2006年 07月 04日

2006年7月上旬 北海道遠征初日(2) ウスバキチョウ飛翔写真にチャレンジ

ウスバキチョウは、ウスバシロチョウに比べ飛び方が直線的でしかも早い。しかも気温が高いため、中々静止しなくなった。
体の回りをまとわりつくように飛ぶが、長玉のため手が出せず眺めるのみ。そこで飛翔写真にチャレンジすることにし、28-200mmに切り替えた。ところが、そうすると今度はこちらの射程距離をわかっているかのように遠距離でゆっくり吸蜜をする。慌てて長玉に付け替えるとそのときには、もう飛び立って、今度は体の近くを飛び回る。
ちょうど、イエローのユニホームに「ゴール前を固めれば、ミドルシュートを決められ、アタックに行けばスルーパスを通される」そんな感じ。
そこで、腹を括って70-300mmの200mm側(マクロモードが200~300mmでしか使えないため)で飛翔写真にチャレンジすることにした。200mmを覗きながら、マニュアルで飛翔物体にピントを合わせるのは正気ではない。シャッターを押す前に視界から見失うことばかりだが、幸いに飛び回る個体数が多く、チャレンジの機会は多い。そのため、ごくわずかだが、トリミングすれば何とか使えそうなものが撮れた。
d0054625_2317467.jpg

ウスバキチョウ 飛翔 CANON Eoss Kiss D SIGMA 70-300mm(200mm)
d0054625_23185138.jpg

ウスバキチョウ 飛翔 CANON Eoss Kiss D SIGMA 70-300mm(200mm)
その中に、PCで拡大すると他の個体が写っているものがあった。羽化直後の個体に求愛しているようだ。
d0054625_2321399.jpg

ウスバキチョウ 求愛 CANON Eoss Kiss D SIGMA 70-300mm(300mm)
残念ながら、撮影しているときに下の個体には気がつかなかったため、視線をはずしてしまい場所がわからなくなった。ひょっとしたら交尾していた個体にからんだのかもしれないのでもったいないことをした。
また、2頭がからんで地面に落ち交尾に発展した光景も目撃した。しかし、登山道から離れすぎ、300mmでもごく小さくしか写らないし、角度も悪い。それでも何とか証拠写真にでもならないかとシャッターを押し続ける。
交尾個体に3頭目がからんでウスバキ団子のようになった状態がかろうじて写っていた。
d0054625_23301872.jpg

ウスバキ団子 CANON Eoss Kiss D SIGMA 70-300mm(300mm)

結局、飛翔写真では、偶然静止個体が飛び立った瞬間が写ったのが一番まともだったかもしれない。
d0054625_23341133.jpg

ウスバキチョウ 飛翔 CANON Eoss Kiss D SIGMA 70-300mm(300mm)
[PR]

by toshi-sanT | 2006-07-04 23:37 | | Comments(20)
Commented by maeda at 2006-07-05 12:18 x
マクロでの飛翔はすごいですね!
私には真似できません。広角なら深度が深いので私にも撮れているのです。
来年から柵のわき道を1-2本作って欲しいですよね。
Commented by banyan10 at 2006-07-05 13:22
300mmでも結構撮れるものですね。
1枚目も2枚目も見事です。
下の吸蜜もいいですね。黄色いのが羨ましいです。
強行軍もこれだけ撮影できればいいですね。
Commented by nomusan at 2006-07-05 22:21 x
これでもか!ウスバキチョウ、楽しませていただいております。飛翔画像は本当に凄いですね。他の2種に比べて飛翔速度がかなり速そうなのが画像からも伝わってきます。エエもん見せていただきましたぁ・・・・。まだまだ楽しませてください。
Commented by thecla at 2006-07-05 22:52 x
maedaさん、ありがとうございます。
望遠で狙うときは、多少飛翔速度が速くても直線的に飛ぶチョウの方が、見失いにくいような気がしています。半分やけくその産物ですが(^^;
正直観察路の枝道を作って欲しいですね、わがままなんでしょうが。
Commented by thecla at 2006-07-05 22:57 x
banyanさん、ありがとうございます。
オープンスペースだったので、長玉でも何とかなったのだと思います。
やっぱり体力的にはかなりきつかったですね。ホソバウルップソウが撮影できるところまで登る気にはとてもなりませんでした。
これだけ堪能できれば、ホソバウルップソウはどうでもよくなりましたが、昔撮影しているし(^^;
Commented by thecla at 2006-07-05 23:01 x
nomusanさん、ありがとうございます。
初日のウスバキはこれで終わりです。でもしばらく続きますのでお付き合いください。
Commented by ダンダラ at 2006-07-05 23:05 x
1泊2日の北海道ツアーですか。
なかなか思い切れないですけど、良く実行されましたね。
この時期のウスバキはきれいで良いですね。
2枚目、200mmで良くピントが合いましたね。なかなか良いと思います。
Commented by thecla at 2006-07-05 23:50 x
ダンダラさん、ありがとうございます。
この時期の綺麗なウスバキが是非撮影したくて強行しました。
天気予報とニラメッコで飛行機の予約を入れる綱渡りでしたが、その甲斐がありました。
湯上りで一杯やりながら、画像確認して一人ニヤニヤしていました。他に誰もいないからいいものの、他の人が見たらさぞかし変なおやじだったことでしょう(笑)
Commented by kenken at 2006-07-06 00:36 x
いや、確かに皆さんお書きですが、200mmで飛翔狙ってみようというのがスゴイですなぁ。しかもウマク撮れている!普段から距離感の練習をされてましたぁ?
私もこの週末は飛翔写真を狙ってみよう。
Commented by thecla at 2006-07-06 00:47 x
kenkenさん、ありがとうございます。
200mmでの飛翔は、ゴールデンウィークのヒメギフについで二回目です。でもやってみると結構行けます。
ファインダー覗きながらの安心感が一番です。
Commented by kasya5 at 2006-07-06 20:22
先日は大雪で楽しい一時を過ごさせて頂きありがとうございました。
素晴らしい飛翔写真ですね。
望遠でこれだけの飛翔写真が写せるなんてその反射神経に脱帽します。
登山用の手頃な重さの望遠レンズがまた欲しくなってしまいました。
Commented by たにつち at 2006-07-06 20:56 x
なんでしょう、この目の痛くなる画像の数々・・・
maedaさんのところで、出撃されるのを下界から観察しておりました。
は~ためいきばかりです。
超望遠域を使っての飛翔撮影は、やったことがありませんでした。
すばらしい画が撮れるのですね。試してみたいです。
Commented by fanseab at 2006-07-06 22:12
2枚目の飛翔、サイコーですね。方向変換する瞬間の画像はどの蝶
によらず、迫力が出ますが、被写体が並みの蝶ではないので、この画像の貴重度は垂涎ものです。
Commented by thecla at 2006-07-06 23:43 x
kasya5さん、こちらこそ楽しい一時をありがとうございます。
HPとブログ拝見させていただきました。ホソバウルップソウはじめ稜線部も結構花が咲いていたんですね。いけばよかったかもとちょっと後悔しています。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by thecla at 2006-07-06 23:46 x
たにつちさん、こんばんは
オレンジ病をイエローで治療しに行きました(^^;
皆さんと違って何故か私の場合、広角ノーファインダーだと上手く撮れません。それで苦し紛れの望遠トライです。
もっとも翌日も調子にのってやってみたのですが、今度は全滅でした。
Commented by thecla at 2006-07-06 23:53 x
fanseabさん、ありがとうございます。
好天で中々止まらず、ただ眺めているのも癪なので、シャッターを押し捲ったのが良かったようです。
北の山の上で、多数の個体を追いながらシャッターを押す、それだけで無理をした甲斐があったと思います。
Commented by 愛野緑 at 2006-07-07 00:08 x
2枚目が良いですね。それとウスバキだんご。おいしそう!
層雲峡あたりのおみやげやで売ってそう・・・。
Commented by thecla at 2006-07-07 00:26 x
愛野緑さん、ありがとうございます。
さすがに、層雲峡のお土産やでも売っていませんでしたが・・。あっそうだ、売り出せばいいんだ、旅費回収のために(爆)
Commented by chochoensis at 2006-07-07 06:09
theclaさん、「ウスバキチョウ」の飛翔写真すばらしいですね!私には高嶺の花なのですが、ここまでチャレンジするという精神は見習わなくてはいけませんね・・・。凄いです・・・。
Commented by thecla at 2006-07-07 23:33 x
chochoensisさん、ありがとうございます。
大雪は行くこと自体が大変なのですが、無理して行った甲斐がありました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2006年7月上旬 北海道遠征...      2006年7月上旬 北海道遠征... >>