フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 12月 17日

2004年 スイスの花と蝶(10)-最終回

フィングステックでは、クモマツマキチョウ以外にも様々な花と蝶を見ることができた。
牧草地には日本のアザミのような花が多く見られた。
d0054625_21273327.jpg

Centaurea alpestris
図鑑で調べてみると、アザミ属ではなく、ヤグルマギク属だった。日本のアザミより大振りで艶やかで、蝶が止まったら映えるだろうなと思っていたら、ヒョウモンチョウがファインダーに飛び込んできた。
d0054625_2129020.jpg

ヒョウモンチョウ(やっと入手した図鑑で見る限り、日本のヒョウモンチョウと同じではないかと思う)
予想通り、特徴のある花びらがはみ出していていい感じだ。
d0054625_21315697.jpg

ヒカゲチョウの仲間 Aphantopus hyperantus?
d0054625_2149282.jpg

エゾシロチョウ 手元の図鑑では英語でBlack-veined Whiteと言うらしい。これって直訳するとスジグロシロチョウになってしまうような気が。
またヒメシロチョウもいたが、日本のものに比べると裏面が黒っぽい。
d0054625_220117.jpg

ちなみに、英語名では、Wood White、といって別に森林地帯に生息するわけでもなさそうだ。
d0054625_22132869.jpg

マツムシソウの仲間にもコヒョウモンモドキの仲間、ベニヒカゲの仲間が来ていた。
d0054625_22143493.jpg

コヒョウモンモドキの仲間(図鑑を見ても良くわからない)、少し後翅が黒っぽい
d0054625_2217269.jpg

ベニヒカゲの仲間、裏面も日本のものに良く似ている気がする。
ベニヒカゲの仲間は他にもいたが、図鑑を見ても名前は良くわからない。
d0054625_22175438.jpg

また、まるでドライフラワーのような花もあったが、そこにもベニヒカゲの仲間が吸蜜に来ていた。
d0054625_2222824.jpg


今回のスイスの山旅では、パルナシウス兄弟を見ることはできなかったが、雄大な風景、多くの花と蝶、ゆったりとした時間、十二分に満足できるものであった。また行きたいなあ。
[PR]

by toshi-sanT | 2005-12-17 22:33 | スイス | Comments(12)
Commented by banyan10 at 2005-12-17 23:00
最終回ですか。もっと続けて欲しいところですが、仕方ないですね。(^^;
最後にこれでもかと魅力ある蝶が並んでいますね。花も蝶も、その組み合わせも素敵です。
今までは海外の蝶はあまり気にしていませんでしたが、見に行きたくなりました。
Commented by thecla at 2005-12-17 23:24 x
banyanさん、こんばんは先日はお世話になりました。
もう少し続けたくとも、もうネタがありません(笑。
花と蝶というタイトルの割には、両方セットで並んだのは最終回だけになっちゃいました(^^;
Commented by kenken at 2005-12-19 00:28 x
スイス旅行、楽しませていただきました。最終回に出てきたコヒョウモンモドキの仲間、私はやっぱりこいつが一番好きかな。日本のものを黒く、渋くした感じですね。
白い花に黒褐色のベニヒカゲ、これは露出が最も難しいパターンですが、とても綺麗に撮れています。
Commented by nomusan at 2005-12-19 05:40 x
え~、もう最終回ですかぁ? 楽しませて頂いてありがとうございました。また今回は最終回を飾るにふさわしい内容ですね。改めて「花と蝶」の組み合わせを堪能させていただきました。私も敢えて選べば、コヒョウモンモドキの仲間に一票ですね、ま、無理に選ばなくても良いのですが(笑)。
Commented by thecla at 2005-12-19 21:22 x
kenkenさん、こんばんは
コヒョウモンモドキの仲間の渋さ、私もとても気にっております。
ほめていただいた、白い花とベニヒカゲですが、ちょっとレタッチで誤魔化しています(^^;
Commented by thecla at 2005-12-19 21:24 x
呑むさん、こんばんは
1枚目のヤグルマギクにアポロが止まっていれば最高だったのですが・・・ヒョウモンになっちゃいました。
やっぱりもう一回どこかでチャレンジするしかないか・・・・・と思ってます。
Commented by たにつち at 2005-12-19 23:28 x
いいですね~、最終回でしたか。長期連載お疲れさまでした。
やはり北方系の好きな私としては、毎回垂涎ものでした。
新たな展開にも期待しつつ・・・
Commented by thecla at 2005-12-19 23:54 x
たにつちさん、こんばんは
おつきあいいただきありがとうございます。
次の展開・・・えっ、春までどうしましょう、とりあえず、昔の写真でもひっくり返しますか。
Commented by furu at 2005-12-20 11:47 x
おじゃまします。
先日はありがとうございました。

うちの父が山と鉄道好きで、いつかアルプス登山鉄道に乗りたいと言っているのでその時のために参考にさせて頂きます。
今後ともよろしくお願い致します。
Commented by thecla at 2005-12-20 21:59 x
furuさん、こんばんは
こちらこそ先日は楽しませていただきました。
もし、お出かけの際はご連絡ください、義父母は毎年スイスに出かけていますので、何かお役に立てるかもしれません。
Commented by ダンダラ at 2005-12-21 23:13 x
こんにちは
遅ればせながら・・
スイス楽しませてもらいました。私もいつか行きたいと思っているので、その時には情報をお聞きしたいと思います。
いけるのは当分先になりそうなので、またいらして今度はアポロの情報もよろしくお願いします (^_^;
私は2枚目のヒョウモンに1票入れます。日本のヒョウモンとは若干斑紋が違うみたいですけど、狙い通りの写真が撮れたと言うことで・・
Commented by thecla at 2005-12-21 23:36 x
ダンダラさん、こんばんは
本当にアポロの情報もお教えできるようにしたいですね。あと2、3年のうちじゃないとすぐ子供たちもクラブ活動だ、受験だになって親と遊んでくれなくなってしまいそうですから。
ヒョウモンチョウはおっしゃるとおり、斑紋が若干違うように思うのですが、せっかく購入した図鑑は1種当たり1枚の写真がのっているだけなので、エレビア、ヒョウモン類はお手上げです。
次回はこの花にアポロの組み合わせを狙いたいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< つれづれの記(1) EOSS ...      2005年12月上旬 川崎市高津区 >>