フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 08月 10日

2014年7月中旬 山梨のアイノミドリシジミ

約1カ月遅れになってしまっているがのんびりと行こうと思う。
7月中旬に訪れた山梨でアイノミドリシジミの卍飛翔を2日続きで狙ってみた。160個装備のLEDライト&ストロボで攻めたが、どういう訳か、ストロボが同調していないタイミングの方がピンが来る。
d0054625_16483250.jpg

d0054625_1648655.jpg

アイノミドリシジミ 卍飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)
ストロボ光が当たった時は金緑色に輝く。
d0054625_16511853.jpg

アイノミドリシジミ 卍飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト&外部ストロボ)
一度だけ、脚立にのって届くところでテリを張ってくれた。
d0054625_1655669.jpg

アイノミドリシジミ 開翅 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト&外部ストロボ)

翌日も連戦のつもりで出かけたがポイントに着くと曇りで日が差さない。これは駄目かと思ったら、時間になったら曇っていても卍飛翔が始まった。
d0054625_16585435.jpg

アイノミドリシジミ 卍飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト&外部ストロボ)
d0054625_16594891.jpg

d0054625_16592513.jpg

アイノミドリシジミ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)

卍飛翔で低い位置に降りてくると、もうそれで撮れたような気分になってしまうが、撮れた絵をモニターで見ると「あれっ?」ということが多い。少し薄暗いところで舞われると絞りが浅くなって難易度が増す。ただ、それが練習になったのか、↓の高山蝶の卍飛翔では数少ないチャンスを生かすことが出来たのかもしれない。
[PR]

by toshi-sanT | 2014-08-10 17:05 | | Comments(6)
Commented by cactuss at 2014-08-10 21:32
飛翔写真にLEDライトを使うとどんな写真が撮れるか、試してみたいです。
先日、Sさんにお会いした時に大きなLEDライトを付けて、飛翔写真を撮っていました。
Commented by Sippo5655 at 2014-08-10 21:44
私も今季初めて出会うことができました
エゾですが・・・
夢中になるお気持ちがよくわかりました!
この想い 憧れって、
一体何なのだろうって思いながら夢中になってました。^^
Commented by otto-N at 2014-08-11 17:37 x
160個のあれを買ったのですか!強力そうですね。
下から3番目の画像は、ストロボも同調しているのでしょうか。
来年、ミドリシジミの夕刻の卍をどう撮るか、考え中です。
Commented by thecla at 2014-08-11 23:37 x
cactussさん、コメントありがとうございます。
大きなLEDを使うとそれなりに浮き上がった感じになることもあります。
ただ逆光だとストロボ併用でないと潰れてしまうという印象です。
Commented by thecla at 2014-08-11 23:38 x
Sippoさん、コメントありがとうござます。
ゼフの卍飛翔はきらきら輝いて見とれてしまいますよね。ちょっと薄暗い所で舞っていると本当に幻想的です。
Commented by thecla at 2014-08-11 23:42 x
otto-Nさん、コメントありがとうございます。
はい160個のもの買いました。amazonで探すと格安品がありました。ただ、ヤワです。2個購入してもう2個とも壊れました。幸いどちらも自力で修理出来ましたが、まあ消耗品と割り切った方が良さそうです。
下から3番目はストロボ同調です。本当は全部ストロボ同調ですが秒7コマにストロボは追いつかないので、LEDだけの絵も多くなっています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 日本画家小松孝英さんの個展の紹介      高山蝶はじめました2014 ②... >>