フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 09月 09日

2006年9月上旬 川崎市多摩区

午後から、多摩丘陵の公園をちょっとだけ散歩。特段の目的はないが、フィールドを歩いて体を動かすのが一番だ。
植え込みの花の周りをオオスカシバがめまぐるしく飛び回っている。
d0054625_21351812.jpg

オオスカシバ CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
どこにでもいる蛾なのだが、良く見るとウグイス色の胴体が結構綺麗だ。
夏と秋の端境期なのかチョウの姿も少ないが、それでも少し姿を見るとことが出来た。
d0054625_2214543.jpg

ウラギンシジミ まだ夏型 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
d0054625_22143692.jpg

イチモンジセセリ 産卵 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
アブラゼミも少し元気がないのか、木の低い位置に止まる。あまり敏感でないので広角で接近してみた。
d0054625_2284716.jpg

アブラゼミ RICHO Caplio GX8

帰ることにして最初の植え込みに戻るとツマグロヒョウモンの雄が吸蜜に来ていた。この時期派手な色合いを見ると何だかうれしい。
d0054625_22203483.jpg

ツマグロヒョウモン CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
d0054625_2221114.jpg

ツマグロヒョウモン RICHO Caplio GX8

まあ、この時期こんなもんだ。秋の蝶にはまだ少し早いようだ。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-09-09 22:31 | | Comments(14)
Commented by 虫林 at 2006-09-10 00:18 x
オオスカシバの撮影、うまくいきましたね。
なかなか速くて撮影できませんよね。
イチモンジセセリの産卵もいいですね~。

なお、前回変な書き込みをしましたが、
本日、日記をブログにしてみました。
気が向いたときで結構ですのでにお越しください。
Commented by maeda at 2006-09-10 06:16 x
こうやってみると、各地とも秋の気配を感じさせる絵ですね。
当分続くのとあっという間に冬が来るのとちょっとした差があるだけかもしれません。
Commented by kenken at 2006-09-10 08:44 x
オオスカシバ、うまく撮れていますねぇ~
こいつには、いつもベランダのクチナシをかじられてしまいます。(^^;
RICHO Caplio GX8はいつもながらえぇですわぁ。
アブラゼミにツマグロ、これらはワイコン付きでの撮影でしたっけ?
Commented by fanseab at 2006-09-10 10:16 x
イチモンジセセリの産卵シーン上手く撮れましたね。アブラゼミの画像、この時期の木陰の風情が出ていて素敵です。このポイントは小生もよく訪れましたが、真夏でもヒンヤリとしてホッと一息つけますね。
Commented by chochoensis at 2006-09-10 17:35
イチモンジセセリの産卵シーン、素晴らしいです!!!こういう設定で写真を撮ってみたいなァ・・・。オオスカシバのシャープな写真も素晴らしい。角度も丁度良い感じで好きです。
Commented by thecla at 2006-09-10 18:29 x
虫林さん、ありがとうございます。
オオスカシバは、きっとあまり蝶の姿はないだろうと思ったので、結構まじめに撮りました(^^;
ブログ開設おめでとうございます。時々遊びに行かせていただきます。
Commented by thecla at 2006-09-10 18:31 x
maedaさん、こんばんは
楽しかった夏も終わり、秋の気配が日に日に漂っています。
今年もあっという間に過ぎてしまいましたね。
もっともこちらでは、暖かい日であれば、年内一杯なんだかんだで成虫の姿が見られるのが救いです。
Commented by thecla at 2006-09-10 18:35 x
kenkenさん、コメントありがとうございます。
GX8は、全てワイコン無しです。というか持ってません(^^;
ワイコン無しでも結構な画角が確保できるので、ノーマルなままでいいかなと思っています。ワイコン無しも余計なものが画面に入らず、すっきりするような気がしています。
物は言いようという話もありますが・・・・・(笑)
Commented by thecla at 2006-09-10 18:37 x
fanseabさん、ありがとうございます。
イチモンジセセリは、葉に産卵すると思っていたのですが、穂に産んでくれたので、ごちゃごちゃせずに助かりました。
アブラゼミの木陰は本当にほっとしますね。
Commented by thecla at 2006-09-10 18:39 x
chochoensisさん、コメントありがとうございます。
イチモンジセセリもオオスカシバも今の季節でなければ、カメラすら向けなかったかもしれません。現金なもんですね(笑)
ただ、身近なところでも良く見てみれば被写体には苦労しないことが改めてわかりました(^^;
Commented by 愛野緑 at 2006-09-10 22:19 x
オオスカシバの翅の動きが止まっているのが凄いです。SSは1/1000位でしょうか?
Commented by thecla at 2006-09-10 22:59 x
愛野緑さん、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、SSは1/1,000です。最近70-300mmを装着しっぱなしなので標準設定をISO400、1/1,000にしているのでオオスカシバには丁度よかったようです。
Commented by banyan10 at 2006-09-11 14:13
イチモンジセセリの産卵は何度か見ているのですが、撮影できていません。
僕が見たのは、やはり葉に産卵していましたよね。そのせいで、角度が悪いと撮影できません。このように穂に産卵してくれると嬉しいですね。
Commented by thecla at 2006-09-11 23:06 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
手持ちの生態図鑑を見直してみたら、やっぱり、イチモンジセセリは通常葉に産卵するようです。ただ、秋には手当たり次第に産卵することがあるという記述もあったので、今が絶好のチャンスかもしれません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2006年9月上旬 三浦市 油壺      2006年9月上旬 富士山麓のお花畑 >>