フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 11月 15日

香港の蝶(2)

白い斑紋の目立つタテハチョウが目に付いたが、中々止まらない。やっと止まったと思ったら木の上、翅をぺタッと開いて止まっているがいかんせん距離が遠いし、角度もない。
コンデジを200mmの望遠にしてノーファインダーで撮るのが精一杯だが、イナズマチョウの仲間だろうか。(オジロイナズマ♀だそうです)
d0054625_22564728.jpg

オジロイナズマ♀
園地の中央のハイビスカスが植えてあるあたりに戻り、シジミチョウの類でもいないかと探すことにした。ウラナミシジミのようなシジミチョウがいるが残念ながら翅が傷んでいた。前日の朝食後深センの駅前の花壇を覗いたときに見たシジミチョウと同じ種類のようだ。
d0054625_2257533.jpg

クロマダラソテツシジミ♀ (撮影は深セン)
そろそろ空港へ向かう時間がせまってきたため撤収しようと思った瞬間、目の前のハイビスカスの葉に1頭のシジミチョウが止まった。なんとなくゼフに近い翅裏の紋様だなと思い撮影する。
d0054625_2311068.jpg

マネアトラフシジミ♀
後でよく見ると尾状突起が上に伸びているので、ひょっとしたら4本あるのかもしれないが良くわからなかった。
実は、撮影中同じ種類の個体がすぐ近くに止まったので喜んでそちらの個体のほうをアップで撮影したが、こちらは尾状突起が欠落していた。最初の個体に絞って撮影すべきだったと思ったが、もう後の祭り。
d0054625_2313570.jpg

マネアトラフシジミ♀ 上とは別の個体
最後に園地の周りを一回りしてから帰ることにすると、日本のコジャノメに似たジャノメチョウを見つけた。
d0054625_2324013.jpg

ヒトツメジャノメ雨季型
ケーブルカーの駅に戻りレストランで昼食でもとってから空港に向かおうと思ったのだが、Fさんから裏の暗い乾季型とかいうヤマトシジミがいるはずとの言葉を思い出した。そこで帰りがけの駄賃にケーブルカー駅前の植え込みを見てみると青いシジミチョウがいた。
中々止まらなかったが、半開翅と産卵シーンが撮れた。
d0054625_2332816.jpg

ヤマトシジミ 乾季型 半開翅
d0054625_2334881.jpg

ヤマトシジミ 乾季型 産卵
裏の斑紋がやけに薄い気もするが、裏の地色も日本のものに比べると暗い気もする。また翅の表も結構青い気がする。これが乾季型だとすると低温だけでなく、乾燥といった条件も影響するのかもしれない。
結局、時間があやしくなり、昼食は空港でとるはめになったが、短時間で何種類かの初めて見るチョウを撮影できたので十分満足して帰国することが出来た。
Fさん本当にありがとうございました。

※(1)と同様、またFさんに同定していただきました。Fさんありがとうございます。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-11-15 23:08 | | Comments(14)
Commented by fanseab at 2006-11-15 23:44
その2も含め短時間で凄い成果を挙げられたと思います。以下同定結果です。
1枚目:オジロイナズマ♀、2枚目:クロマダラソテツシジミ♀、3-4枚目:マネアトラフシジミ♀、5枚目:ヒトツメジャノメ雨季型、6-7枚目:ヤマトシジミ乾季型♀
トラフシジミの仲間は本来、マネアのように裏面は特徴なく、日本産は極めて特殊な斑紋なんです。ヤマトはハマヤマトと混同しやすいですが、カタバミに産卵しているので、ヤマトと断定できます。ハマヤマトはヒユ科に産卵するはずです。
Commented by thecla at 2006-11-15 23:55 x
fanseabさん、いつもありがとうございます。
なるほど、日本のトラフシジミの斑紋が特殊なんですね。勉強になりました。早速、本文に同定していただいた結果を反映させます。
短時間でこんなに色々撮影できるとは思いませんでした、fanseabさんのおかげです。本当にありがとうございました。
派手目な奴はほとんど撮ることが出来ませんでしたが、見るだけでも十分満足でした。
Commented by kenken at 2006-11-16 00:37 x
なるほど・・・fanseabさんの本領発揮といったところですねぇ。
ヤマトはなんだか地色が違うようですが、目の色はヤマトです。
カタバミはさすがに同じかな。
Commented by maeda at 2006-11-16 18:57 x
こんなヤマトも居るんですね。
ちょっと別種みたいです。
短時間でも南国の蝶たちと遊べて良かったですね。
Commented by chochoensis at 2006-11-16 22:19
theclaさん、充分楽しませてもらいました、それにしても短い間の撮影にしては、素晴らしい成果ですね・・・凄いです。お疲れ様でした。
Commented by nomusan at 2006-11-16 23:16 x
何たる不覚! 香港紀行(1)見落としてしまってました(汗)。改めてゆっくりと拝見させて頂きました。ヤマト、何か違う?って感じですがヤマトなんですね。ヒトツメジャノメ、エエですね~。
Commented by 虫林 at 2006-11-16 23:23 x
ヤマトは沖縄や台湾に分布する白い翅表の亜種とも違うみたいですね。別な亜種なのかな?
イナズマチョウってなかなか見ることが出来ないものじゃないの?素晴らしい。
Commented by mhidehide at 2006-11-17 00:09
theclaさん 中国の蝶は日本にいる蝶のバリェーションといった感じのが結構、多いですね。マタ従兄弟、ハーフ、クゥォーターそんな印象です(^^;
Commented by thecla at 2006-11-17 21:47 x
kenkenさん、コメントありがとうございます。
fanseabさんのおかげで名前がみなわかりました。私だけだったらお手上げでした。
地色が暗いのが乾季型と聞いていましたのでこれかなあ~と。
Commented by thecla at 2006-11-17 22:20 x
maedaさん、ありがとうございます。
↑にも書きましたけど、地色が暗いと聞いていたので、これかあと思いましたが、聞いていなかったら別種だと思って撮影していたと思います。
国内の沖縄も含めて南国の蝶は初めてだったので短時間でも大満足です(^^;
Commented by thecla at 2006-11-17 22:23 x
chochoensisさん、いつもコメントありがとうございます。
fanseabさんから詳しい情報をいただいていたおかげで短時間ながら十分な撮影が出来ました、大感謝です。
そうでなかったら、B級グルメツアーに出ていたと思います(^^;
Commented by thecla at 2006-11-17 22:26 x
nomusanさん、コメントありがとうございます。
間にシンポジウムの記事を挟んでしまったので、わかりにくくて住みませんでした。
ヒトツメジャノメ、ええですかあ。もう少し近づけると思ったのですが、結構敏感で逃げられてしまいました(^^;
Commented by thecla at 2006-11-17 22:39 x
虫林さん、コメントありがとうございます。
南西諸島の亜種名は、okinawanaでしたっけ。香港の亜種名は不勉強で知らないのですが、本土のとはかなり違う印象です。
イナズマチョウは、高速で飛び回るので、撮影も採集も難しいので珍しいという印象が強くなるのではないでしょうか。
もちろん、このときも中々止まらず素早く飛び回っていましたが、風が強かったのがかえって幸いして止まってくれたのかもしれません(^^;
Commented by thecla at 2006-11-17 22:42 x
mhidehideさん、コメントありがとうございます。
もっと南国らしど派手なのを撮影したかったのですが、これはこれで、仲間に出会ったみたいでほっとした感じもしました。
沖縄も含めて南国は初見参だったので、何を見ても楽しかったですね(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2006年11月中旬 八ヶ岳の...      香港の蝶(1) >>