フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 04月 17日

2016年4月 春のルーミスその②と富士川のギフチョウ

4月になっても週末の天候不順が続いていたが、やっと2週目になって快晴の天気予報。今年は雪解けが早いから新潟のギフも多くの場所で最盛期らしいが、結局房総の山中に春ルーミスの観察に出かけた。
到着してみると、気温はそこそこ高いが太陽には薄雲がかかることが多く、地面近くには全く降りてこない。それでも日が差すと、アラカシの倒木の周りにまとわりつく個体がいた。
d0054625_21131315.jpg





そのうち、アラカシの芽吹きにからみはじめ、しばらくすると芽吹きに静止、じわじわと動きながら頭を下にして動きを止めた。ひょっとして産卵、なんだアラカシにも産むんじゃん、今まで何を見ていたんだろうと思いながら夢中でシャッターを切るが何か変。よく見るとストローを伸ばしている。芽吹きの汁のようなものを吸っているだけだった。
d0054625_21332466.jpg

ルーミスシジミ アラカシの芽吹きで吸汁 CANON EOS 60D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
2010年4月にCclossianaさん、papilaboさんが観察・撮影されたのとまったく同じシーンだった。このアラカシの倒木には、3月末も執着していた個体がいたのでもしやと期待していたのだが、結局その後も吸汁は複数回観察できたが、産卵行動は一切見られなかった。

[富士川のギフチョウ]
今年の初ギフチョウは、富士川のギフチョウににした。この日も天気予報は快晴のはず、ところが現地に着くと高いが厚い雲が広がっている。気温は上がり少し雲も薄くなったが日が差す時間はごくわずか。こりゃだめだとあきらめかけた昼過ぎ、やっとスミレで吸蜜する個体を撮影することができた。
d0054625_21503125.jpg

ギフチョウ 吸蜜 CANON EOS 60D EF100mm F2.8L マクロ IS USM

本当はこんな写真をギフチョウで撮影したかったのだが、ここでは全く姿を見なかった。
d0054625_2152399.jpg

キタキチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
裏の山はランヨウアオイが多い谷筋にかけて重機を入れての全面伐採。
d0054625_21551611.jpg

伐採後、生きていたカンアオイの根から一斉に葉を出すという話を聞いているが、伐採後何も植えていないから乾燥が進んでしまうとせっかく生きていた根も死んでしまうのではないかと心配になる。
しばらく様子を見てみないといけないかもしれないが、大規模な伐採だけに気になる。

結局この日は、昼頃少し日が差しただけで雲が厚くなったので、身延線の駅で撮り鉄もどきをして早々に撤収。
d0054625_2264660.jpg

[PR]

by toshi-sanT | 2016-04-17 23:55 | | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://thecla.exblog.jp/tb/23074605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by clossiana at 2016-04-19 15:28
この樹での吸汁シーンは私どもも今年、観察しています。p女史はアップはされていませんが全く同じシーンを撮影されています。全く人騒がせなルー娘ですね。。しかし井上大成氏が報告(蝶と蛾 本年1月発刊)されたアカガシへの産卵シーンは、このシーン同様に♀が頭を下に向けて行われていました。つまり。。ヒルのことさえ問題視しなければゴール間際なのかもしれません。
Commented by himeoo27 at 2016-04-19 20:30
今年も千葉県のルー様が無事越冬出来たようで
安心しました。独特な裏翅の模様がナイスです。

富士川沿いの斜面は適度な樹木伐採なら大歓迎
ですが・・・・・・・
Commented by thecla at 2016-04-19 23:34 x
clossianaさん、コメントありがとうございます。
やっぱり、観察されてましたか。
井上氏の報告と写真を見ていたので下向きになった時は、よっしゃーと思ったのですが・・・。もうヒル出てますよね。相変わらず週末の予報悪いし困ったもんです。
Commented by thecla at 2016-04-19 23:58 x
ヒメオオさん、コメントありがとうございます。
大雪後の斜面崩壊でどうなることかと思いましたが、もう通常状態に戻ったような感じです。
富士川の伐採地は重機を入れて表土をかく乱し、一切木を植えておらず、だいぶ前に伐採した場所はススキの原になっています。しばらく推移を見ないとわかりませんが、ちょっと心配です。
Commented by naoggio at 2016-04-24 13:42 x
4月のルーミス、春の陽を一杯に浴びて輝いていますね。
今年はとうとう富士川に行く事ができませんでした(涙)。
あの皆伐の様子を見るとぞっとします。ずいぶん奧まで切ってしまったみたいですね。
こんごの発生状況が気がかりです。
私にとってはやはりこの写真のギフチョウが本当のギフチョウです(笑)。
ラストの撮り鉄写真、情感があっていいですね。
Commented at 2016-04-26 22:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by thecla at 2016-04-29 20:18 x
naoggioさん、コメントありがとうございます。
あそこまで重機を入れたらカンアオイの根への影響もかなり大きいでしょうから、長期的にどうなるか心配です。それよりも切った後、何も植えていない状態ですから、土砂崩れとかにならないかも気になります。
ランヨウ食いのギフぜひ残ってほしいものです。
Commented by thecla at 2016-04-29 20:19 x
鍵コメさん、コメントありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2016年4月下旬 多摩丘陵の...      2016年3月下旬 春のルーミス >>