2006年 06月 10日

2006年6月上旬 長野県北部

週末の天気予報は、梅雨入りしたというのに信州方面は晴れ。早起きして出かけるが、思ったより雲が多い。昨年はがした親指の爪は大分生えてきたのだが、かえって深爪をしたようになってしまって長距離を歩くのが不安なので、前回大雪に負けたお手軽ポイントに向かう。
雪は大分解けており、いい感じだが、日が差さない。現れるのは、スジグロと越冬明けのキベリタテハと採集者。ここは非合法のはずなのだが、網を持ったまま堂々と登山道を行ったりきたり。
昼ごろまで待つが、一向に日が差さず、スジグロすら飛ばなくなってしまったので、車の近くまで戻り、撤収するかどうか考えることにした。皮肉なことに車まで戻ると日が差してきた。
日差しに誘われて出てきたのは、クモツキでもクマツキでもなく、ただのサルだった。
d0054625_2157311.jpg

戻ろうかと思ったが、これまた駐車場から網を持ったまま堂々と上に向かう人が一名、駐車場で網を持ったままうろうろする人が2名ほど。どうやらここは採集者の聖地のようだ。
こんな居心地の悪いところはごめんなので、あきらめてヒメギフの幼虫でも観察して帰ることにする。
春にヒメギフの産卵を撮影した場所につくと、まだウスバシロチョウが見られた。
d0054625_2201338.jpg

ウスバシロチョウ吸蜜
くもの巣に3頭がまとめて引っかかっていた。
d0054625_222309.jpg

帰るときに見たら2頭になっていたので1頭は脱出できたようだった。
その後、春に産卵を撮影した場所に向かった。下草が伸びていて印象が大きく異なるが、ほどなく食痕のあるウスバサイシンが見つかった。葉を裏返すと、ヒメギフの幼虫が見つかった。
写真を撮ろうとしたら葉から落ちてしまったので、やらせ写真だが表側に乗せて撮影した。
d0054625_2221396.jpg

ヒメギフチョウの幼虫
車に戻り、ウスバシロチョウと遊んでいると、ヒメシジミがいた。
d0054625_22312759.jpg

開翅も撮影できた。
d0054625_22332493.jpg

サムライ・ブルー!
こういう日は、さっさと帰ってW杯でも見よう。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-06-10 23:24 | | Comments(24)
Commented by ainomidori443zeph at 2006-06-10 23:37
ウスバシロは標高が上がるとかなり遅くまで見られますよね。
それにしても、3頭もクモの巣にかかっているとは、ウスバシロがウスバカなのか密度が濃いのか?

ヒメシジミは早いですね。
ヒメシジミのホワイトバンドみたいでとても綺麗ですね。

採集者がいるところは、話しかけて蹴散らすか、こちらからサルのも知恵?
Commented by thecla at 2006-06-10 23:55 x
愛野緑さん、こんばんは
くもの巣は少し高いところにあって、最初は空中でホバリングしているのかと思ったほどでした。ちょうど飛翔する高さだったようです。
最初の2人くらいには話しかけてお引取りいただきましたが、そのうち嫌になって「サル」知恵にしました(^^;
Commented by M.F at 2006-06-11 00:35 x
天気予報は“晴”でしたが“大嘘つき”だったようですね。善光寺平では一度も青空が出ませんでした。それにしてもネットを振り回す御仁の多さには困ったものです。楽しみは先に、ぜひ来週はリベンジしましょう。
Commented by maeda at 2006-06-11 06:23 x
一度だけ私もヒメギフ幼虫を捜したこと有りますが、春と違って藪になっており幼虫は驚いて地面に落ちてしまいました。
こちらは蚊にやられたりと散々な思い出があります。
新鮮なヒメシジミ綺麗ですね。
Commented by chochoensis at 2006-06-11 09:28
theclaさん、今でも昆虫採集は盛んなのでしょうか・・・そんなに採集する人が居るんですね・・・法律違反なのでしょう?ところで、「ヒメシジミ」とても綺麗に撮影されていますね・・・私は、未だ綺麗に撮影できていません、羨ましいです。
Commented by thecla at 2006-06-11 09:28 x
M.Fさん、おはようございます。
天気予報が晴れに変わったので喜び勇んで出かけたのですが・・・。
爪の調子、風邪の具合もだいぶ良くなったので来週よろしくお願いします。あとは天気(^^;
Commented by thecla at 2006-06-11 09:41 x
maedaさん、おはようございます。
ここも下草が繁茂していて、場所をピンポイントで知らなかったら見つけられなかったと思います。幸い短時間で見つけられたので蚊の襲撃にはあいませんでした(^^;
曇り空の下での出たてのヒメシジミ、本当に綺麗でした。
Commented by thecla at 2006-06-11 09:47 x
chochoensisさん、ありがとうございます。
採集者の方々はみな分別ざかりの方たちばかり、非合法にもかかわらず、ネットを持ったまま一般登山客もいる登山道をうろうろ。
これで、昆虫採集害悪論に対して説得力があるのかどうか・・・。クモツキに関しては合法的な場所がたくさんあるわけですから。
Commented by banyan10 at 2006-06-11 11:10
僕の方は山歩きでしたが、晴れの予報で喜んだものの、雲が多くて寒いくらいでした。この時期の予報は当てになりませんね。(^^;
採集者の聖地も困ったものですねえ。
ヒメギフの幼虫はちょうど終齢でしょうか。
僕はギフの幼虫の撮影のときに、葉を持ち上げた状態で何とか撮影しましたが、それもやらせには違わないので、撮影しやすい場所へ移動させれば良かったと思いました。(^^;
Commented by thecla at 2006-06-11 17:16 x
banyanさん、こんにちは
この時期の天気は難しいですからしょうがないですね。
ヒメギフ幼虫は、大きさからすると終齢になったばかりではないかと思っています。
葉裏にいるものは葉裏にいることがわかれば、「生態写真」、普段いない表に置いたら「やらせ」ということにしています。ってあんまり難しく考えても仕方ないですね。何せ、落っこちちゃったものですから。
Commented by kenken at 2006-06-11 22:08 x
あらら・・・長野県のクモツキは・・・私、そういう方に出会うと、採集者を採集(撮影)してしまいます。(笑)
非合法採集の現場を見ようものなら、自分のために面と向かって注意します。「あなた方のような虫屋がいるので、虫屋の私が迷惑受けてるんだ」って。困ったもんですなぁ。
ヒメシジミ、いいですなぁ。
Commented by thecla at 2006-06-11 22:47 x
kenkenさん、こんばんは
単独の採集者の場合だといいんですが、二人以上のグループの場合だと、こちらは子連れのためちょっと注意しづらいときがあります。
逆切れされてもねえ(笑)、見た目は私の方が柄が悪いという話もありますが(爆)
この日は、正直きりが無いという感じでこちらが「サル」ことにしました。
Commented by fanseab at 2006-06-11 23:43
ヒメシジミの縦位置広角いい味ですね。写真から曇り空の湿度が感じられます。撮影ポイントは高層湿原が乾燥化しつつあるような感じで気持ち良さそうですね。
Commented by thecla at 2006-06-12 00:20 x
fanseabさん、ありがとうございます。
中心部はミズバショウ、リュウキンカなどが春に咲いていましたが、この撮影ポイントあたりは徐々に草原化に向かっているようです。
ちょうど湿原の縁あたりには蕨がたくさん出ていて、地元の方が蕨を取りに来ていました。
Commented by たにつち at 2006-06-12 21:08 x
お疲れさまでした。もうヒメシジミ・・・そうですか、6月ですもんね。
今集末にこそお祈りしています・・早く今の病気が治りますよう(笑
>こちらが「サル」ことにしました。
おお!んまい!座布団上げましょうか?
Commented by thecla at 2006-06-12 21:32 x
たにつちさん、こんばんは
今週末こそ、ギャグ路線ではなく、今の病気を治したいものです。
まだ、根回しが済んでませんが・・・。
Commented by 霧島緑 at 2006-06-13 00:24 x
本来、居るはずのない場所に採集者を見かけたときほど、同じ蝶に趣味に持つものとして考えさせられますね。その場を後にしたtheclaさんの気持ちを察します。
撮影者の聖地は残雪が多いようです。まだまだこれからが旬ですよ。
Commented by ダンダラ at 2006-06-13 07:52 x
北アルプスは今年は読みが難しいみたいですね。
採集者にはほんと嫌になりますね。先日の南アルプスにも採集者がいましたが、撮影に適したたった1頭の♂だったのでゆずりませんでした。
採集禁止の場所なら、なおさらですね。
ヒメギフの幼虫、この時期は数も少なくなり、単独行動になるので見つけるのはなかなか難しいと思いますが、貴重な写真だと思います。
Commented by miyagi at 2006-06-13 12:39 x
theclaさん ウスバの吸蜜、黄色い花びらが透けてみえてなんとも良い感じです。ヒメシジミの閉翅、曇天ながら、黄色い花や紅い茎の色とあいまって華やいだ雰囲気☆開翅のブルーが素晴らしい!
Commented by ヘムレン at 2006-06-13 19:22 x
採集者がそんなにいるんですね。困ったものです。ヒメシジミはやいですね。信州を代表する蝶のひとつですね。ブルー御三家の中でも、一番高原が似合うブルーですね。
Commented by thecla at 2006-06-13 23:48 x
霧島緑さん、こんばんは
採りたい気持ちも理解するつもりですが、ならば、人のいないところへ行けばいいじゃないか、それぐらいの情熱があるのなら多目に見ても・・・と思いますが、人目の多い安易なところを選ぶのでは、真の愛好家とは呼べないですよね。
撮影者の聖地は、今年は時期の読みが難しそうですね。
Commented by thecla at 2006-06-13 23:53 x
ダンダラさん、こんばんは
ここももう少し後でも標高をあげて楽しめそうですが、もう2度と行かないと決めました。まあ、お手軽ポイントを来年また探す楽しみがあると割り切ることにします。
ヒメギフ幼虫は、今回ピンポイントで産卵場所を把握していたので探せましたが、そうでなければ、最初から探す気にならなかったと思います。
Commented by thecla at 2006-06-13 23:56 x
miyagiさん、ありがとうございます。
クモツキ狙いだと、はずすと何も撮影できないと思っていましたが、ヒメシジミが出てるかもと思い早めにあきらめ切り替えました。
1頭だけですが、ヒメシジミが期待通り出ていたので、慰められました。
Commented by thecla at 2006-06-14 00:02 x
へムレンさん、こんばんは
有名ポイントとは微妙に違うところだと思っていたのですが、そうではなかったようです。でもねえ・・・・。
ヒメシジミは信州の高原に行くとまだたくさんいるので、つい軽視してしまいますが、やっぱり綺麗な蝶だと改めて認識しました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2006年6月中旬 町田市、横...      2006年6月上旬 長野県東信地方 >>