フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 02月 01日

2014年の写真から④ 北アのミヤマモンキチョウ

早朝から沢沿いの登山道を登り、最後の急登に喘ぎながらやっとの思いで辿り着くとそこは、ミヤマモンキチョウが舞う別天地。

〔ミヤマモンキチョウ♂〕
d0054625_22102784.jpg

CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)
稜線に着いたとたん強風に落とされるように止まった♂。LEDライトをセットするのももどかしく撮影した。
d0054625_221323.jpg

CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)
槍ヶ岳をバックに飛ぶ♂、もう少し高いところを飛んでくれるともっと良かったが・・・・。
d0054625_22164748.jpg

CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (外部ストロボ)
朝からの暴風雨が上がった昼すぎ、カメラを持って山小屋を出るとハイマツに♂が静止していた。
d0054625_2222651.jpg

CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)
早朝、登山道脇で静止していた♂、やっぱり山は早立ちに限る。

〔ミヤマモンキチョウ♀〕
d0054625_22261522.jpg

CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト&外部ストロボ)
食樹クロマメノキの周囲を飛ぶ♀
d0054625_22264597.jpg

CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト&外部ストロボ)
槍ヶ岳をバックにミヤマダイコンソウで吸蜜する♀、強風で花弁が飛んでしまっているのが少し残念。
d0054625_22292087.jpg

CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)
午後、太陽の位置が変わって槍ヶ岳方面は逆光気味になる。
d0054625_22311925.jpg

CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト&外部ストロボ)
LEDとストロボを併用させると、秒2コ~3コマがストロボも発光、4コマ~5コマがLEDのみになる。LEDだけでも逆光をカバーしてくれている。大き目のLEDライト、重たい換え電池をかつぎあげた甲斐があったというものだ。

北アルプス稜線の高山蝶、帰ったばかりは、疲れたから来年はもういいやと思うが、今頃の季節になるとしんどさは忘れてしまって、また行きたくなる。
[PR]

by toshi-sanT | 2015-02-01 22:36 | | Comments(8)
Commented by himeoo27 at 2015-02-02 21:26
槍ヶ岳を背景に舞うミヤマモンキチョウ
絵になりますね!
ものぐさな私にはハードルが高そうです
が・・・・・・・・
Commented by yurinBD at 2015-02-02 22:49
初めまして、yurinと申します。
北アルプスを背景に飛ぶミヤマモンイチョウ、
素晴らしいお写真ばかりで感動しました!
たどり着くのは大変だと思いますが、
是非行ってみたいと感じました!
Commented by thecla at 2015-02-03 22:22 x
ヒメオオさん、コメントありがとうございます。
登りはしんどいですけど、この光景は何事にも代えがたいものがありますので、是非チャレンジを。
ただ、天候が荒れると高山だけに真夏でもハンパないので、スケジュールには余裕を見込んでください。
Commented by thecla at 2015-02-03 22:32 x
yurinBDさん、はじめまして、コメントありがとうございます。
北アルプスのミヤマモンキチョウとしてはこれでも楽な方です。(一番楽なのは立山かもしれませんが稜線とは少し雰囲気が異なります)
難点は週末は山小屋がめちゃくちゃ混むことです。私が行った土曜日の夜は1畳に2名でした。
Commented by otto-N at 2015-02-04 21:39 x
LEDとストロボの併用の意味がやっと理解できました。
逆光はやはりストロボがメインで、LEDは発光しないときの代打ということですね。
2つ装着したら相当大きくなり、登山者に不審に思われませんでしたか?
槍がちょうどよく入るいい場所ですね。
行ってみたいです。
Commented by Sippo5655 at 2015-02-04 21:58
やはりこの子は、ピンクの発色が素晴らしい

高山ならではの出会いですね。


山頂に吹く風の感触を、思い出しました。


毎年、逢いたくなる子。

呼ばれているのでしょうね・・・!
Commented by thecla at 2015-02-04 23:24 x
otto-Nさん、コメントありがとうございます。
160灯LEDダブルも考えたのですが、重すぎて振り回せません。片手で使える限界がLEDとストロボの併用でした。
広角撮影ではLEDだけか、逆光時やコントラストが強い時にピンを持ってくるためのガイド光、飛翔ではストロボが発光しない時のためのものです。
ストロボは小さいサイズのものを使っていますが、それでも2つ付けると大きくなりますが、不審でしょうか・・・・(笑)
Commented by thecla at 2015-02-04 23:27 x
Sippoさん、コメントありがとうございます。
ミヤマモンキのピンクの縁取りは本当にドキっとするほど綺麗です。
浅間連山で手軽に出会うのも捨てがたいのですが、やっぱり苦労する分だけ北アルプスの方に惹かれます。
とは言え、毎年登るというわけにはいきませんね(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< <第11回 チョウ類の保全を考...      1月の多摩丘陵 >>