2016年 10月 10日

2016年9月下旬 クロコノマチョウ

9月はずっと天候不順な週末が多く、遠出の機会を逃し続けていた。その代り、自宅の近くでクロコノマチョウが多数発生していた。

d0054625_23253770.jpg

クロコノマチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)




なかなか翅は開いてくれないし、曇り空でも結構敏感で近づきにくい。ただ数はそこそこ多いので足元から飛び立ったところを撮るということを繰り返した。
d0054625_23264299.jpg

d0054625_23275419.jpg

クロコノマチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
d0054625_23421172.jpg

クロコノマチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(外部ストロボ&LEDライト)
以上、9月24日

翌日も天気予報が悪くゆっくり起きたら日が差しているので慌てて出かける。
d0054625_23345335.jpg

NIKON 1V3 NIKKOR VR 10-30mm (LEDライト)

この日は羽化直後の個体があちこちにぶら下がっていた。
d0054625_23324981.jpg

NIKON 1V3 NIKKOR VR 10-30mm (LEDライト)
d0054625_2334893.jpg

CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)

ここはちょうどジュズダマの群落の周りに観察路を設定してくれているので、木道を歩く人のすぐ脇に羽化直後の個体がぶら下がっているのが観察できる、
d0054625_2334253.jpg

CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(外部ストロボ&LEDライト)

この秋は、天候不順に泣かされたけれど、地元のクロコノマチョウが堪能できたので、まあ良しとしよう。
[PR]

by toshi-sanT | 2016-10-10 23:39 | | Comments(5)
Commented by Garuda→あーとまん at 2016-10-12 07:28 x
自然観察広場も、少し手前の湿性花園も、今年は例年以上に発生数が多くて、9月末頃にはジュズダマの葉が丸坊主になっていましたね。幼虫の餌が無いので、例年より半月以上早いですがそろそろ発生が終息してしまいそうな気がしてます。

また、飛翔で翅表を狙うとは難易度高すぎです。
私にはそんなテクは無いので、当日羽化個体の初飛翔前の準備運動(飛び立つ前にその場で数回翅を開閉)の瞬間を待って撮る、という方法でチャレンジしてます。
Commented by Sippo5655 at 2016-10-17 21:33
わあ、クロコノマチョウの翅表ってこんなんなの!!
めちゃくちゃ綺麗ですね(*´∇`*)
クジャクチョウを連想してしまいました。
私、裏側しか撮影したことがありません。
いつか表側も見てみたいです♪
Commented by thecla at 2016-10-23 23:52 x
あーとまんさん、コメントありがとうございます。
今年は、本当にびっくりするくらい多かったですよね。私は逆に飛び立つ前の開翅を待つ忍耐がなく、数打ちゃ当たる方式です(^^;
Commented by thecla at 2016-10-23 23:55 x
Sippoさん、コメントありがとうございます。
クロコノマの翅は裏も表も変化が多くて面白いです。赤い部分がほとんどない黒い翅表の個体もいますが、茶色にオレンジ紋のある薄い色の個体がやっぱり好きです。
Commented by himeoo27 at 2016-12-04 08:49
埼玉県中部ではクロコノマチョウ減っています。
ここ数年、成虫を観察していないので来年は久し
ぶりに神奈川県方面に出かけてみたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 金沢旅行      2016年7月 南アルプスのミ... >>