2014年 11月 29日

2014年11月下旬 房総のルーミスシジミは?

11月の3連休の中日、房総半島のルーミスシジミを見に出かけた。春の大雪で谷の斜面が大崩壊したのでこの冬はどうなることかと思っていた。
現地に着いてみると、崩壊地は、通路程度に倒木が切り払われて整理されていた。その手前の倒木地帯も倒木といっしょにアセビの木も切られ、雰囲気が大きく変わっていた。
通路以外の斜面にはまだ倒れた木が転がっていたり大分荒れている状況だったが、それでも、2頭のルーミスシジミが目の前に舞い降りてくれた。
d0054625_9271424.jpg

d0054625_9283622.jpg

ルーミスシジミ CANON EOS 60D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
シャッターチャンス多くなかったけれど、今年も姿を見られて一安心。良く考えたら房総の谷の樹木の更新は台風や大雪などの倒木がきっかけで起こるわけだから、大したことではないのかもしれない。
それでも、この後、植生回復の状況とルーミスシジミの越冬状況がどうなるのか、谷の長い歴史から見れば誤差かもしれないけれど、観察するのが楽しみでもある。

ルーミスシジミに出かける前の週は、奥多摩の紅葉を見た後、日帰り温泉で昼から一杯、こういうのもいいね。今年は寒くなるのが早かったから低標高地の紅葉は例年より綺麗な気がする。
d0054625_9482392.jpg

[PR]

by toshi-sanT | 2014-11-29 09:54 | | Comments(6)
Commented by himeoo27 at 2014-11-30 16:36
最初のルーミスシジミの開翅シーン
背景が黒とびして幻想的ですね!
今年も何とか生き延びているようで
安心しました。
Commented by thecla at 2014-11-30 22:49 x
ヒメオオさん、コメントありがとうございます。
1枚目は、スポットライトに当たっているみたいで私も気に入っています。
数が多い気はしませんが、この冬どんな感じになるか楽しみにしています(^^;
Commented by clossiana at 2014-12-02 08:01
あの場所が少なくとも一時的にはルーにとって不適な環境になってしまったのでは?と考えていましたので、それなり健在ぶりが確認出来て嬉しい限りです。明日にでも行ってみるつもりです。
Commented by thecla at 2014-12-04 22:04 x
clossianaさん、コメントありがとうございます。
崩壊地の対面あたりは少し日が当たりすぎな気もしますし、まだ倒木も多いのですが、そこそこ健在でした。
この後、どうなっていくか興味深いところです。行かれた状況を教えてください。
Commented by kenken at 2014-12-09 21:18 x
非常に亀レスで失礼しますが・・・このルーミスの2枚目の写真、最高ですね。
私の好きな翅表と翅裏が同時に表現されているうえに、縁毛もこの時期にしては
そこそこ揃っていて、しかもカシ類の葉上で・・・えぇもんです。
翅裏がこれだけ良い感じで表現されているのはストロボ弱く焚いてます?
Commented by thecla at 2014-12-09 22:03 x
kenkenさん、コメントありがとうございます。いえいえコメント頂けるだけでうれしゅうございます。
これは、スポット測光、露出補正-1.3、自然光です。(少しレタッチで明るく補正してあります)カシの葉上のルーミスは、スポット測光にすると表も裏も良い塩梅になることが多いです。
ルーミスの時はスポット測光を基本設定にしているため、他のものを撮った時に大失敗になっていたりします(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2014年の写真から① 富士山...      2014年11月下旬 湘南のム... >>