フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 01月 14日

つれづれの記(4) 失敗画像

一部でボツ画像が話題(笑)になっていたのでそれに便乗して失敗画像を公開。
昨年5月に白馬を訪れた際に、イエローバンドの飛翔写真に挑戦したが、林内だったため大量のピンボケ&ブレ画像を生産したに止まった。
d0054625_2224638.jpg

イエローバンドの飛翔 2005年5月長野県白馬村
イエローバンド独特の外側の黄色い縁取りが浮き上がるような感じで、ちゃんと撮れていればなあという一枚。
今年は、是非再トライしたい。

2003年の3月、神奈川県藤野町の山を訪れた。山頂付近のイヌブナでフジミドリシジミの越冬卵を見つけた。標高も高くなく、神奈川のこんなところでは結構珍しいのではないかと証拠写真を撮影してみた。
当時はフィルムカメラを使っていたため、現像してみて残念、ピントがあっていなかった。
d0054625_22242865.jpg

フジミドリシジミ越冬卵 2003年3月神奈川県藤野町 

口直しに、白馬のイエローバンド
d0054625_23193036.jpg

[PR]

by toshi-sanT | 2006-01-14 23:20 | | Comments(8)
Commented by kenken at 2006-01-14 23:57 x
バンド、綺麗に撮れていますねぇ。これはまだカタクリの花に飛来した瞬間かな。吸蜜を開始すると、花に頭を突っ込んでしまって、なかなか翅全体にピントを合わせるのが難しくなりますよね。
Commented by thecla at 2006-01-15 00:30 x
kenkenさん、こんばんは
まだ気温が上がっていなかったのか、カタクリの花に止まって日光浴をしているところです。このまま吸蜜はせずに飛びました。
逆光気味ですが、頭を突っ込んで吸蜜しているシーンを5月に掲載していますので、よろしかったらご覧ください。
Commented by banyan10 at 2006-01-15 13:18
イエローバンド、写真でははっきり分かるのですが、野外で見てすぐに分かるのでしょうか?
暗い場所での飛翔写真は難しいですね。今年はピントばっちりの写真を見せて下さい。
フジミドリシジミの卵は持ち帰らなかったのですね。撮り直しできずに残念でした。
Commented by thecla at 2006-01-15 13:57 x
banyanさん、こんにちは
イエローは、静止すれば野外で見てもすぐわかると思います。もっとも私の場合、最初は確信を持てず、モニターをチェック(CANONは拡大が出来ます)して、確信したしだいです。
1回見ると後は眼が慣れてすぐわかるようになりました。
おっしゃるとおり、フジミドリの卵はそのまま置いてきました。デジカメだったらその場で確認できるから良かったんですが。
Commented by 霧島緑 at 2006-01-15 23:45 x
イエローバンド、この写真は衝撃的でしたね。こんな写真を是非撮ってみたい!
フジミドリのこの記事は参考にさせていただきます。奥多摩辺りでもかなり低標高地でイヌブナが自生している場所もあり、探してみようかと思っていたところです。
Commented by thecla at 2006-01-16 00:41 x
霧島緑さん、ありがとうございます。
前から、結構低標高地でもイヌブナさえ生えていればいるのではと思って、山歩きの途中で2,3本ヒコ生えをひっくり返すということを時々やってました。
他では見つけていませんが、是非見つけてください。
Commented by たにつち at 2006-01-20 20:19 x
最後の画像には、やはりハッとというかドキっとさせられますね。
でも、貴重さから言えば、お話に聞いていた、丹沢のフジミドリのほうがあげられるのでしょうね。
卵探し・・・今年は寒すぎて・・・(TT)
Commented by thecla at 2006-01-20 23:17 x
たにつちさん、ありがとうございます。
今年の冬は、スキーと丹沢近辺の低山歩きと思っていたのですが、寒すぎて・・・・「冬眠」です(^^;
フジ探しは、霧島緑さんにおまかせします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< GX8その後      2006年1月上旬 群馬県片品村 >>