フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 07月 17日

2015年7月中旬 八ヶ岳のタカネヒカゲ

先週末は、ずっと温めていたけれど行こうと思うと天気が悪かったり、難易度を考えて他の撮影対象に日和ってしまったりしていた八ヶ岳のタカネヒカゲ(ヤツタカネ)の撮影に行ってきた。
北アのタカネヒカゲとは生息場所、生態とも大きく異なり、撮影しにくいことこの上ない。

d0054625_21365996.jpg

タカネヒカゲ 静止 CANON EOS 60D SIGMA APO 70-300mm Nacro
ハイマツに静止する個体、この状態で平気で30分以上静止したままということも多い、ドピーカンなのに・・・・。




d0054625_21391939.jpg

タカネヒカゲ 静止 CANON EOS 60D SIGMA APO 70-300mm Nacro
至近距離に止まっても草が被らないようにするとこんな角度が精一杯。
d0054625_21402939.jpg

タカネヒカゲ 静止 CANON EOS 60D SIGMA APO 70-300mm Nacro
ハイマツの先に止まってくれた時が絶好の撮影チャンスになるが、すぐ潜り込んでしまうのでシャッターチャンスは少ない。背景のハイマツの葉のボケが汚いのが難だが、それでも今回のベストショット。

メスが移動しながら産卵行動を繰り返していたが、食草にもぐりこんでしまうのでまともに写せなかった。それでも何枚か写した中にピントは甘いけどはばたいた瞬間が写ったものがあった。
d0054625_21533850.jpg

タカネヒカゲ♀ 翅表 CANON EOS 60D SIGMA APO 70-300mm Nacro

土日の2日間みっちり使ってこの結果。ヤツタカネ、こいつただもんじゃない・・・・・。
[PR]

by toshi-sanT | 2015-07-17 21:56 | | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://thecla.exblog.jp/tb/21956169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by himeoo27 at 2015-07-18 19:26
ハイマツの仙人といわれるだけあって渋い色合いが
素敵なチョウですね!
↑の記載より八ヶ岳連峰の稜線で撮影する困難さが、
良くわかりました。
Commented by thecla at 2015-07-20 18:55 x
ヒメオオさん、コメントありがとうございます。
北アのタカネヒカゲとは全く異なる生態で、石の上ではなく、草被りになる緑の場所ばかりに止まるし、動かないしで撮影の難易度は半端ないです(ToT)
Commented by hirax2 at 2015-07-20 21:03
八ヶ岳のタカネヒカゲ撮影おめでとうございます。
場所が変わると全く生態が違うとは高山蝶ならではなんでしょうかね。
厳しい環境であるが故、生き延びつためには環境に適応するチョウ達は
たくましいです。去年の情念を思い出しました。
Commented by clossiana at 2015-07-21 16:24
ヤツタカネの撮影、おめでとうございます。確かに、この蝶の写真とすればハイマツでじっとしている姿は余り見ないですね。そんなに性格が違うとは知りませんでした。でも考えてみると、あの場所は、そうでもしない限りは風に吹き飛ばされてしまう感じがしますね。
Commented by thecla at 2015-07-21 23:04 x
hiraxさん、コメントありがとうございます。
北アだったらいかにもと言う場所がすぐ傍にあるのですが、そっちにはほとんどいないなどかなり違う感じでした。
活性度も違うし、別種ですと言われても、そうかもと思ってしまいそうなくらいです。
Commented by thecla at 2015-07-21 23:12 x
clossianaさん、ありがとうございます。
かなり特異な生態のような気がします。一時絶滅説が出ていましたが、いかにも良さげな場所にはいないし、生息地でも動かない時が多いので、半信半疑で出かけたら、「いない」と判断してしまいそうです。
風の通り道のような場所は北アでも見ましたが、なんとなく、それだけではない何かがあるように思います。もう少し体感してみないといけませんが。
Commented by Sippo5655 at 2015-07-23 16:03
はぁ。。難易度蝶・・・じゃなくて超高い八ヶ岳のタカネヒカゲなんですね。
でも、3枚目ばっちりじゃないですか~♪
凄く神秘的なインパクトを感じました。
少し、コツバメの印象とオーバーラップ・・!?
八ヶ岳では特に減っているらしいですね、
翅の地色はハイマツの幹に擬態しているのでしょうか!?
Commented by thecla at 2015-07-31 21:52 x
Sippoさん、コメントありがとうございます。
昔、絶滅説が出ていましたが、生態が北アと違っていて、いそうな所にいない、あまり動かないなどで目撃例が少ない時期があったようです。生息域はそんなに広くなく個体密度も高いわけではないですが、環境自体は安定しているので大丈夫だと思います。
翅の地色はハイマツにも砂礫にもどっちにいても目線を切るとわからなくなってしまいます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2015年7月中旬 夏チャマ      2015年7月上旬 道端のオオ... >>