2014年 08月 17日

日本画家小松孝英さんの個展の紹介

蝶仲間のIさんから、『日本画家小松孝英さんの個展』の紹介の依頼がありました。
下記にIさん作成の紹介文を転載します。


日本画家小松孝英さんの個展を紹介します。
「水」と題し、9月13日(土)~23日(火祝)まで、東京田園調布
みぞえ画廊で開催されます。

http://blog.livedoor.jp/takahidekomatsu11/


画家小松孝英さんの中心テーマは、父孝寛氏の影響を受け
たチョウ。琳派初め多彩な技法を駆使され作品を世に送り
出されている、現代日本画のホープです。曽祖叔父は日本
画家羽田桂舟。海外からの評価も高い。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9D%BE%E5%AD%9D%E8%8B%B1


これまでの代表作は、HPのトップにある「外来種群蝶図」で
す。2010年名古屋で開催された、生物多様性条約第10回締
約国会議COP10に特別展示され、2011年にはカナダの国連
生物多様性条約記念ミュージアムに永久コレクションをされ
ています。制作風景等が小松孝英「宮崎熱時間」として2回
にわたりテレビ放映され、YOU TUBE にアップされています。

http://www.takahidekomatsu.com/


https://www.youtube.com/watch?v=avxpp-Y6uUI
https://www.youtube.com/watch?v=avxpp-Y6uUI

https://www.youtube.com/watch?v=7chZZiELGII


******************************************
管理人は、御父上の孝寛氏とは何度か酒席をともにさせていただいたり、写真集をいただいたりしております。
蝶をモチーフにしている作品も多いとのことですので、是非行ってみようと思っています。
[PR]

by toshi-sanT | 2014-08-17 23:55 | Comments(4)
Commented by kazenohane at 2014-08-17 09:00 x
テレビの番組で拝見したことがあります。
同じ絵画の仕事をする私にとって、
小松考英さんの蝶の日本画は、とても刺激的でした。
時間が許せば、個展にお伺いしたいなと思っています。
Commented by thecla at 2014-08-17 09:16 x
kazenohaneさん、コメントありがとうございます。
私も実物を拝見するのを楽しみにしています。
Commented by himeoo27 at 2014-08-17 18:59
安土桃山時代の狩野派の襖絵のような
豪華絢爛たる作風素晴らしいですね!
私も実物をぜひ見てみたいです。
Commented by thecla at 2014-08-18 22:29 x
ヒメオオさん、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、襖絵の様な作風で、チョウのリアルさが同居していて不思議な感じもします。ちょうど蝶のシーズンも終盤ですからちょうど良さそうですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2014年7月下旬 八ヶ岳の渓流で      2014年7月中旬 山梨のアイ... >>