2006年 11月 25日

2006年11月下旬 房総半島のルーミスシジミ

明日、新しい車が来る。今の車は息子が産まれたときに購入したので、10年乗ったことになる。大きな故障も無く、あちこちへ良く付き合ってくれた。そこで愛車の乗り納めも兼ねて、房総半島へルーミスシジミを見に行くことにした。
現地には、ちょっと早く着き過ぎたため、日が当たっていないところが多い。しばらく待つとやっと全体に日が当たりだし、梢を白っぽいシジミチョウが舞うのが見えるが、斜面の下側は影になっており、一向に降りてこない。
ずっと見上げていると首が痛くなったので少し別の場所を探してみるが、ムラサキシジミのオスが1頭現れただけだった。仕方がないので、先ほどの場所に戻ると、潅木の葉に水色の輝きが見える。
d0054625_19424838.jpg

ルーミスシジミ 開翅 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
ちょっと鱗粉が剥げているが、春に比べると綺麗な水色だ。次に翅の表と裏を同時に写すことにチャレンジしたが、周囲が暗い中にスポットのように日が当たるため、、露出オーバーになりやすい。アンダーに露出補正をしていたのが、使えるのはこの一枚だけだった。
d0054625_19464730.jpg

ルーミスシジミ 半開翅 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
次にちょうど黄葉した葉に静止した個体を見つけた。葉の上を移動しながら何かを吸っているような仕草をしていた。家に帰ってPCで確認してみるとストローを伸ばしていた。
d0054625_21132693.jpg

ルーミスシジミ 吸水 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
d0054625_21144339.jpg

ルーミスシジミ 開翅 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
黄葉した葉に水色の翅が映えて秋らしい写真になった。
気温が上がってくると活性が高まるのか、あまり低い位置には降りてこず、見上げる高さを舞うようになってしまった。それでも、時々300mmなら撮影できる高さに止まる。
d0054625_21224256.jpg

ルーミスシジミ 静止 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
葉の枯れた部分に止まると銀色の裏面は見事な保護色になり、ちょっと目を離すとどこに止まったかわからなくなってしまう。
d0054625_21234323.jpg

ルーミスシジミ 静止 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
ルーミスシジミの翅の表の色をイメージどおり出すのは難しい。光のコントラストが強すぎると水色が飛んでしまうし、アンダーに過ぎるとくすんだ色合いになってしまう。↓は全て露出補正-1 2/3で同じ個体を撮影したもの。ちょっと昼過ぎの日差しを意識しすぎてアンダーにしすぎてしまったが、これはこれでおもしろい色合いになったかもしれない。
d0054625_21283060.jpg

d0054625_21293519.jpg

d0054625_21295823.jpg

広角接写はことごとく失敗してしまったが、目的だった秋の開翅撮影は十分出来たので、愛車の使い納めとしては上々だった。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-11-25 21:47 | | Comments(22)
Commented by banyan10 at 2006-11-25 22:20
うーん、紅葉した葉の上のルーミスは素晴らしいですね。
こういうチャンスもある今頃が条件的にもベストなのかもしれないですね。
今年はたぶん(^^;行かないつもりですが、来年でも狙いたくなりました。
露出補正を変えた3枚はムラサキシジミのように見えてしまいますね。やはり、ルーミスは水色で表現したいです。
Commented by nomusan at 2006-11-25 22:33 x
う~む。いや、ため息ですね、これは。素晴らしいです。悩みに悩んで(勝手に)個人的には3枚目に一票!。5枚目の逆光は贅沢すぎます(爆)。6枚目は先日のダンダラさんの画像にもありましたが、保護色になってるんですね~。
Commented by kenken at 2006-11-25 23:19 x
おっ、ダンダラさんに続いてルーミスですな。すごいぞ、すごいぞ。
なんだかこういう写真を見ていると、こちらでも和歌山まで行けば簡単に撮れそうな錯覚にはまりそうです。
やはり2枚目の翅表&翅裏同時撮影の絵がえぇなぁ。翅裏の独特の白っぽい紋様がルーミスであることを強調しています。でも、これ、露出設定が難しかったでしょうねぇ。
Commented by thecla at 2006-11-25 23:37 x
banyanさん、ありがとうございます。
この秋は、紅葉とムラサキシジミの組み合わせを狙っていたのですが、先にルーミスが撮影できちゃいました(^^;
常緑の葉が多く、綺麗に色づいた葉は少なかったのでラッキーでした。
おっしゃるとおり、最後の3枚はムラサキシジミみたいですね。露出補正をやり過ぎた失敗例ということで(笑)
Commented by thecla at 2006-11-25 23:45 x
nomusanさん、コメントありがとうございます。
紅葉とルーミスの組み合わせいいでしょう(笑)。見つけた瞬間おいしいかもと思いました。広角も1枚だけ撮影できたのですが、ピンをはずしてしまいました。時間をおいて没ネタで使おうかしらん。
6枚目は、ダンダラさんの画像を見ていたので、おっこれかあ~と思いながら撮っていました。
Commented by thecla at 2006-11-25 23:57 x
kenkenさん、ありがとうございます。
和歌山ルーミス是非チャレンジしてみてください。最も房総半島は、ブログ仲間の皆さんの情報があったので、状況を把握しやすいという利点は大きいかもしれませんが。なお、今日の最高気温は15度までいっていないようなのでまだまだチャンスはあるのではないでしょうか。
2枚目は、ドタ勘で-1.0に補正して写したと後、前後に1/3づつづらしてシャッター押しまくりでしたが、結果的には、一番最初の設定がよかったようです。
ただ、微妙にカメラの傾きが変わると絞り1つ分くらい変化するので、ひたすらシャッターを押すのが正解かもしれません。
Commented by chochoensis at 2006-11-26 00:10
theclaさん、なんといっても2枚目の半開翅の写真が好きです。素晴らしいですね・・・。こういう写真が堪らなく好きです・・・羨ましいです。車を購入されるのですね、これも羨ましいです・・・。
Commented by thecla at 2006-11-26 00:31 x
chochoensisさん、コメントありがとうございます。
早めの時間帯は目の高さくらいまで降りてきてくれたので、色々撮影することが出来ラッキーでした。
春ご一緒した際は、綺麗な開翅、裏面を撮影できなかったので何とかこの秋は撮影したいと思っていました。
車は、本当は後一年乗る予定でしたが、スライドドアにガタがきてしまい買い換えることにしました。
Commented by ヘムレン at 2006-11-26 07:48 x
ルーミスいいですねえ〜。いまだ、見た事がないので羨ましい限りです。写真も、お見事です。小生も半開翅の写真、一番好きですね。1枚で2度美味しいです。
Commented by fanseab at 2006-11-26 10:00
常識的には二枚目がベストなんでしょうが、敢えて5枚目に一票。
よほど余裕がないとこのシーンは撮れないでしょう。theclaさんが
ある程度開翅画像の撮影を終え、心にゆとりを持たれて撮影されたこと
が、画像から伝わってきます。組写真ならではの素晴らしいシーンです。
Commented by thecla at 2006-11-26 11:40 x
へムレンさん、ありがとうございます。
皆さんのブログ情報がなければ、この時期にルーミスを撮影しに行くとは考えもしませんでした。
ヒルも心配しなくてもいいし、他に撮影できるものもいないし、空振りしてもいいやくらいの気持ちででかけています。もっとも去年は2回空振りしていますけど・・・。
表と裏が両方写る半開翅は、おっしゃるとおり1枚で2度おいしくて私も好きです。奥行き感というか、立体感もあっていいですよね。
Commented by thecla at 2006-11-26 11:46 x
fanseabさん、コメントありがとうございます。
中々下に降りている個体が見つからなかった時は、少しあせりましたが、見つけて撮影した後は、不思議なもので「縁毛」とか逆光を撮影する余裕が出ました。
そうでなければ、無理してでも太陽の方向から回り込もうとしたと思います。
でも、歩留まりの悪い広角は最後の最後になってしまい、結局次回に持ち越しです(^^;
Commented by ダンダラ at 2006-11-26 15:42 x
ルーミス、撮影成功おめでとうございます。
昨年からのチャレンジがようやく成功したという感じですね。
紅葉の上のルーミスは良いですね。カシの葉の上だと季節感が出しにくいですから。
枯れた葉の部分への静止場所も、すぐに情報を活かすあたりはさすがですね。
それに気温はやはり15℃前後でしたか。これも今後に多いに参考になります。

Commented by thecla at 2006-11-26 16:36 x
ダンダラさん、ありがとうございます。
過去に行っていたので、何となく下に降りていそうな場所が検討でき、効率的に見つけられたかもしれません。空振りでも現地に行ってみるのは、後で役に立ちますね。
最高気温で15℃いったかどうかでしょうか。下に降りていたのは午前中ですからもう少し低い気温だったと思います。ですので意外とこの後もチャンスがありそうです。
逆に昼過ぎからは、中々降りてこなくなりました。
枯葉への静止は、早速情報を使わせていただきました。一瞬見失ってしまったので、情報が無ければ気がつかなかったかもしれません。
なお、午後1時頃、何度か落ち着かないそぶりで止まっては飛ぶを見ていると止まりました。このまま静止し続けるのかと思っていたら、翅を開いたり、再び飛んだりしていたので、ねぐら探しかどうかはわかりませんでした。
Commented by furu at 2006-11-26 19:59 x
今年の流行は表裏の写った半開写真になりそうですね。
露出アンダーの写真も非常に良い色と階調があって表現としては有りだと思います。
近いうちに行ってみようかな。
Commented by thecla at 2006-11-26 22:35 x
furuさん、露出アンダーまでものコメントありがとうございます。
「今年の流行は・・・」、座布団一枚進呈です(爆)
斜め後方からの半開写真というのが私の一番の好みなんですが、ルーミスは前方からの方が良さそうです。今回のは、ちょっと角度が浅かったですね・・・なんて(笑)
まだ、チャンスありそうなので是非行ってみてください。
露出アンダーのは、今度レタッチで遊んでみたいと思います(^^;
Commented by miyagi at 2006-11-26 23:54 x
theclaさん 紅葉の上のルーミス、緑の葉の上のルーミス、枯葉に同化したようなルーミスいずれも素晴らしく魅力があります。
☆煌く、まばゆい水色をちりばめたような色をじっと見ていると、一瞬、宇宙空間から氷河を見下ろしているような感じがしました☆
Commented by maeda at 2006-11-27 06:30 x
これでもかというくらいにルーミス尽くしですね。
いいですね。
私も蝶と遊びたい!
Commented by 虫林 at 2006-11-29 00:21 x
ルーミス三昧、オメデトウございます。
本当に素晴らしい輝きですね。いつかは私もこの目で見てみたいものです。憧れの蝶ですよ。
Commented by thecla at 2006-11-29 00:36 x
miyagiさん、ありがとうございます。
今回は、開翅を撮るのが目的だったのですが、色々なシチュエーションで撮影できたのはラッキーでした。
「宇宙空間から氷河を・・・」いつもながら素敵な表現をされますね。中々そんな表現は思いつきません。ありがとうございます。
Commented by thecla at 2006-11-29 00:39 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
春といい、目撃した個体数はあまり多くなかったのですが、結構愛嬌を振りまいてくれたので、ルーミス尽くしになりました。
北海道に比べると成虫越冬するものがまだ観察できるのですが、これ以降はだんだん確率が悪くなるので遠出をする勇気がだんだんなくなります(^^;
Commented by thecla at 2006-11-29 00:43 x
虫林さん、ありがとうございます。
私もついこの間までは、憧れの蝶でしたが、色々情報をいただいたのでルーミス三昧が果たせました。
千葉方面は割りと観察しやすいので、その点では関東はラッキーなのかもしれません。是非一度、千葉方面へご訪問を。ただ、白状すると小生、昨年は2敗しております(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2006年12月上旬 神奈川県...      使い損ねた写真(2) カラスシジミ >>