2006年 10月 28日

2006年10月下旬 神奈川県川崎市

今日は、小学校の校庭でスパーボールすくい、フェイスペイント、竹馬などの昔遊びなどをやるイベントがあったので、娘を連れて行く。一緒に遊ぼうかと言ったのだが、父と遊ぶより、友達と一緒に遊ぶ方がいいというので、昼に迎えに行くことにして、それまでの間、いつもの森林公園に出かけることにする。
ムラサキシジミが出てくる陽だまりは、まだ日光の角度が良くないので、クロコノマチョウを探しに雑木林の方に行ってみた。クロコノマチョウは見つからなかったが、まだクロヒカゲがいた。
d0054625_22282440.jpg

クロヒカゲ RICHO Caplio GX8 露出補正+0.7
日が差してきたので、陽だまりに戻ると、3頭ほどのムラサキシジミが姿を見せた。気温が大分低くなったためか、現れる個体数も増え、翅を広げる機会も多くなったような気がする。
d0054625_22391444.jpg

ムラサキシジミ CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
d0054625_22395449.jpg

ムラサキシジミ CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
d0054625_2244810.jpg

ムラサキシジミ CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
他のチョウはめっきり減ってしまったが、ムラサキシジミは雌も出てきて大分にぎやかになってきた。また、ムラサキシジミに混じり、ムラサキツバメもやってきて、おまけにサービス良く翅を広げてくれた。
d0054625_224857100.jpg

ムラサキツバメ CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
直射日光が当たらない場所で開翅したので少しアンダー気味になったが、このほうがいい色になったかな。
30分ほどの間で次々と開翅するショータイムは終わり、活性も高まってしまったので、娘を迎えに行くために帰ることにした。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-10-28 22:58 | | Comments(18)
Commented by fanseab at 2006-10-28 23:34
ムラサキ兄弟の開翅オンパレード、これは見ものです。小生、
ムラサキシジミ♂の開翅画像はまだきちんと撮っていないので、二枚目
は羨ましいです。ムラツも素晴らしい発色ですね。
Commented by thecla at 2006-10-29 00:41 x
fanseabさん、ありがとうございます。
ムラサキシジミも大分個体数が増えてきて、今日はどの個体を撮影するかちょっと目移りしてしまいました。
ムラサキツバメも一瞬だったのですが、丁度良いところで翅を開いてくれました(^^;
Commented by kenken at 2006-10-29 08:03 x
ムラツの開翅、こりゃ大サービスですね。この紫、直射日光でない場所のほうがうまく表現できますね。実にGOODです。
Commented by maeda at 2006-10-29 09:21 x
ムラサキシジミの♀、良い色ですね。
こちらではムラサキツバメとともに見られない蝶ですので、羨ましいです。
Commented by nomusan at 2006-10-29 09:42 x
いよいよムラサキ兄弟の季節になりましたね(笑)。どれも皆綺麗ですね。直射日光でない方が発色が良いのですね~。とは言え日光浴で開くので難しいですね。
Commented by thecla at 2006-10-29 13:05 x
kenkenさん、ありがとうございます。
まだ、落葉していない葉が多いので、他の葉の影になった感じで、開翅は無理かなと思ったら、おもむろに広げてくれました。
もっとも数カットシャッターを押すのがやっとでしたが(^^;
Commented by thecla at 2006-10-29 13:16 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
ムラサキシジミの♀、メタリックな色合いでいいでしょう。この秋は、紅葉を入れた広角を是非、撮影したいと思っているのですが・・・。
ムラサキ兄弟は、住宅地周辺でも個体数が多いので、早起きしなくても良いのがいいです(^^;
Commented by thecla at 2006-10-29 13:19 x
nomusanさん、コメントありがとうございます。
この時期、まだ落葉していないのと気温がまだ高いので、直射日光下でなくとも開いてくれました。
ムラツは開くかなあと思うと開かないし、開かないのかなあと思うとパッと開いたり、タイミングが良くわかりません、気ままな性格なんでしょうかね。
Commented by chochoensis at 2006-10-29 17:28
theclaさん、ムラサキ系の色が良く出ていて素晴らしいです。いよいよシーズンなのですね・・・私もがんばってみたいです・・・。自宅近くでも観察できるはずなのですが・・・。
Commented by banyan10 at 2006-10-29 18:24
クロヒカゲはまだ傷みもなさそうな個体が見れるのですね。
ムラツの開翅撮りに行きたいですが、仕事もたまっています。(^^;
今日は昼前に展示会へ行きましたが、早めに帰られたようですね。
Commented by thecla at 2006-10-29 18:59 x
chochoensisさん、ありがとうございます。
食樹の近くの開けた空間、私の良く行く場所では。そこに10時頃集まってきます。高い木の上から、パラパラと降りてくるようです。
Commented by thecla at 2006-10-29 19:01 x
banyanさん、こんばんは。
クロヒカゲはまだそんなに傷んでいない個体だったので、ちょっとびっくりしました。
展示会は、早い時間に子連れで行ったので、子供の方が飽きてしまい、高島屋で買い物&ランチで帰りました(^^;
スライドは見たかったのですが・・・、総会で見せてもらいたいものです。
Commented by 愛野緑 at 2006-10-29 22:16 x
ムラツ、アンダー気味と言われますが全く問題ないですよ~。とても綺麗な色が出ています。
まだ今年はこれといった姿を見ていません、このまま終わってしまいそうな気がします・・。
Commented by miyagi at 2006-10-29 22:52 x
theclaさん ムラサキシジミ、ムラサキツバメ綺麗ですね。青紫の発光色が素晴らしい。まばゆい紫のケープを羽織ったオシャレな蝶さん☆
Commented by thecla at 2006-10-29 23:11 x
愛野緑さん、ありがとうございます。
ブレが怖くて、ちょっとアンダーでもいいやっというのが結構、結果オーライになってます(^^;
今年は、ムラツには何故か恵まれているようです。
Commented by thecla at 2006-10-29 23:19 x
miyagiさん、コメントありがとうございます。
だんだん寒くなっていく時期に、紫の輝きが何かほっとさせてくれます。
南とちがってこちらは大分寂しくなってきています。
Commented by ダンダラ at 2006-10-30 23:35 x
何とも不思議な色合いのムラサキ兄弟ですね。
若干色収差が残っているのでしょうか。それとも紫の発色に特徴があるレンズなのかな。
最後のムラサキツバメは後翅にまで紫の鱗粉がのっているようでなかなかきれいな個体ですね。
Commented by thecla at 2006-10-30 23:57 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
カタログ上では、マクロ時の色収差を押さえた・・うんぬんとなっているのですが、単焦点マクロに比べると少し残っているんでしょうかね。
ちょうど紫の発色を確かめるにはいい機会ですので、他の手持ちレンズと比較したりしてもうちょっと色々試してみます。
ムラツはこれで後翅までばっちり開いてくれればよかったのですが(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 日本チョウ類保全協会主催 「絶...      2006年10月下旬 丹沢の堤防歩き >>