フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 04月 22日

2006年4月下旬 長野県中信地方 カタクリとヒメギフチョウ

中信地方にカタクリとウスバサイシンが混生する場所があるという。ヒメギフチョウもいるらしいので、これは行っていねばなるまい。
早起きして、中央道をひた走る。途中のPAで休憩を取りに外に出てみると、寒い。思ったより気温が低いようだ。
ちょっと迷ったが、9時30頃にはカタクリの群落地に着いた。カタクリはちょうど見ごろのようで期待に胸が膨らむ。しかし、10時を過ぎても吐く息が白く、肌寒い。太陽は出ているが、うっすらと雲がかかっているため、中々気温があがらないようだ。
これはまずいかもしれないと思いながら、少し周囲を見て回るとブッシュからヒメギフチョウが飛び出して止まった。
d0054625_22175274.jpg

CANON EOSS Kiss D 28-200mm
とりあえず姿を撮影できたのでほっとして、カタクリ群落に戻ると羽化したばかりのヒメギフチョウがぶら下がっている。
d0054625_2222408.jpg

CANON EOSS Kiss D 28-200mm
カタクリに混じって、ウスバサイシンが生えており、カタクリ群落の中で発生しているようだ。
良く見ると、カタクリにぶら下がって翅を伸ばしている個体もいた。
d0054625_235712.jpg

CANON EOSS Kiss D 28-200mm
さすが、カタクリ群落の中で発生するヒメギフは一味違うと思っていたら、植木鉢がひとつ。
地元の方に聞いたところ、観察しやすいように蛹を植木鉢にミズゴケと共に入れているらしい。それが今日ちょうど羽化し、蛹から出て来た個体を周囲の人達が翅を伸ばしやすいようにカタクリに移したのだった。
まあ、一種やらせに近いものがあるが、植木鉢以外にも地面を歩いている羽化個体もいたし、カタクリの花にぶら下がって翅を伸ばす個体が本当にいてもおかしくないところではある。
気温が上がらずカタクリにぶら下がったまま動かないため、近接接写の絶好のチャンスと割り切って撮影することにする。
d0054625_22311957.jpg

Caplio GX8
d0054625_230323.jpg

Caplio GX8
縦広角にもチャレンジ。
d0054625_2384951.jpg

Caplio GX8
待つこと1時間以上、やっと翅を開いてくれて、結構迫力のある画像が撮れた。
d0054625_23105261.jpg

Caplio GX8
他のシーンも撮影したかったのだが、気温があまり上がらず、活性は低いまま。2時前にはあきらめて帰宅した。吸蜜ではないのが残念だが、満開のカタクリを背景にした画像を充分堪能することが出来た。
恒例の息子の作品
d0054625_23152783.jpg

Caplio R4
[PR]

by toshi-sanT | 2006-04-22 23:23 | | Comments(24)
Commented by nomusan at 2006-04-22 23:40 x
お~・・・・ヒメギフですかぁ、綺麗ですねぇ、エエですねぇ。広角、エエですねぇ~、雰囲気がばっちりでてます。植木鉢のお話は、まぁご愛嬌と言うことで・・・(笑)。う~む、目が覚めてしまったなぁ。
Commented by thecla at 2006-04-22 23:50 x
nomusanさん、ありがとうございます。
植木鉢の話は、蛹の数も多くは無く、また飼育しているわけではないようなので、まあ笑い話ということで。
これがないと最初の1カットで終わってしまったかもしれません(^^;
Commented by ダンダラ at 2006-04-23 00:01 x
今日はどうされたかと思っていましたが出撃されたのですね。
なかなか良い場所のようですね。カタクリとヒメギフの混成地はそう珍しくはないでしょうが、近場という事でしょうか。
満開のカタクリにヒメギフチョウ・・曇りで動きが鈍ければ私なら自分でやっていたかな。
いくつも個体が見られたと言う事で素晴らしい場所を見つけられましたね。
それにしても地元の人は野外で蛹を見つけているのですか。それもすごいですね。
Commented by thecla at 2006-04-23 00:48 x
ダンダラさん、こんばんは
上手く言えないのですが、人家裏に近い場所であまり広くないカタクリ群落の中にウスバサイシン群落が混じり、その辺をとことこ羽化したばかりのヒメギフが歩いているという雰囲気が、私の知っているヒメギフ産地とは大きく異なって、珍しいと感じただけかもしれません。
蛹の件は深く考えなかったのですが、純粋な野外で見つけるのは難しいですよね。数はそれほどなかったので飼育しているような感じでもなかったです。
ただ、まさに庭のような場所にもウスバサイシンがあり、この一角に卵を産んでいれば探せるかもと思った場所もあり、ふ~んと思ってしまいました。
Commented by furu at 2006-04-23 02:01 x
これはまた美味しい場面に巡り会えましたね。
広角も良いですが、2枚目のぼんやりとカタクリを入れた技ありの構図が素晴らしいです。
今回はお父さんの勝ちですね。
Commented by maeda at 2006-04-23 06:24 x
ヒメギフ、綺麗です。
もうすぐこちらでも見られると思います。
「見つけた蛹を」‥どうやって見つけているのでしょうね?
これまで何度か蛹の撮影を試みているのですが見つかりません。
Commented by usubasiro at 2006-04-23 10:51
やはりカタクリとギフの仲間は相性がいいですね。
個人的には後ろにカタクリの淡いピンクのボケが美しい二枚目の写真が好きです。来週こそヒメギフの撮影に行きたいです。
Commented by banyan10 at 2006-04-23 11:46
いろいろなポイント知っていますね。いつも感心します。
気温が上がらない中で素晴らしい成果ですね。条件が良ければどれくらい飛ぶのか気になりますね。
カタクリが背景に多い広角は理想的ですが、カタクリの色が淡くなってしまうのはGX8の特性でしょうかね?
Commented by thecla at 2006-04-23 13:59 x
furuさん、ありがとうございます。
実は、2枚目は右側に余分なもの(植木鉢!)があって、それが入らないように撮るのがフォーカスポイントの関係上難しく、最初からちょっとだけトリミングするつもりで撮影しました。
ですので、これもご愛嬌ということで(^^;
Commented by thecla at 2006-04-23 14:04 x
maedaさん、こんにちは
北海道のヒメギフ、あと一週間くらいでしょうか。楽しみにしています。
蛹の件は、ご本人がいらっしゃらなかったので伝聞の伝聞みたいな情報なので、本文を少し修正しました。
来年になってしまうと思いますが、産卵期も含めて再訪したいと思っているので、ご本人がいらっしゃれば是非どうしているのか聞いてみたいと思います。
Commented by thecla at 2006-04-23 14:08 x
usubasiroさん、ありがとうございます。
2枚目は、マクロらしいボケ具合がイメージに近く撮れたので、結構気に入っています。
ヒメギフはちょっと遅めそうなので、来週以降まだまだチャンスがいっぱいありそうですね。頑張ってください。
Commented by thecla at 2006-04-23 14:16 x
banyanさん、こんにちは
大体の場所がわかれば、後は行ってから考えようという大雑把な考え方がいいみたいです(はずれも多いですが)。
どうもGX8は全体に青みがかってしまう傾向が強いような気がします。
デジイチで撮ったのは、最も赤みが強い花だったのはあるのですが、大分イメージが違います。
補正の仕方によっては工夫できるのかもしれませんが、私には出来ません(^^;
Commented by ヘムレン at 2006-04-23 15:46 x
はじめまして(じゃないかもしれませんが)。ヒメギフチョウ・・いいですね。私も5年ほど前まで長野県安曇野に住んでいたので、ヒメギフチョウは毎年の楽しみでした。東京に戻ってからは、なかなか行けないのでちょっと欲求不満気味です(^^;)。いい写真ばかりで、感動します。これからもよろしくお願いいたします。信州はヒメギフの産地は多いですから、GWすぎまであちこちにピークがあります。
Commented by miyagi at 2006-04-23 16:18 x
theclaさん 好きなように撮り放題って感じですね☆
2枚目のはカタクリの花のボケ具合でいいムードになってますね。と3枚目、花の色といい、ヒメギフの絹の衣のような翅の華やかな色といい、とてもいい感じです♪
Commented by kenken at 2006-04-23 16:24 x
こりゃまた新鮮なヒメギフですね。
この日は結構寒かったのではないでしょうか。
寒いと活動が鈍くて撮影し易いのですが、寒すぎると吸蜜しないし、
なかなか難しいものです。
息子さんのR4、さっそくの活躍ですね。なかなかの才能では?
GX8の広角はさすがに迫力満点です。
Commented by thecla at 2006-04-23 16:51 x
へムレンさん、はじめまして(かな?)
安曇野にいらっしゃったことがあるのですか。私も大分前、ちょっとだけ信州に住んだことがあるのですが、中でも安曇野は素晴らしいですね。
GWにまた信州まで出かける予定です。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by thecla at 2006-04-23 16:56 x
miyagiさん、ありがとうございます。
迫力には欠けますが、生態写真およびバランスとしては、3枚目くらいの方がいいのかもしれませんね。
次からは、逃げられる前にまず一枚撮っておくことにしようと思います。
撮り放題の代わりに失敗画像も大量生産です(笑)
Commented by thecla at 2006-04-23 17:05 x
kenkenさん、こんにちは
太陽にもうっすらと雲がかかる状況で、寒かったですね。多分12時過ぎに10℃をちょっと超えた程度ではないでしょうか。
動かなくて、思い切った近接撮影が出来たのはいいですが、それ以外はさっぱりでした。まあ贅沢いってはいけないのでしょうが。
息子のR4は結構いいみたいです。良く見ると、頭の後ろに蛹の殻がついているみたいですし。
Commented by chochoensis at 2006-04-23 18:45 x
theclaさん、ヒメギフチョウ綺麗に撮影できましたね・・・どの写真を見ても構図、ピントともに素晴らしくてため息が出てしまいました。羨ましい限りです・・・。おめでとうございました。
Commented by thecla at 2006-04-23 19:27 x
chochoensisさん、ありがとうございます。
とにかく動きが無かったので、あれこれ微妙に変えて撮影してみました。おかでげ変な体勢をとったせいか、思いっきり筋肉痛です(^^;
気がつくと息子と2人で500カットほど撮っていました。おかげでボツ画像の山が(爆)
Commented by 霧島緑 at 2006-04-23 20:59 x
ヒメギフ撮影、おめでとうございます。
羽化して間もない初々しい個体は本当に綺麗ですね。その美しさが十二分に写し込まれていて、早く行ってみたい衝動に駆られてしまいます。
Commented by thecla at 2006-04-23 21:12 x
霧島緑さん、ありがとうございます。
目の前で羽化してきたので綺麗に撮れました。動かないのでまた一層(^^;
もうじきGWですね。どちらに行かれるのでしょうか。
Commented by 愛野緑 at 2006-04-24 21:47 x
ヒメギフ撮影おめでとうございます。思い切って出かけられて正解でしたね。羽化したてということでどれも翅が柔らかそうで、風にしなってしまうようですね。カタクリとギフ(ヒメギフ)は絵になりますね~。
Commented by thecla at 2006-04-25 00:03 x
愛野緑さん、ありがとうございます。
やっぱり出かけてみないと何もはじまりませんね。とにかく出かけてみるという判断が大事ですね。
動きのある画像は撮れなかったのですが、カタクリとヒメギフの画像が撮りまくりですから行った甲斐は充分あったと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 信州のカタクリとヒメギフチョウ...      東京都町田市-その他の春の蝶 >>