フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 07月 11日

2006年7月上旬 北海道遠征初日(6) シロオビヒメヒカゲ

林道入り口で白っぽい小さめなヒカゲチョウが降りてきた。中々静止しないが、飛んでいるときに裏面の白い帯が見えた。シロオビヒメヒカゲのようだ。
スイスの同種は撮影したことがあったのだが、日差しが強すぎて毛のふさふさ感が表現できず、今回是非撮影したい蝶のひとつだった。
一瞬草の上に静止したのだが、撮影する間もなく谷側に飛び去ってしまった。どうも道脇ののり面から飛来してくるようなので、そちらに行ってみる。足元から1頭が飛び出し、白い花で吸蜜を始める。しかし、草叢の中で草が邪魔で上手く撮影できない。草が邪魔にならない角度で撮ろうとしたら逃げられた。
そのとき後ろから声が、、FieldのFさんだった。事情を話し、鍵の空け方を教えていただいたが、・・・・開かない。
仕方がないので引き続きのり面でシロオビヒメヒカゲを追いかけ回すことにしたが、中々止まらない。やけになって長玉で飛翔写真を狙いながら、ストーカーのように追い回す。やっと静止してくれたが、斜面の上、少し遠いが何とか撮影出来た。白い帯が太くて綺麗だ。
d0054625_2222455.jpg

シロオビヒメヒカゲ 静止 CANON Eoss Kiss D SIGMA 70-300mm
不思議なもので1回撮影できると、吸蜜まで撮影できた。毛のふさふさ感も出せていい感じだ。
d0054625_22222957.jpg

シロオビヒメヒカゲ 吸蜜 CANON Eoss Kiss D SIGMA 70-300mm
長玉での飛翔写真はというと、ちゃんと写っているものがあった。上手い具合に翅の表が写っていた。
d0054625_22231499.jpg

シロオビヒメヒカゲ 飛翔 CANON Eoss Kiss D SIGMA 70-300mm
後翅表に赤い斑紋があるとは知らなかった。いいアクセントになっていると思う。
その時、また後ろから声が、今度は蝶の観察記録のMさんだ。十勝方面の帰り道の国道脇でいい歳したおっさんがごそごそやっていたら、そりゃ目立つわな。
Mさんから鍵の開け方をうかがい(Fさんからうかがったのと同じでした、ごめんなさい)、いざ林道に突入。
ところが、期待のヒョウモン類は何もいない。Mさんから温泉への林道でも全く見ていないと聞いていたので嫌な予感がしたのでが・・・当たってしまった。
その代わり、越冬明けのキベリタテハがわんさかいた。大きな蕗の葉に静止した個体を撮影したが、越冬明けとは思えない綺麗な個体で、これはこれでうれしい。
d0054625_22483057.jpg

キベリタテハ 静止 CANON Eoss Kiss D SIGMA 70-300mm
カラフトヒョウモンなどが撮影できなかったのは残念だったが、3種の高山蝶はじめ目的の種類の大部分を撮影でき、充実した気分で層雲峡の温泉宿へ向かった。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-07-11 22:54 | | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://thecla.exblog.jp/tb/3373764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chochoensis at 2006-07-12 07:18 x
theclaさん、憧れの「シロオビヒメヒカゲ」口ひげとか胴のあたりの毛がはっきり写っていてすばらしい写真ですね。シロオビヒメヒカゲの翅表の赤斑がとっても魅力的です。こういう場面を撮影できるなんて流石ですね・・・。
Commented by miyagi at 2006-07-12 10:41 x
theclaさん、<不思議なもので1回撮影できると、吸蜜まで撮影できた>
よくありますよね。1枚撮れて余裕が出来るとチョウまでリラックスするんでしょうか(^^;オレンジに黒い目玉、シロオビが綺麗ですね☆
Commented by banyan10 at 2006-07-12 13:20
意表をついてカラフトセセリなんてのもありますが、順当にシロオビヒメヒカゲでしたね。(^^;
あまり良い写真が撮れていないので、静止も吸蜜も羨ましいです。
カラフトヒョウモンはなかなか見れないですね。もう少し早い時期がいいのかもしれませんが、他の蝶を考えると難しいですね。
Commented by thecla at 2006-07-12 23:08 x
chochoensisさん、ありがとうございます。
林道に入れず、仕方がないので周囲を丹念に見て回ったのがかえって良かったようです。
普通だったら、草叢の中で望遠で飛翔を狙うことなどしなかったと思うので、何が幸いするかわかりませんね。
Commented by thecla at 2006-07-12 23:13 x
miyagaiさん、こんばんは
そうなんです、あんなに止まってくれなかったのに、急に撮影機会が増しました。
しかし、今から考えると、国道脇で長玉覗きながらうろうろ、相当変なおっさんだったような気が(^^;
Commented by thecla at 2006-07-12 23:17 x
banyanさん、こんばんは
当たり前すぎでしたかね(^^; でも、この時期だとシロオビヒメヒカゲの時期には少し遅いと聞いていたので、綺麗な個体が撮影できてうれしいのです。正直カラフトヒョウモンよりもこっちの方を撮影したかったのです。
Commented by parnassus at 2006-07-13 00:20
いいな・いいな・シ・ロ・オ・ビさん♪
もう、この天気と仕事の都合のつかない状況と、連日の蒸し暑さが重なっての欲求不満!!
どうしてくれるんですか~プンプン。
Commented by thecla at 2006-07-13 22:50 x
ありゃりゃ、たにつちさん、ストレスで壊れちゃいましたか~。
それとも『食い合わせ」が悪かったんでしょうか。
今週末も天気予報芳しくないですね。う~ん。
Commented by kenken at 2006-07-14 00:03 x
ほぉ~、長玉での飛翔写真きまってます。
シロオビの翅表のオレンジのアクセント・・・こんなに目立つんだぁ。
キベリもシロヘリではなく、キベリですね。
Commented by thecla at 2006-07-14 22:32 x
kenkenさん、ありがとうございます。
シロオビは飛んでいるときにもチラリとオレンジが見えるため、最初は、何じゃあという感じでした。
キベリも思った以上に綺麗なので、これまた何じゃあでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2006年7月中旬 丹沢方面      2006年7月上旬 北海道遠征... >>