2006年 08月 20日

2006年8月中旬 信州夏合宿(2)

降り出した雨は、駐車場に着くころには本降りになった。道の駅まで移動し、屋根の下で昼食をとりながら作戦会議。宿に入るには早すぎるので、Bさんの案内でミヤマシジミのポイントに行ってみることにする。
ポイントに向かう途中で気がつくと雨はあがり、青空が広がりだした。雨雲はかなり早く移動し、携帯で確認すると信州を抜け関東平野に向かったようだった。
ミヤマシジミのポイントは河原、河原に生えるコマツナギが食草だ。「ミヤマ」シジミという名より「カワラ」シジミの方が似つかわしいような気がする。
車を止め歩き出すとすぐ鮮やかなブルーのシジミチョウが飛んでいる。
d0054625_21255529.jpg

ミヤマシジミ ♂ 開翅 CANON Eoss Kiss D SIGMA APO 70-300mm
メスは、オスと違ってこげ茶色の翅だが、後翅に少し青い鱗粉がのった個体も見られる。
d0054625_215691.jpg

ミヤマシジミ ♀ 吸蜜 RICHO Caplio GX8
また、メスは後翅の裏側に青紋が発達しているのが特徴だ。
d0054625_21311675.jpg

ミヤマシジミ ♀ 吸蜜 CANON Eoss Kiss D SIGMA APO 70-300mm
ここでは、他にクロツバメシジミも見られた。
d0054625_21351989.jpg

クロツバメシジミ 静止 CANON Eoss Kiss D SIGMA APO 70-300mm
日を遮るものが無い河原はとにかく暑い。蝶も暑さでボケるのか枯れ草に対し腹部を曲げ産卵行動をとるものがいた。
d0054625_21392591.jpg

ミヤマシジミ ♀ 誤産卵行動 CANON Eoss Kiss D SIGMA APO 70-300mm
後で確認したが、卵らしきものは見つからなかったので産卵はしていなかったようだ。
その後も足元をチラチラと飛ぶミヤマシジミを追いかけ回しているとBさんが幼虫を見つけたらしい。行ってみると、幼虫にアリが絡んでいた。中々興味深い生態が撮影できた。
d0054625_21483145.jpg

ミヤマシジミ幼虫とアリ CANON Eoss Kiss D SIGMA APO 70-300mm
この後、今夜の宿がある乗鞍高原に移動した。宿に行く前に、オオミスジが良く産卵した木に行ってみたが、光量不足で上手く撮影できなかった。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-08-20 21:59 | | Comments(16)
Commented by 虫林 at 2006-08-21 05:30 x
ご苦労様でした。
ミヤマシジミの写真、どれも丁寧に撮影されていて感心してしまいました。また、アリと幼虫の写真は生態写真として、とても素晴らしいと思いました。
Commented by maeda at 2006-08-21 17:52 x
御一緒は出来ませんでしたが、その場所はかつて行った事があるところで、雰囲気も分かります。
結構暑かったのを覚えています。
個体数は多くて幼虫もそれなりに見つかるところでした。
ブルーが載った♀を私もずいぶんと捜しました。
標本はあるのですが写真として残っていません。
Commented by ダンダラ at 2006-08-21 19:17 x
ミヤマシジミの♀、なるほどこんな感じにブルーがのっているんですね。
今まで意識したことなかったので、今度は気をつけてみることにします。
こんな感じに対象にぐっと迫った写真を拝見すると、マクロ派の私としてはなんだかうれしくなりますね。
下の日記のウラキンの広角写真はやられたーという感じです、お見事。
Commented by nomusan at 2006-08-21 21:28 x
綺麗です。ミヤマシジミ。私もこの蝶の裏面の青班が大好きです。開翅♀のブルーもエエですね~・・・。確かにミヤマって環境ではないですな(笑)。
Commented by miyagi at 2006-08-21 21:56 x
teclaさん ミヤマシジミ、クロツバメシジミ、とても臨場感を感じさせる画像ですね。目の前で息づいていて今にも動き出しそうな・・・。
Commented by kenken at 2006-08-21 22:21 x
お~、これこれ。こんな♀の開翅が撮りたかったのですが暑さにめげて撤収してしまいました。先日のヒメシジミといい、ブルーの乗ったメスに恵まれますなぁ~
ヒメシジミの仲間達は本当にアリさんと仲良しですね。
Commented by thecla at 2006-08-21 23:32 x
虫林さん、コメントありがとうございます。
足元からミヤマシジミが次々に飛び出すので夢中で撮影していました(^^;
アリと幼虫はbanyanさんに見つけていただいたおかげですね。
Commented by fanseab at 2006-08-21 23:38
デジ一眼のマクロ画像、いずれもボケ味がきれいで、諧調の深みが
素晴らしいですね。最近はついつい、ピンボケのリスク回避で絞込み過ぎる傾向のある小生としては、一連の画像を拝見して、反省しきりです。
Commented by thecla at 2006-08-21 23:39 x
maedaさん、やっぱり行かれていましたか。暑いですよね。
日差しが強く♂は中々いい色が出せそうになかったので、一生懸命メスを追いかけてました。青いのいないかなあ~って。
Commented by thecla at 2006-08-21 23:47 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
青いヒメシジミ♀を見た直後だったので、広角接写をする心の余裕があったのかもしれません。この後、逃げられてしまったのでしっかり写っていてラッキーでした。
ウラキンは、のんびりしていてくれたので絶好の広角撮影のチャンスだったかも(^^;
Commented by thecla at 2006-08-21 23:50 x
nomusanさん、コメントありがとうございます。
nomusanさんも裏の青斑がお好きですか。この微妙な青の輝きがいいですよね。何か得したような気がするんですよ。
Commented by thecla at 2006-08-21 23:54 x
miyagiさん、いつもコメントありがとうございます。
ここは、個体数も多く、じっくりと楽しめました。下手な鉄砲も数打ちゃ・・・式で(^^;
Commented by thecla at 2006-08-21 23:59 x
kenkenさん、ありがとうございます。
言われてみれば、ブルーの♀に恵まれてるかもしれませんね。病み付きになりそうです。
その代わり、青い空を一杯に入れた画像を見て、しまったあ~なんて思ってます(^^
Commented by thecla at 2006-08-22 00:05 x
fanseabさん、コメントありがとうございます。
私は長玉使用のため、手振れが怖くてシャッタースピードを高くしています。
そのため、絞りは犠牲にしています。おかげで大量のピンボケ画が・・・(笑)。
手振れもピンボケもせずにそれでいて柔らかなボケ、おまけに遠くからでもOKというのがあればいいんですが・・・、そんなん無いですよね。
Commented by ainomidori443zeph at 2006-08-23 21:01
つぎつぎに出てくる写真に私の方はため息が出て来ちゃいます。オオゴマもミヤマもブルーの蝶が綺麗に撮れていますね。
ダンダラさんも書かれていましたが、ウラキンも広角らしい絵になっていますね。お見事!
Commented by thecla at 2006-08-23 22:56 x
愛野緑さん、コメントありがとうございます。
北ア周辺は、蝶の種類。数とも豊富でゆっくり撮影できていいですね。被写体があってこそですから(^^;
ウラキン広角は、ごちゃごちゃしたところから少しだけ飛んでちょうど良いところに止まってくれたのでラッキーでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2006年8月中旬 信州夏合宿(3)      2006年8月中旬 信州夏合宿(1) >>