フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 08月 15日

2006年8月上旬 ○○ミドリの誤求愛の観察

信州夏合宿の更新の前に、夏休み家族旅行の続き。
乗鞍高原では、日中レジャー施設で遊んだり、畳平に上がったりして過ごし、早朝と夕方の自由時間にゼフの撮影狙いでカメラを持って散歩した。
夕方の散歩のとき、小さなミズナラ林の中の少し開けた空間でゼフのテリ張り、卍飛翔が見られた。かなり痛んだ個体も多い。
d0054625_232747.jpg

卍飛翔をしているのを観察していると絡み合った一瞬視界から消えた。どこかに分かれてテリ張りをしているだろうと下草に眼をこらすと、驚いたことに2頭仲良く並んでいた。
d0054625_23292415.jpg

すると、まるでダンスを踊るように2頭の雄が向かい合う。しかも向かって右側の雄は腹端を少し曲げているではないか。
d0054625_23295345.jpg

さらに、向かい合ったまま互いに回り込もうとする。
d0054625_23301719.jpg

並ぶように回り込んだ1頭が、下から腹部をねじるように差し込むのが見える。
d0054625_2337362.jpg

左側の雄は翅を広げて抵抗しているようだが、一瞬繋がってしまったようにも見える。
d0054625_23394437.jpg

d0054625_23401266.jpg

もちろん、雄同士だから完全な交尾体勢には至らず、一瞬の後、両者は再び飛び去ってしまった。
15:49~15:50の間の出来事だった。かなり翅の痛んだ個体同士だったので雌と間違ったのだろうか。諸兄のご意見をいただきたい。

ところで、同定が出来ません。最初は時間帯から言ってエゾだとばかり思い込んでいましたが、どうやら違うようです。教えてください。

追記 
皆様にご教示いただいた結果、○○ミドリはアイノミドリでした。ご教示いただいた皆様ありがとうございました。

再追記
その後日本蝶類研究会SNSのサイトで皆様の見解をいただき、改めて「メスアカミドリ」であるとご教示いただきました。皆様ありがとうございました。

<観察メモ>
観察日 2006年8月1日 15:49~15:50
当日は夜半から明け方にかけて断続的に雷雨があった。早朝5:30の時点では雨が上がり青空が見え出した。
朝食前の散歩で当ポイントを6:30頃訪れたが、下草、ミズナラの葉ともぐっしょり濡れている状態で、ゼフィルス類は1頭も観察できなかった。
また、当日16:00前後、少なくとも6頭の個体テリ張り、卍飛翔等をかなり活発に繰り広げていた。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-08-15 23:58 | | Comments(20)
Commented by chochoensis at 2006-08-16 22:03
theclaさん、遠征お疲れ様でした・・・。雄同士の求愛行動、珍しいですね!ビックリしました。ところで、前翅の黒の縁取りの幅がかなり太いので、Favonius=エゾを含めたオオミドリ属では無いような気がしますが、いかがでしょうか・・・。幅が広いのは、Chrysozephyrusか、ミドリしか考えられないのですが・・・。
Commented by ainomidori443zeph at 2006-08-16 22:22
これは「ホモミドリ」でしょう!=333
Commented by thecla at 2006-08-16 22:23 x
chochoensisさん、コメントありがとうございます。
確かに、前翅の幅は広いですね。時間帯から考えるとメスアカでしょうか?
Commented by ainomidori443zeph at 2006-08-16 22:27
それにしても凄く珍しいシーンだったのではないでしょうか?
chochoensisさんのご意見を参考にさせて頂きますと、アイノでは?
Commented by banyan10 at 2006-08-16 22:29
裏面と夕方でも遅い時間帯だとメスアカも違う気がしますね。
ミドリシジミの可能性が高いのではないでしょうか。
いずれにしても面白い記録ですね。
Commented by thecla at 2006-08-16 22:36 x
愛野緑さん、うまい!
あわせて、タイトルを○○ミドリにしちゃいました。
種名は・・・お手上げです(^^;
Commented by thecla at 2006-08-16 22:38 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
沢沿いだったので、ヤマハンノキはあったように思います。
Commented by ダンダラ at 2006-08-17 00:02 x
面白い、かつ貴重な一連の写真ですね。うらやましいです。
種名ですが、後翅裏面の白線のWの形からアイノだと思います。
メスアカではないですね。
Commented by kenken at 2006-08-17 07:52 x
ほぉ、こりゃまた面白い画像ですね。新種、Homozephyrus・・・
ダンダラさんもお書きですが、後翅裏面の白線のW字の部分を見ると、ミドリではないですね。Favoでもありません。私もアイノで良いと思います。
Commented by nomusan at 2006-08-17 13:34 x
大夏合宿、素晴らしい成果ですね。↓のオオゴマ、エエですね~。ゴマもエエ雰囲気ですね~。♂の♂への求愛、オオルリシジミで見た記憶があります。たまには変わったやつもおるんですね(笑)。
Commented by thecla at 2006-08-17 23:24 x
ダンダラさん、判断ポイントも含めコメントありがとうございます。
当日朝、同じ場所を訪れて、全く姿を見なかったものですから、アイノの可能性は真っ先に頭から消してしまっていました(^^;
Commented by thecla at 2006-08-17 23:28 x
kenkenさん、kenkenさんもアイノですね。ご指摘ありがとうございます。
朝の活動時間に活動できないので、その気に走ってしまったのでしょうか(笑)
Commented by thecla at 2006-08-17 23:29 x
愛野緑さん、ごめんなさい。
最初にアイノとご指摘いただいていましたね。見落としていました。すみません。
Commented by thecla at 2006-08-17 23:31 x
nomusanさん、コメントありがとうございます。
人間と同じで、中には変わった奴もいるのでしょう(笑)。オオルリの♂同士の求愛というのもすごそうですね。
Commented by fanseab at 2006-08-18 00:11
貴重な連続画像ですが、3枚目が面白いですね。
普通の♂同士ならガン付け合っている風景ですが、熱ーい、視線
で見詰め合っているってとこでしょうか(^^)
こんなアブナイ写真は蝶関連ブログで始めて見ました(^^::
Commented by thecla at 2006-08-18 00:32 x
fanseabさん、コメントありがとうございます。
蝶関連いちの「アブナイ」ブログになってしまったでしょうか(爆)
Commented by maeda at 2006-08-18 08:55 x
すごい絵ですね。
アイノだとすれば通常ではテリを張る時間帯ではないですが、午前中の悪天候のせいでしょうか?
季節が進み残り時間が少ないためでしょうか?
分からないことが沢山ありますね。
Commented by thecla at 2006-08-19 10:23 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
時間帯が違ったので頭から真っ先にアイノを除外して考えてました。頭でっかちは駄目ですね(^^;
翌日、朝行ってみれば良かったのでしょうが、別の場所に行ってしまいました。宿も安くて気にっていますので、いつか再訪したときに確かめたいです。
Commented by neptis at 2006-08-19 22:56 x
thecla様,初めて書き込みさせて頂きます.neptisと申します.
写真の蝶,皆さんアイノミドリと考えていらっしゃるようですが,間違いなくメスアカミドリと思います.後翅橙色斑の中の黒点が大きいのが特徴です.貴重な写真ですので,昆虫関係の雑誌に投稿されることをおすすめします.
Commented by thecla at 2006-08-19 23:29 x
neptisさん、書き込みありがとうございます。
メスアカですか・・・、すみません、私のゼフの同定力では判別つきません。
投稿のご助言ありがとうございます。考えてみたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2006年8月中旬 信州夏合宿(1)      2006年8月中旬 夏合宿(速報) >>