2006年 09月 29日

2006年9月下旬 長野県東御市 秋のミヤマ兄弟

久しぶりに休暇が取れた。どこに行こうか迷ったが、山歩きがしたかったので今年の夏行けなかった浅間連山に出かけることにした。
関東平野はどんよりと曇り、雨粒が落ちることもあったが、信州に入ると青空も見えてきた。どうやら気持ちよい秋の山歩きが出来そうだ。
ツツジ類はもう赤く色づいており、この分だとクロマメノキの葉も一部なら赤く色づいているかもしれない。そう今年も「田淵行雄」の真似事をしてみようというわけだ。
昨年ミヤマモンキチョウの幼虫を見つけたクロマメノキでは今年も幼虫を見つけることが出来た。しかも頭を上にして摂食行動中のようだ。
d0054625_23171240.jpg

ミヤマモンキチョウ 幼虫 摂食行動 RICHO Caplio GX8
幼虫が食べたばかりのところはまだ緑色が残っている。残念ながら紅葉した葉の上でというわけにはいかなかったが、赤く色づいた葉も一緒に写っているから良しとしよう。
もう少し標高を上げれば紅葉した葉も多いに違いないと思い、標高を上げる。しかし、紅葉しているのは、風の通り道のようなところの株ばかり、また、そんな株には母蝶も卵を産み付けないのか、全く幼虫の姿は見当たらない。ようやく2匹目の幼虫を見つけたが、半分しか赤くなっていない。
d0054625_23413310.jpg

ミヤマモンキチョウ 幼虫 静止 RICHO Caplio GX8
後ろにクロマメノキの実も写ったので、これはこれでいいかもしれない。
その後も幼虫を探してみるが、さっぱり見つからない。探しながら頂上に着いてしまったので昼食にした。今日の昼食はSAで買ってきた高崎駅の鳥弁当。高崎駅といえばだるま弁当が有名だが、私はこっちの方が好きだ。
d0054625_23473420.jpg

次にミヤマシロチョウの幼虫巣を探した。これも昨年と同じ場所で見つけることが出来たが、まだ越冬巣といえるほど大きな巣になっていない。昨年より10日以上遅いのだが、幼虫も小さく巣の大きさも昨年と同じくらいだ。
d0054625_232953.jpg

ミヤマシロチョウ 幼虫巣 RICHO Caplio GX8
ヒロハノヘビノボラズの棘だらけの枝を良く見ると3齢くらいの大きさの幼虫を1匹だけ見つけた。
d0054625_23315323.jpg

ミヤマシロチョウ 幼虫 RICHO Caplio GX8
随分大きさに差があるが、夏の天候があまり良くなかったため、産卵時期に結構ばらつきがあったのだろうか。

最後に、最初に幼虫を見つけた場所に戻ると、摂食行動は終わり、そのまま頭を下にして休止していた。
d0054625_23555345.jpg

昨年に比べ、数が少ないのが(単に見つけられないだけか?)気になるが、来年の夏も多くの姿を見せてくれることを期待したい。

今回は芋虫・毛虫ばかりなので、口直し。
d0054625_2358212.jpg

ミヤマモンキチョウ 2003年8月 現東御市 PENTAX MX 100mmマクロ
d0054625_23591983.jpg

ミヤマシロチョウ 2006年7月 八ヶ岳 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm

口直しその2.今日の秋山はこんな感じ。
d0054625_004672.jpg

やっぱり山歩きはいいなあ。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-09-29 23:55 | | Comments(18)
Commented by maeda at 2006-09-30 06:30 x
見たことがない幼虫たちをありがとうございました。
こちらには居ないので写真で雰囲気を楽しみました。
そういう旅もありですね。
弁当食べながら。
来年はシーズン前に大雪に入ってみても面白いかもしれませんね。
Commented by thecla at 2006-09-30 12:01 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
貴兄のブログの駅弁画像を見て、無性に山の上で駅弁を食べてみたくなったのです。車の運転があるのでビールはありませんでしたが。
何か旅情を感じるんですよね、駅弁って。
シーズン前の大雪は残雪が多いですから、十分気をつけてチャレンジしてください。でも軽アイゼンとストックぐらいで大丈夫かも。
Commented by chochoensis at 2006-09-30 15:26 x
theclaさん、「ミヤマモンキチョウ」「ミヤマシロチョウ」幼虫、素晴らしいです!!!田淵さんの高山蝶の写真集のようで素敵な写真ですね。
山に登れないので、一生掛かってもこういう写真は、取れそうも無いです、本当に目の保養になりました。ありがとうございます。
Commented by fanseab at 2006-09-30 19:08
最初の画像を見て、一瞬、何処にいるのか?と探してしまいました。
このように微妙に紅葉した葉上では慣れていないとミヤマモンキ
幼虫探索は大変そうですね。
高崎駅の鳥弁、懐かしく拝見しました。
Commented by 蝶と里山 at 2006-09-30 19:53 x
なるほど・・・・蝶が少なくなった季節の楽しみ方ですね。
それに比べ小生は毛虫&裸虫が大嫌いなので避けて通ります。
先般もゴマのワレモコウに裸虫が写っていただけで普段やらないトリミングやらフォトショップのお世話になりました。
ミヤマシロと比べミヤマモンキは成虫に通じるものを感じます。
Commented by nomusan at 2006-09-30 20:27 x
美味そうな弁当ですね!って、まずは幼虫の話から入れって感じですか(笑)。ミヤマモンキの幼虫、こんな感じでついてるんですね。エエもん見せていただきました。
Commented by thecla at 2006-09-30 20:27 x
chochoensisさん、ありがとうございます。
「高山蝶」などの写真集に憧れて、昨年に続いて蝶が少なくなる季節に行ってきました。やっぱり田淵さんは偉大ですね。
高山の蝶の写真は来年も色々撮影したいと思っていますのでよろしくお願います。
Commented by thecla at 2006-09-30 20:31 x
fanseabさん、こんばんは。
見つかるときは、以外と一発で見つかります。人間の目の方が強調されるんでしょうか、不思議です。ただ一回目を離すと、あれどこだったっけとなってしまいますが。
と言いながら、去年は、6匹ほど短時間に見つけられたのですが、今年は2匹だけでした。ちょっと自信喪失中(^^;
Commented by thecla at 2006-09-30 20:34 x
蝶と里山さん、コメントありがとうございます。
実は、私も毛虫、芋虫系はあまり好きではありません。成虫と頭の中でリンクしているものは大丈夫ですが、得体の知れないものはちょっと・・・です。
Commented by thecla at 2006-09-30 20:38 x
nomusanさん、コメントありがとうございます。
ねっ、美味しそうな鳥弁でしょ、山の上で食べるとほんと美味しいんですよ(笑)
ミヤマモンキの幼虫は、摂食中の葉の柄の部分で頭を下にして日中は静止していることが多いようです。
葉の角度が少しついているので逆立ちしているような格好です。
Commented by banyan10 at 2006-09-30 21:02
こういう絵を見ると行きたくなってしまいますが、ちょっと難しいかもしれません。
今年は成虫に会いに行けなかったので、来年は一度は見に行きたいですね。
ミヤマモンキの幼虫は食痕を探せばいいのでしょうか?
まだマツムシソウは残っているのですね。その方が驚きです。
Commented by thecla at 2006-09-30 21:40 x
banyanさん、こんばんは。
行きたくなっちゃうでしょう、是非一度行ってみてください。
食痕を探せば見つかると思いますが、似たような食痕を残す蛾がたくさんいて紛らわしかったのでご注意を。
マツムシソウは、花がまだ残っているとは思わなかったので、新鮮な驚きでした(^^;
Commented by 愛野緑 at 2006-09-30 22:11 x
今年も行かれたのですね。今日は小学校の運動会だったので出かけられませんでした。(ちょっとだけ散歩しましたが)
幼虫があまり大きくなっていないのは、秋の長雨の影響でしょうか?
私も夏に行けなかったので、この時期再挑戦したいと思っているのですが、来週もすっきりしないようで・・・。

「アレ」って赤☆ですか?この夏豊ヶ岡あたりで採れたとか?
Commented by thecla at 2006-09-30 23:47 x
愛野緑さん、こんばんは
今年も行ってしまいました。本当は来週の方が紅葉が綺麗だと思ったのですが、この時期天気が良いとは限らないですからね。
「アレ」はご想像の通りです。↑にUPしました。
Commented by kenken at 2006-10-01 21:32 x
むむっ、これは貴重な芋虫&毛虫の写真を有り難うございます。
なるほど、現在は、こんな状況なんですね。良い勉強になりました。
ミヤマシロを取り巻く環境の変化が著しいと聞いており、心配しておりますが、まだまだ飛び続けてほしいです。
Commented by thecla at 2006-10-01 21:52 x
kenkenさん、コメントありがとうございます。
この時期、紅葉の山歩きを兼ねていかがですか~、こういのもいいですよ。
ここのミヤマシロの環境は今のところ安定しているのではないかと思います。八ヶ岳の方がちょっと心配ですね。
Commented by miyagi at 2006-10-03 23:45 x
theclaさんたちが蝶の卵や幼虫のころから目をかけ、大事に見守る様子には年季を感じさせられますね。私も見習いたいと思いました。
ミヤマモンキチョウ、翅の縁飾りのピンクがきれいですね。茶髪ならぬ紅髪もかわいいです☆
Commented by thecla at 2006-10-04 23:06 x
miyagiさん、ありがとうございます。
今年の夏は、ミヤマモンキに会いにいけなかったので、幼虫だけでも見たいと思って出かけました。
高山の蝶は厳しい環境に生きているだけあって何か愛着を感じます(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2006年9月下旬 神奈川県川...      2006年9月下旬 都心の蝶 >>