2007年 01月 08日

2007年1月上旬 TAMA ZOO

例年、1月の連休は家族でスキーに出かけるのだが、何かと忙しかったのと雪不足&荒れ模様の天気予報で今年はスキーに行くのをやめた。吹雪の中スキーをする元気はもうない。
といって3連休どこにも行かないわけにはいかないので、比較的暖かい今日、多摩動物公園に家族で出かけた。
入り口を入ってすぐ昆虫園の大温室があるので、まずここで今年の初撮影をしてからゆっくり動物園を楽しむことにする。大温室の中は、ちょっと暑いが南の蝶がたくさん飛んでおり、短い時間だったが結構楽しめた。
<多摩動物公園昆虫園の蝶>
d0054625_22471824.jpg

オオゴマダラ 求愛飛翔 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_22482014.jpg

オオゴマダラ 静止 RICHO GX8
d0054625_22521426.jpg

リュウキュウアサギマダラ CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_2252386.jpg

イシガケチョウ 静止 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_2253317.jpg

ナガサキアゲハ 産卵 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_22533278.jpg

カバマダラ 吸蜜 RICHO GX8
d0054625_22541564.jpg

ツマベニチョウ 吸蜜 RICHO GX8

その後は、ライオンバス、キリン、チンパンジー、コアラ、レッサーパンダなどの動物達をのんびり見て回った。レッサーパンダ舎では、二本足で立ち上がっていた。
d0054625_23134717.jpg

よく見ると、ササを食べるためのつかまり立ちだった(^^;
いくつになっても動物園は楽しいものだ。
[PR]

by toshi-sanT | 2007-01-08 23:17 | | Comments(6)
Commented by ダンダラ at 2007-01-08 23:43 x
この時期チョウの温室も退屈しのぎにはいいかも知れないですね。
私の場合せっかく撮ってもHP(本体サイト)には使う気になれないのでなかなか足が向きません。
でも、求愛行動とか産卵シーンは野外ではなかなか撮影出来ないからその意味ではいいですね。
Commented by banyan10 at 2007-01-09 10:04
ツマベニ♀ですね。
綺麗な♀は撮影できていないので、この前探したのですが♂ばかりでした。
他の動物も楽しめますよね。子供達は早く蝶園から移動したがりませんでしたか?(^^;
Commented by thecla at 2007-01-09 23:01 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
温室で撮影したものは正直言ってあまり有難さを感じないのですが、今回は新しいレンズの距離感に慣れるためもあって行ってみました。
200-300mmのマクロ域に慣れてしまった感覚のリハビリのため、色々な条件で撮ってみようというのが主旨でした。
でも、結構楽しかったというのが本音だったりします(^^;
Commented by thecla at 2007-01-09 23:06 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
ツマベニはイメージトレーニングがばっちり出来たので、これで野外の実戦でも慌てることはなさそうです、・・・・そんなことはないか、具体的な予定もないし(笑)
子供達は、ライオン見に行こうよ、ゾウを見に行こうよと思いっきりせかしてましたよ~(笑)。もっとも温室の中は暑くて、汗かきの私は、そうでなくとも長時間滞在できそうもありませんでしたが。
この日の撮影枚数は、動物達(含む子供達)の方が圧倒的に多かったですね(^^;
Commented by 虫林 at 2007-01-10 20:15 x
この温室の中は暖かいというよりも暑いそうですね。
この時期に暑さを体験できるのはなんとなく贅沢な気がします。
小生は、南国のチョウ達に囲まれてたたずむだけで幸せなな気分になってしまいそうです。
Commented by thecla at 2007-01-12 23:46 x
虫林さん、コメントありがとうございます。
そうです、汗をかくほど暑いうえ、湿度も高くフィルターがくもってしまうほどでした。
南国にはあまり行ったことがないので、南国の蝶にかこまれ、おまけにバッタ釣りの遊びもでき、子供達も楽しめてちょっと贅沢で幸せな気分にひたれました(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2007年1月中旬 梅が咲いた      theclaさんの歴史散歩① ... >>