フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 05月 06日

2007年5月上旬 山梨県北杜市 八ヶ岳のヒメギフチョウ

連休後半の天気予報は芳しくなかったが、5日の今日は、好天の予報に変わっていた。久しぶりに八ヶ岳のヒメギフチョウを見に行くことにした。
8時半頃にポイントに着き、まずは林の中のウスバサイシンやスミレの状況を見て歩く。ウスバサイシンの芽は出ているがまだ小さいものが多いし、スミレも少ない。
今年は、春先の寒さで思いの他発生が遅いかもしれないと思っていたら、グループで来ている方から、昨日産卵シーンが撮影出来たとうかがった。
気温も高く、風も強いからオープンスペースでの吸蜜よりも、産卵シーンを狙うことにして、林の中に潜り込む。すると産卵場所を探すように地面近くを飛ぶ個体を見つけた。
時々、ウスバサイシンに止まりそうになるが、気に入らないのか中々産卵行動に移らずやきもきする。
今年は個体数がかなり少ないらしいので、これを見失ったら大変と驚かす可能性がある飛翔撮影は封印、静止時のマクロ撮影に留め、ひたすらストーカーのように追跡する。
d0054625_23211753.jpg

ヒメギフチョウ 静止 CANON EOS Kiss DX Tamron 90mm Macro
やっと、小さなウスバサイシンの芽生えに静止するが、翅を開いたままだ。ただの静止か産卵かよくわからないが、腹部の先から卵が見えるので産卵を開始したようだ。ただ、大きな枝の影になり光の条件があまり良くない。
d0054625_23503619.jpg

ヒメギフチョウ 産卵 CANON EOS Kiss DX Tamron 90mm Macro
回り込むと、腹部と卵を同時に写すことが出来そうだが、翅を開いたままだし、落ち葉に埋もれるような場所なのでどうしても腹端暗くなってしまう。
d0054625_2328123.jpg

ヒメギフチョウ 産卵 CANON EOS Kiss DX Tamron 90mm Macro
露出をプラス補正したり、ストロボを発光させて腹部まで光が届くようにしてみたが、ストロボ発光が一番良い感じになった。
d0054625_2330315.jpg

ヒメギフチョウ 産卵 CANON EOS Kiss DX Tamron 90mm Macro(ストロボ発光)
マクロ撮影を終え、広角撮影に」切り替える。
d0054625_0134124.jpg

ヒメギフチョウ 産卵 CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro
手前の落ち葉が邪魔になるので、デジイチ広角だとこれが限界。こんなときにはコンデジの方が使いやすい。
d0054625_0104898.jpg

ヒメギフチョウ 産卵 RICHO Caplio GX8
それでも、やはり手前の落ち葉が邪魔だ。産卵も終盤に近付いたようなので、翅に触れないよう慎重に落ち葉をどけて撮影することにした。
d0054625_071825.jpg

ヒメギフチョウ 産卵 RICHO Caplio GX8
産卵終了後、地面に置いたデジイチを回収しようとしたが、目で追いかけながら2台回収するのは無理で、視線をはずした瞬間に見失ってしまった。
d0054625_23452530.jpg

産卵直後の卵 CANON EOS Kiss DX Tamron 90mm Macro
この後、もう1個体産卵衝動の高まった個体を見つけたが、産卵には至らず飛び去ってしまった。
まだ時間は早いが、今年まだ撮影していなかった産卵シーンを撮影できたし、渋滞も嫌だったので、深追いせず帰ることにした。
[PR]

by toshi-sanT | 2007-05-06 00:14 | | Trackback | Comments(25)
トラックバックURL : http://thecla.exblog.jp/tb/5335995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 一寸野虫 at 2007-05-06 00:59 x
こんばんは。
リンクして頂きどうもありがとうございました。

ヒメギフの産卵シーン素晴しいですね。

私もヒメギフを狙って4/29に八ヶ岳の長野側に行きましたが、今年は発生が遅れていた様で3~4頭しか見かけず、なんとか1頭の日向ぼっこが撮れた次第でした。
Commented by ヘムレン at 2007-05-06 01:16 x
う~ん。。いい場面に遭遇しますね。。さすがです。。ヒメギフの産卵シーン、脱帽です(^^)。。八ヶ岳も広く発生してはいますが、だんだん少なくなっているような気がします。。サイシンも他地域に比べて小さいものが多いような気がします。私の行くポイントも年々熊笹の範囲が広がってきて、サイシンが追いやられています。いつまでも飛び続けてほしいですね。。
Commented by 虫林 at 2007-05-06 07:08 x
八ケ岳のヒメギフの調査、ご苦労様でした。
産卵写真は素晴らしいです。
来年の課題ですね。
Commented by fanseab at 2007-05-06 09:04
枯葉を慎重にどけて、コンデジで・・・・、苦労が偲ばれますが、
成果が上がってよかったですね。青空が入った7枚目は流石の絵
です。
Commented by chochoensis at 2007-05-06 09:27
theclaさん、八ヶ岳ヒメギフの産卵シーン、見事ですね!素晴らしいです・・・随分苦労しただけあって、産卵の様子がシッカリ撮れていますね、お見事です、おめでとうございました。
Commented by ダンダラ at 2007-05-06 12:46 x
八つのヒメギフは良い花の咲いている場所がわからないので今年はパスしてしまいましたが、産卵シーンを拝見すると今年はまだ撮影していないのに気がつきました。
大騒ぎのギフ・ヒメギフ撮影も一息ついて、次の撮影をどうするか考える・・今日はそんな時間をゆっくり楽しんでいます。
色々ありがとうございました。
Commented by thecla at 2007-05-06 13:22 x
一寸野虫さん、ありがとうございます。
今年は八ヶ岳方面のヒメギフも時期の読みが難しいようですね。私もひょっとしたら♂の時期かもと思っていたら♀の産卵期でしたから(^^;
Commented by thecla at 2007-05-06 13:28 x
へムレンさん、ありがとうございます。
ここは、数年前に卵を確認していた場所で、ちょっとブッシュもありますが、割と平らなので産卵が撮影しやすいのではないかと目星をつけていました。
ここも数年前に比べ、数が随分と減ってしまったような気がします。
Commented by thecla at 2007-05-06 13:32 x
虫林さん、コメントありがとうございます。
今年は、産卵などの生態的な場面を全く撮影していないことに気がついたので狙ってみました。
ただ、今年の気候のせいか、個体数が随分少なかったのがちょっと気になります。
Commented by thecla at 2007-05-06 13:35 x
fanseabさん、コメントありがとうございます。
もしかしたら、今日のチャンスはこれだけかもしれないと思ったので、追跡も含めて結構必死でした(^^;
こういう環境下では、手を伸ばせばよいだけのコンデジは本当に重宝しますね。
Commented by thecla at 2007-05-06 13:40 x
chochoensisさん、コメントありがとうございます。
他に立派な株や撮影しやすい場所の葉もあったのですが、ちょっと影になりやすいところの方が好みだったようです。
おっしゃるとおり、苦労しただけあって嬉しい画像となりました。
Commented by thecla at 2007-05-06 13:46 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
ここも、林内のスミレと林外のタンポポが中心です。スミレも大きな株少ないので、中々吸蜜は絵になりにくいですね。
私は、来週遠出が出来ないので、近場で5月の蝶たちと遊ぼうと思っています。
Commented by kmkurobe at 2007-05-06 15:35
産卵写真いい感じに撮影されていますね。
白馬では発生が間延びしてしまったので、サイシンと雌の発生期がずれてしまって。葉は開いてしまっているのに未だに産卵されていません。
来年は一度北安曇以外のヒメギフに出会ってみたいなと思いますね。
クリーム。イエローがほんとうにいい感じですね。
Commented by nomusan at 2007-05-06 16:14 x
産卵画像、素晴らしいです。ご苦労が報われましたね。エエです。
それにしても、ヒメギフ綺麗だなぁ~・・・。
Commented by 霧島緑 at 2007-05-06 16:48 x
ヒメギフの産卵シーン撮影おめでとうございます。
今年のGW最後?の締めくくりに相応しいシーンですね。じっくりと構えた撮影状況とともに、緊張感が伝わってきます。
私はまだ、産卵を予測することも分らず、当然産卵にはめぐり合っていませんので大変参考になりました。
Commented by maeda at 2007-05-06 16:58 x
産卵シーンを見たくて旭川2度目の挑戦でしたが、残念ながら見られませんでした。これからもチャンスはあるのですが、他の蝶がどんどん出てきますので、日程の割り当てが難しいです。
私もそんな場面に遭遇したいです。
Commented by banyan10 at 2007-05-06 18:57
産卵シーンは卵も一緒に写って素晴らしいですね。
飛んでいるのを追いながら飛翔を撮影するかは迷うところですね。
冷静に判断したのはさすがでした。
Commented by thecla at 2007-05-06 19:37 x
kmkurobeさん、コメントありがとうございます。
長野北部のヒメギフは、今年はちょっと変ですね。こんな翌年は、発生個体数はどうなるんでしょうか。やっぱり、減るのかな。
八ヶ岳の私が行ったポイントは、例年通りくらいの感じでした。
Commented by thecla at 2007-05-06 19:40 x
nomsanさん、コメントありがとうございます。
産卵は、見つけてしまえば、吸蜜とは違って時間が長いのでじっくり撮影することが出来るので、少し気が楽です。
もっとも実際は、結構慌ててしまいますが(^^;
Commented by thecla at 2007-05-06 19:42 x
霧島緑さん、ありがとうございます。
最初に見かけたヒメギフが産卵を始めてくれたのはラッキーでした。
そうそう、白馬でご一緒したときに私がヒメギフを追いかけていたの覚えていらっしゃいますか。
あの時も産卵場所を探しているような飛び方でした。
Commented by thecla at 2007-05-06 19:45 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
北海道は、蝶が出る季節が本州よりも集中していますから、限られた休みのやりくりが大変ですね。
その分、本州には無い、濃い出会いがありそうですね。
Commented by thecla at 2007-05-06 19:49 x
banyanさん、ありがとうございます。
もう少し写しやすい場所で産んでくれれば楽だったのですが、何とか卵も一緒に写すことが出来、ラッキーでした。
飛翔の絶好のチャンスとも思ったのですが、自分のテクニックを考慮(爆)し、見守ることにしました。
Commented at 2007-05-08 00:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by maeda at 2007-05-13 07:07 x
産卵シーン、良いですね。
今年も見ておりません。こちらのヒメギフはこれからの場所もあるので、チャンスは十分にあるのですが、いろいろ出始めたので悩ましいところです。
Commented by thecla at 2007-05-13 16:40 x
maedaさん、ありがとうございます。
こちらでは、産卵期の頃は、まだ見ることが出来る種類が限られるのでちょうど良いのかもしれません。
北海道では一気に色々な種類が出るので、目移りして困りそうですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2007年5月中旬 5月の蝶の...      2007年5月上旬 白馬再訪 >>