2014年 06月 28日

2014年6月下旬 チョウセンアカシジミ

先週末はmaedaさんとチョウセンアカシジミの撮影に出かけた。第一の目的は芥子色のチョウアカ探しだったが、あまりにも天気が良かったので、探索の途中で多産地に移動した。そこは2008年に訪れた場所で夕方4時ころ群舞、していた。そこでせっかく近くまで来たのだから、そんなシーンをもう一度見てみたくなったのだ。

着いてみると、6年前より数が少ないような気がするが、あちこちに止まっている。
d0054625_10141810.jpg

チョウセンアカシジミ 静止 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (外部ストロボ)
d0054625_10145777.jpg

チョウセンアカシジミ 静止 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)
時間は午後、気温も高いので接近しただけで飛びあがってしまう個体も多い。そんな時は、飛翔で翅表の撮影を狙ってみた。
d0054625_1024439.jpg

チョウセンアカシジミ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (外部ストロボ)
d0054625_10232927.jpg

チョウセンアカシジミ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro

madaさんが、樹木の白い花で吸蜜しているのを見つけてくれた。ヒメジオンでの吸蜜は撮影していたが樹木の花での吸蜜は初めての撮影になる。
d0054625_10255993.jpg

チョウセンアカシジミ 吸蜜 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (外部ストロボ)
さてこの樹はなんだろう、イヌツゲのような気がするのだが、間違っていたらご指摘ください。後で気がついたのだが、複数の生息地でこの花が咲いていたので吸蜜していることは結構多いのではないかと思う。

時間も遅いし、今日はもう開翅撮影は無理かと思ったら、吸蜜後開翅してくれた個体がいた。
d0054625_10312689.jpg

チョウセンアカシジミ 開翅 CANON EOS 60D EF100mm F2.8L マクロ IS USM

15時過ぎから交尾カップルが目につくようになる。

d0054625_10351138.jpg

チョウセンアカシジミ 交尾 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)
d0054625_10344667.jpg

チョウセンアカシジミ 交尾 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (外部ストロボ)
d0054625_10354284.jpg

チョウセンアカシジミ 交尾 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (外部ストロボ)

この日は、16時過ぎても3頭がからんで飛ぶくらいで群舞にはならなかった。6年前が特別な大発生の年だったのかもしれないが、もう一度夕暮れの乱舞を見てみたいものだ。
[PR]

by toshi-sanT | 2014-06-28 10:39 | | Comments(4)
Commented by otto-N at 2014-06-29 21:26 x
チョウセンアカシジミは、深山幽谷の蝶かと思ってました。ちょっと拍子抜けです。(冗談です)。まだ、本格的に試してないのですが、2個目のVL-136を購入しました。Wだと明るくこれなら使えそうです。ペンタのK-5も秒7コマですが、12コマくらい欲しい感じです。
Commented by banyan10 at 2014-06-30 19:08
ちょっと角度が違いますが、僕が以前に交尾の広角を撮影した背景の民家はきっと2枚目ですね。(^^;
吸蜜は未撮影ですが、樹木の花は貴重ですね。
Commented by thecla at 2014-07-01 20:55 x
otto-Nさん、コメントありがとうございます。
飛翔用には私もWで使っていました。ただ逆光だと光量が足りない感じですが、ストロボより自然ですね。
おっしゃる通りもっとコマ数が多いと良い気もしますが、大量のごみ画像も生産して後の選別が難しくなるような気もします(笑)
Commented by thecla at 2014-07-01 21:01 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
はい、その民家だと思います。前にヒメジオンでの吸蜜は撮影していましたが、この木はノーマークでした。maedaさんのおかげです。
ただ、この木は生息地には良くあるようで複数で見ていますから、吸蜜撮影の狙いどころかもしれません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 渋いチョウセンアカシジミ      2014年6月上旬 アサマシジ... >>