フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 04月 30日

2007年4月下旬 GW前半の白馬

毎年恒例のGW家族を連れての白馬行。今年は、うっかり常宿の予約を忘れており、後半は一杯、前半しか取れなかった。
GW前半での白馬行は初めてだったが、今年は積雪も少ないし、きっとカタクリもギフもベストシーズンに違いない、上手くいけばイエローバンドとの再会もかなうかもと勝手に思い込んでいた。
連休初日、中央道の渋滞を避けるため、早起きするも残念ながら天気予報は荒れ模様。長野県北部は、雨、気温もあまり上がらない予想だ。そこで、携帯の天気予報サイトで雨レーダーを見ながら、寄り道をしながら向かうことにする。
まずは、日が差していると思われる八ヶ岳方面へ向かうが、着いたとたんに雨が落ちだす。落葉松の芽吹き、花の状態ともフライングくさい。標高を上げすぎたようだ。
再度、携帯で雨レーダーをチェック、良く見ると中信方面は雨雲が無い。この前、ヒメギフを撮影した中信ポイントへ移動し、産卵シーンでも狙ってみることにし、2度目の転進。
ここはカタクリの保護区でもあるので、産卵もブッシュの中で撮影するか、長玉で狙うしかないので確率は低いが、何も無いよりはましだし、産卵なら午後からでもチャンスがある。
行ってみると、中信地方は、晴れていた。ところが、ポイントに着いた瞬間、山側から雲が降りてきた。道から手が届くひな壇のような絶好の場所にある大株のウスバサイシンをチェックすると2卵塊が。
d0054625_2385789.jpg

ヒメギフチョウ 卵塊 RICHO Caplio GX8
おまけに、雨粒が落ちだしたと思ったらあっという間に土砂降りに。仕方がないので、白馬に向かい、温泉と酒三昧に切り替え、策に溺れた一日目は終了。な~に、天気予報は日曜日は快晴、大丈夫、大丈夫。
2日目、朝から雲ひとつ無い快晴。今日は、「蝶の写真館」のDさんも白馬に来られるということなので、一緒にギフ、ヒメギフの混棲地に行くことにしていた。一足先にポイントに息子と共に着くと、何か様子が変だ。カタクリが全て終わってしまっている。これでは満開カタクリの広角画像は無理だ。遅れてくる予定のDさんに状況を連絡し、白馬のカタクリポイントをリコメンド、そちらでの合流に切り替える。
着いてみるとカタクリは満開。
d0054625_23505572.jpg

カタクリ CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro
ところが、肝心のギフチョウは飛ぶ気配がない。やばい、完全に昨年と同じ状況だ。そこに、「蝶と里山の浪漫紀行」のFさんから電話が。どうもギフは望み薄なのでヒメギフに転戦しませんかという渡りに船のお誘いだ。Dさんとも合流し、私の知らないヒメギフポイントをいくつか回ることにした。
結果はというと、姿は見るものの全く撮影できず、白馬も甘くないということを思い知らされた。Fさん、リベンジしましょうね、クモツキあたりで。
3日目、首尾よく行けば、家族サービスに徹する予定だったのだが、午前中だけという約束で、一人で別のギフ、ヒメギフポイントへ向かう。車で流していると、見覚えのある方がカメラ片手に歩いている。
「My Favorite Butterflies of Japan」のKさんだ。車を邪魔にならないところに止め、挨拶に戻ると、飛び回るギフチョウが目に入る。慌てて追いかけると、枯葉に静止、慎重にマクロで撮影。
d0054625_23411648.jpg

ギフチョウ 静止 CANON EOS Kiss DX Tamron 90mm Macro
平凡な写真だが、彷徨を繰り返した後だけに素直にうれしい。ところが、その後は、姿は見るものの気温が高いため一向に止まらない。そうこうするうちにタイムリミット、家族を迎えに行く。
昼食を購入した後、最後のチャレンジのため、ポイントに戻る。ここで、Kさんとご一緒のSさん、Tさん、Sさんとお会いし、情報を聞くと、イエローバンドと雑交個体も飛んでいる上、撮影にも成功されたという。ということで、勇気百倍、カメラ片手に歩き回るが、やっぱり止まらない。
Dさんに電話すると、昨日二人で行った別のカタクリポイントでもギフが舞っていて、吸蜜も撮影できたらしい。またも浮気心がムラムラし、そちらへ向かうことにした。
着いてしばらくは、他と同じで飛び回るばかりで、止まる気配がない。それでもやっと1頭だけカタクリで吸蜜を始め、Dさんに譲っていただき何とか撮影成功。
d0054625_23581278.jpg

ギフチョウ カタクリで吸蜜 CANON EOS Kiss DX Tamron 90mm Macro
d0054625_2358304.jpg

ギフチョウ カタクリで吸蜜 CANON EOS Kiss DX Tamron 90mm Macro
良く考えると広角接写のチャンスもあったのだが、Macroが先に出てしまっていた。
満開カタクリの広角接写およびバンドとの再会は、またの課題になってしまったが、何とか帳尻はあったかなという感じなので、飛翔写真を撮りながら、家族と車のもとに戻った。
もっとも飛翔で使えそうなのはこの一枚だけだった。
d0054625_013266.jpg

ギフチョウ 飛翔 CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro

撮影成果の方は、今ひとつだったが、ブログ仲間ともフィールドで会うことが出来たし、いい休日だった。
でも、GW後半、もう一回白馬へ行きたいな、やっぱり。
[PR]

by toshi-sanT | 2007-04-30 23:46 | | Comments(20)
Commented by kenken at 2007-05-02 01:39 x
白馬遠征、お疲れさまでした。今年の季節の進行状況の読みは難しいですね。雪が少ないので、カタクリは早く咲いて、4月が寒かったのでギフ・ヒメギフは例年通りといった発生なのでしょうか。まあ、こういう場合はダメもとで現地に行ってみるしかありませんねぇ。
しかし、この日は本当に気温が高くて、飛びっぱなしでとまりませんでしたよねぇ~つくづく撮影は難しいもんです。私もとまらないので飛翔写真に切り替えたりしました。
私の先輩、後輩、また思わぬところで遭遇したりしますので、よろしくです。挨拶の橋渡しが出来て嬉しく思っております。
Commented by 霧島緑 at 2007-05-02 01:49 x
白馬遠征、合流したかったのですが色々事情があり申し訳ありません。
その時々の状況判断にはいつも感心です。中信のヒメギフ卵撮影もしっかり抜け目が無いですね。ギフの静止も良いですね。
家族サービスと私的楽しみの両立も参考にしたいものです。
GW後半戦、こちらは3日を最有力候補、或いは4日になるかも知れません。ご一緒できれば幸いなのですが・・・
Commented by banyan10 at 2007-05-02 04:55
遠征お疲れ様です。先日の遠征で中信のポイントを教えてもらっていれば、午後から転戦できたかと、この記事を見て気づきました。(^^;
日曜は絶好の天気で、うらやましい画像が盛り沢山かと思いましたが、良すぎても難しいのですね。特に発生初期の雄は花には止まらない印象がありますね。
Commented by maeda at 2007-05-02 07:21 x
皆さんと楽しい撮影会になったようで、成果もありよかったですね。
ヒメも同じですが飛び回りはじめると、飛翔しか狙えなくなります。
午後にもう一度吸蜜の時間帯が来るまで待つしかないです。
Commented by 虫林 at 2007-05-02 14:56 x
白馬遠征、ギフチョウ撮影、オメデトウございます。
やはり、カタクリにギフチョウはいいですね。
でも、この時期に白馬を徘徊できるだけでも幸せですよ!
Commented by thecla at 2007-05-02 15:35 x
kenkenさん、コメントありがとうございます。
いらっしゃるところは大体わかってしましたが、それでもフィールドでばったり出会えると楽しいですね。
どうも今年は全般に花に比べ蝶が遅れ気味の感じですね。微妙にトリガーが違うのでしょうか。しかし、止まりませんでしたね、貴ブログのバンド飛翔拝見しましたが、やっぱり撮っておくものですね。
師匠のSさん、後輩のTさん、Sさんにもよろしくお伝えください。
Commented by thecla at 2007-05-02 15:38 x
霧島緑さん、コメントありがとうございます。
いらっしゃっているかと思ったら、赤城の方だったのですね。
今回の状況判断は、動けば動くほどドツボにはまり、最後にちょっとだけ帳尻があったような感じです。
GW後半戦、3日も天気良さそうですね、むずむず・・・・。
Commented by thecla at 2007-05-02 15:41 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
ちょうど先日の遠征時だったらちょうどよかったかもしれませんね。
日曜日は絶好の天気のもとでやってしまいましたので、ちょっと憂鬱でした(^^;
Commented by thecla at 2007-05-02 15:45 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
フィールドで同好の方にお会いできると楽しいですね。うろついた割りにはわずかなチャンスしかなかったのですが、とりあえず撮影できてほっとしています。
Commented by thecla at 2007-05-02 15:48 x
虫林さん、ありがとうございます。
カタクリの花に比べ、蝶のほうはちょっと遅れ気味の感じでした。
今の季節の白馬は、おっしゃるとおり、徘徊できるだけでも良い気分になれる季節ですね。やっぱりもう一回強襲してしまおうかな・・・(^^;
Commented by chochoensis at 2007-05-02 16:54
theclaさん、遠征お疲れ様です・・・どの写真も素晴らしいですが、枯葉に止まった「ギフチョウ」が好きです・・・この時期の雰囲気を表していて素敵だなと思いました・・・。
Commented by thecla at 2007-05-02 17:47 x
chochoensisさん、ありがとうございます。
枯葉に止まったギフチョウは、3日目での初撮影だったので、正直ちょっとドキドキしながら撮ってました。撮り終わってほっと一安心(^^;
Commented by 蝶と里山の浪漫紀行 at 2007-05-02 20:02 x
お疲れさまでした。最後は執念で撮られましたね。私は29、30日と連荘で振りまくりでした。明日、3日から懲りずに白馬通いします。バンドがいたのですか?明日は天気も良さそうなので早朝から詰めようと思っています。
Commented by kmkurobe at 2007-05-02 20:51
いい写真撮ってらっしゃいますね。条件の悪い中さすがですね・・・・・
カタクリは場所によってはまだまだ新鮮な花が咲いているようです。
Commented by thecla at 2007-05-02 21:17 x
蝶と里山の浪漫紀行さん、ご一緒したときは残念でした。
明日から白馬入りですか、もしかすると行くかもしれないので、その際は電話しますね。
Commented by thecla at 2007-05-02 21:18 x
kmkurobeさん、ありがとうございます。
Kさんたちのグループは全員でバンドを撮影されたそうなので、ちょっとムズムズしております。
Commented by 愛野緑 at 2007-05-02 23:42 x
タイトルが「前半の白馬」ということは「後半」もあり!ですか?
良いですね~。

私は4日だけ(4日間ではありません、念のため(爆))休みなので、そこでなんとかしようと思っています。
Commented by ダンダラ at 2007-05-03 00:52 x
遅れましたが、お疲れ様でした。
色々お世話になりありがとうございます。
あの後無事飛翔写真も撮れたのですね。おめでとうございます。
ギフのカタクリでの吸蜜もしっかり押さえられていて安心しました。
バンド狙いでリベンジしましょうね。

Commented by thecla at 2007-05-04 21:42 x
愛野緑さん、コメントありがとうございます。
「後半は」・・・、行ってきてしまいました~(^^;
結果は? ↑です(ToT)
Commented by thecla at 2007-05-04 21:43 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
飛翔は、あの車への戻り道で撮影しました。
バンドリベンジ、やっぱりお会いしてしまいましたね(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2007年5月上旬 神奈川県相模原市      2007年4月下旬 SIGMA... >>