フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 07月 04日

2006年7月上旬 北海道遠征1日目(1) ウスバキチョウ

W杯日本代表戦、青いレプリカユニホーム(ただし2002年版)を着てTVの前で燃えていたが、不完全燃焼に終わった。しかも黄色いユニホームに思いっきりやられてしまった。
この思いをどうしよう・・・・、そうだ北へ行こう、20年ほど前に色褪せたものしか撮影できなかった黄色のあいつを撮影してすっきりしよう。
ということで急遽、北海道遠征を決意した。金曜日、きっちりお仕事をした後、20時過ぎの便で羽田を発ち、夜は札幌泊まり。翌日は4時30分に24時間営業の営業所で車を借り、いざ大雪山に向け出発!
登山口に着いたのは7時半、登山者名簿に記載すると蝶の観察記録のMさんはもう登っているようだ。
慌てて、後を追うが、気持ちばかりがあせり、ハードスケジュールもあり、息が荒い。雪渓は雪の量が多く、斜度の急なところもあるが、気温が高いせいか、柔らかい。持ってきた軽アイゼンは不要だった。
ポイントに辿り着くと、カメラを持った人が数人先着していた。その中に家族連れは一組だけ、すぐにMさんと会うことが出来た。Mさんは早速ダイセツタカネヒカゲの交尾個体を発見し撮影しているところだったので、挨拶もそこそこ撮影に参加させていただく。
その後、Mさんから、FieldのFさんを紹介していただく。Fさんのアウトドア日記は「Field Note」。ということで本家(笑)Fさんと「フィールド」対決などといいながら、その後合流した花写「うつろう季節」のMさんも含め楽しく時間を過ごすことが出来た。

さて肝心の「イエロー」はというと、もうぶんぶん飛び回っていて中々止まらない。登山道脇にはロープが張ってあり、立ち入り禁止。そこで長玉で遠くから狙うことになる。
そのため、地面に静止した個体は、このように角度のない画像になりやすい。
d0054625_23533615.jpg

ウスバキチョウ 静止 CANON Eoss Kiss D SIGMA 70-300mm
それでも羽化したばかりの濃い黄色が撮影出来て十分に満足できた。
また、交尾嚢は確認できなかったが、色鮮やかな赤紋と腹部の感じから、交尾済みのメスも綺麗に撮影できた。
d0054625_003236.jpg

ウスバキチョウ(♀) 静止 CANON Eoss Kiss D SIGMA 70-300mm
10時前後から日光浴さけでなく、イワウメなどに吸蜜に訪れるようになった。
d0054625_042257.jpg

d0054625_014930.jpg

ウスバキチョウ 吸蜜 CANON Eoss Kiss D SIGMA 70-300mm
中々登山道近くに止まってくれないが、300mm+トリミングでそこそこの吸蜜シーンが撮れた。
最大の目的である鮮やかな黄色を撮影できて、とても楽しい遠征初日(といっても2日間だけだが)だった。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-07-04 00:35 | | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://thecla.exblog.jp/tb/3338169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by maeda at 2006-07-04 08:53 x
とても綺麗に撮れていますね。
嫁にも300mm持たせようかな?しかし腕の問題もあるし。
しかし美しい!
Commented at 2006-07-04 19:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ヘムレン at 2006-07-04 21:08 x
いいですね~。バキ!キレイです!おめでとうございます。苦労した甲斐がありましたね。すばらしいです。
Commented by thecla at 2006-07-04 22:41 x
maedaさん、ありがとうございます。
300mmは2万円台の購入価格ですから、完全に元を取った気がします。値段の割には、発色もいいし拾いものでした。
しばらく常用レンズはこっちに変更です。
Commented by thecla at 2006-07-04 22:43 x
へムレンさん、ありがとうございます。
色褪せたウスバキは、大昔に撮影したことがあったのですが、念願のまっ黄のものが撮影できたので満足です。強行軍の甲斐がありました。
Commented by 霧島緑 at 2006-07-04 22:49 x
初日から素晴らしいショットの数々。
まだ初々しいウスバキのイエロー、こりゃたまらないですね。
天気といい、発生期もピッタリ、大雪の神々に感謝ですね。
Commented by thecla at 2006-07-04 22:52 x
霧島緑さん、ありがとうございます。
飛んでいるときからイエローの鮮やかさが良くわかりました。本当に大雪の神々に感謝です。
Commented by kenken at 2006-07-06 00:33 x
イワウメにバキ、これはやはり定番でよいです。
「日本の天然記念物」って雑誌が数年前に発刊されましたが、その号のオマケの海洋堂のフィギュアもこの組み合わせでしたね。
確かにSIGMAの70-300mm良い発色ですなぁ。
Commented by thecla at 2006-07-06 00:44 x
kenkenさん、ありがとうございます。
そうです、「日本の天然記念物」私も買いました。そのときからイワウメに綺麗なバキを是非撮影したいと思っていました。
次に撮りたいのがエゾノツガザクラとバキだったのですが、エゾノツガザクラはほとんど咲いていませんでした。
常用レンズは、SIGMA70-300mmに変更です。
Commented by 愛野緑 at 2006-07-07 00:12 x
「日本の天然記念物」私も買ってしまいましたね・・・。
「いつかは、ウスバキ」
こんな写真を見せられると、クラウンよりウスバキですね(^^;
Commented by thecla at 2006-07-07 00:31 x
愛野緑さん、こんばんは
やっぱり「日本の天然記念物」買ってらっしゃいましたか。
あれは写真も綺麗だし、ウスバキへの思いを掻き立てられました。
Commented by chochoensis at 2006-07-07 05:58
theclaさん、「ウスバキチョウ」素晴らしいシャープな写真にしびれます。黄色がの色が素敵ですね!一度でよいから観察してみたいものです。おめでとうございます。
Commented by thecla at 2006-07-07 23:16 x
chochoensisさん、ありがとうございます。
20年ほど前に撮影したときは、だいぶ色褪せた個体しか撮影できなかったので、この黄色を是非撮影したかったのです。
この黄色が飛んでいる大雪の高山は、本当に神々の庭です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2006年7月上旬 北海道遠征...      北海道強襲! >>