フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 12月 30日

オフシーズン便乗企画 オオゴマシジミ

先日、ブログ仲間でオオゴマシジミの開翅シーンが話題になっていた。隠し玉も大分無くなってきたので、便乗して過去のオオゴマシジミの画像をチェックしてみた。
といっても、今年の夏も含めて2回しか撮影経験がないが2回とも開翅写真を撮影することが出来ていた。
2002年の8月上旬、タカネヒカゲを撮影するために北アルプスを訪れた。しかし、稜線部は厚い雲に覆われ、どう考えても雨。テントかついで雨に降られたくないので山麓部分での撮影に切り替えた。
もちろん、初めての場所なのでポイントもわからず、また良さそうな場所にはネットマンが陣取っているため、ひたすらうろうろする。
そんな中、林間の木漏れ日が当たる空間にオオゴマシジミが現れる場所を見つけた。
それも、丁度眼の高さくらいの葉の上でテリを張るように全開翅。
d0054625_031817.jpg

2002年8月 岐阜県現高山市 PENTAX MX 100mm Macro
ただ、何故か、腹端を持ち上げて翅を開くので、腹端がボケてしまって今一つしまりのない画像になってしまう。
斜め後方から撮ると、眼と腹部両方に何とかピントが合い、少し締まった感じになるが、翅の端と腹端まではピントが合いきらない。
d0054625_034225.jpg

2002年8月 岐阜県現高山市 PENTAX MX 100mm Macro
この時は、何故か止まるとすぐ全開翅してくれたので、オオゴマシジミは簡単にベタッと翅を開くものだと思っていた。
なので、今年の夏のオオゴマシジミの撮影では、産卵、吸蜜を中心に狙っていた。それでも運よく開翅を撮影できたのだが、全開とはいかなかった。
d0054625_063698.jpg

2006年8月 岐阜県高山市 CANON EOS Kiss D SIGMA APO 70-300mm(再掲)
今から考えると2002年は絶好のチャンスだったわけだ。もっといっぱい撮っておけば良かったと思う反面、だから撮影はおもしろいという気もしている。
今年は、当時の撮影ポイントまで行かなかったが、次回行く機会があれば行ってみようと思っている。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-12-30 00:17 | | Comments(16)
Commented by kenken at 2006-12-30 00:49 x
う~む、よく開いてますねぇ~
マイ師匠のHPを覗いてみたら、やはり全開翅時は腹部を上げる傾向が・・・
Commented by chochoensis at 2006-12-30 07:49
theclaさん、おはようございます。未だ未撮影のオオゴマ、羨ましいです、特に、2枚目の写真が好きです。触角と尾端にピントが合っていて素晴らしいです・・・今年も残り少なくなりました、来年も宜しくお願いいたします。
Commented by fanseab at 2006-12-30 10:16
ご自分に厳し目の採点をされていますが、上二枚素晴らしい画像ですね。ゴマの全開シーンはお目にかかったことないですが、オオゴマは全開するんだぁ!小生も昔撮影した銀塩ポジをスキャナーでデジタル化する際の色再現性劣化を理解しているので、上二枚の画像、オリジナルポジで拝見したいですね。
Commented by thecla at 2006-12-30 18:28 x
kenkenさん、すみません企画をパクらせていただきました~(^^;
全開時に交尾拒否時のように腹部を上げるのは何故なんでしょうかね。
全開時の後翅の姿勢も少し変わっているような気も・・・・。
Commented by thecla at 2006-12-30 18:34 x
chochoensisさん、コメントありがとうございます。
今年行った場所でしたら、それほどきつい山歩きをせずとも行けますので、是非来年にでもチャレンジされてください。温泉もありますし(^^;
こちらこそ、来年も宜しくお願いいたします。良いお年をお迎えください。
Commented by thecla at 2006-12-30 18:37 x
fanseabさん、ありがとうございます。
最初に見たのが全開オオゴマだったので、簡単に開くと思っていたのですが、条件によるようです。条件は・・・良くわかりません(^^;
おっしゃるとおり、銀塩ポジのスキャニング、自分でやっても、近所のカメラショップに出してもいまいちですね。でもそのうちきっと再現性が上がるのではないかと期待しています。
Commented by ダンダラ at 2006-12-30 19:28 x
オオゴマの全開は撮影していないなー
貴重なシーンに遭遇されたのですね。
銀塩のデジタル化難しいですね。カメラショップのは全くだめですね。
Commented by nomusan at 2006-12-30 20:15 x
おお、すごいぞすごいぞ!これまた見事な開翅ですね。九州人にとってこの蝶も縁遠い蝶の一つです。エエもん見せていただきましたぁ。
Commented by 虫林 at 2006-12-30 21:41 x
オオゴマシジミのここまでの全開はなかなか見ごたえありますね。
Penta MXは良いカメラですよね。デジタルはPentaxではなくCanonにしたみたいですね。私はPentaxのままです。
夏の合宿では、ご苦労様でした。
Commented by thecla at 2006-12-30 21:49 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
この日は個体数は多くなかったのですが、まるでテリ張りするように全開していました。発生初期にもう一回訪ねてみたいと思います。
↑のはカメラショップでやってもらいました。前はスキャナーを使って自分でやっていましたが、ゴミが付いたりして中々上手くいきませんでした。
発色は自分でやったほうが少しマシでしたけど。
Commented by thecla at 2006-12-30 22:06 x
nomusanさん、コメントありがとうございます。
中々見事な開きっぷりでしょう。関東からでもこの蝶に会いに行くには結構根性がいります。
ただ、北アルプスの懐というロケーションも含め他の蝶影も濃く、是非一度トライしてみてください。その際は、ご案内しますよ~(^^;
Commented by thecla at 2006-12-30 22:11 x
虫林さん、コメントありがとうございます。
Pentax MXは露出計しかついていない旧式カメラですが、その分トラブルも無く良いカメラでした。ただ、さすがにスポンジ部分が溶けてきたりしたのであきらめました。
デジイチに切り替える時期には、Kiss Dが出たばかりで他に選択肢がありませんでした。AFレンズは持っていませんでしたし。
もし、今切り替えるのだったら、Pentaxを選んだかもしれません。
夏合宿では、運転ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
Commented by banyan10 at 2006-12-30 22:22
オオゴマは昨年は全開してくれましたが、今年はあまり開いてくれませんでしたね。
似たような条件だった気がしますが、何でだったのでしょうか。
昨年はカメラの設定も良くなかったので、いつか全開を撮り直したい蝶です。
Commented by thecla at 2006-12-30 22:42 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
オオゴマの全開条件は、良くわからないですね。私も是非デジイチで撮り直したいところです。
きっと来年も行ってしまうのでしょうね、ここに(^^;
Commented by ヘムレン at 2006-12-31 22:50 x
オオゴマで1年の締めくくりですか。。いいですね。。素晴らしいです。来年は是非見に行きたいです。なかなか全開の写真は難しそうです。
今年1年、いろいろ見せていただき、ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
Commented by thecla at 2006-12-31 22:59 x
へムレンさん、コメントありがとうございます。
こちらこそ、色々参考にさせていただきありがとうございます。来年もよろしくお願いいたします。
来年は是非オオゴマ撮影にチャレンジしてください。ゴマよりは開きやすいと思いますが、北アルプスの懐に抱かれるだけでもいいものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< あけましておめでとうございます      2006年12月下旬 EOS ... >>