが、不思議と同じ方向向いていますね。
撮影中、オトシブミが飛んできたの気がつかず、気がついたら隣にいたので、結果オーライの典型ですけど(^^;
Commented by chochoensis at 2014-06-11 13:53 x
theclaさん、素晴らしい写真にうっとりしました、さすがですね。
昨日は、大変貴重なお話をいただきまして、本当にありがとうございました。昔を思い出しながらじっくり=熟読=させていただきました、中学生のころから色々と努力されていたんですね、驚きました。
今後とも、色々と教えていただくことがあるようですので、よろしくお願いいたします。
また、自宅近くのあの場所の今年の発生は多かったので、保護の効果があるのでしょうか・・・。
ベニモンは、未撮影です、流れた紋にはビックリしました、おめでとうございました。
Commented by thecla at 2014-06-12 22:18 x
chochoensisさん、コメントありがとうございます。
単なる昔話ですみませんでした。あそこの発生数にも波があるようで、多分昔ばなしの時期は記録的な大発生だったのではないかと思います。
ベニモンは、白線流れ撮れたらいいなあとあまり期待しないでいたら撮れちゃいました。もっとも2日目は狙って撮ったつもりなのでかなり嬉しいです(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2014年6月上旬 70Dのラ...      2014年5月下旬 富士の高嶺... >>