2007年 06月 03日

2007年6月上旬 そうだ白馬へ行こう(2)

山を降りてもまだ少し時間があったので、先日クロツを撮影した場所でミヤマシジミが出ているということなので、寄ってみることにした。
ポイントに着くと、すぐミヤマシジミの♂が出迎えてくれた。
d0054625_21263023.jpg

ミヤマシジミ オス CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_21271675.jpg

ミヤマシジミ オス 訪花 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_21375537.jpg

ミヤマシジミ オス 開翅 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
数頭のオスに混じって♀が1頭いた。良く見ると、後翅に青鱗がのっている。
d0054625_21294926.jpg

ミヤマシジミ メス CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_21335563.jpg

ミヤマシジミ メス CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
180度に開いてはくれないが、一番開いた状態だとこんな感じ。
d0054625_2136216.jpg

ミヤマシジミ メス CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
この時期だったら、青鱗が発達した個体がいるかもしれないと期待していたのだが、期待通り出会えるとやっぱりうれしい。
おまけにこのメスは産卵シーンまでサービス良く撮影させてくれた。
d0054625_21385856.jpg

ふと気がつくと4時を回っていた。そろそろ帰らないと渋滞が心配だ。帰り支度を始めると、すぐ目の前にオスが翅を広げていた。マクロでばかり撮っていて広角を使っていないことに気がついたので、GX8でお約束の縦広角撮影。
d0054625_21471623.jpg

ミヤマシジミ オス RICHO Caplio GX8 (ストロボ発光)
何故かいつも渋滞する小仏トンネルもスムーズに抜け、行きとあまり変わらない時間で家に帰り着いた。
[PR]

by toshi-sanT | 2007-06-03 21:50 | | Comments(18)
Commented by fanseab at 2007-06-03 22:29
おっと、一番乗りかな?いや~、美しすぎる画像の連続ですね。
♂も♀も、溜息の出るミヤマ画像、堪能いたしました。
Commented by kenken at 2007-06-03 23:32 x
えぇなぁ~、広角写真を拝見すると、やや雲があって、直射日光ではないようで、良い仕上がりですね。
開翅のマクロ、Tamron90mmらしい柔らかいボケが出ていて傑作であると思います。わしも行っておくんやった。(T0T)
Commented by thecla at 2007-06-03 23:32 x
fanseabさん、一番乗りありがとうございます。
クモツキのときは慌てまくってましたが、ミヤマシジミだと冷静にじっくり撮影することが出来ました。
クモツキが駄目だったときの保険のつもりだったのですが、そんな心積もりが失礼(笑)だったほどサービス満点でした。
Commented by 霧島緑 at 2007-06-03 23:37 x
転戦も大成功ですね。
雌雄とも翅表の美しさが際立っています。
こちらはオレンジに敗戦し、黒いのに転戦しました。やっぱ携帯入れておけばよかったな・・・
Commented by thecla at 2007-06-03 23:59 x
kenkenさん、ありがとうございます。
青空は広がっていたのですが、徐々に雲が増え太陽に薄く雲がかかった状態で、ちょうど良い感じになりました。
タムロンの柔らかいボケ味やっぱりいいですね。いつも長玉にしようか90マクロにしようか迷いますが、こっちは90マクロで正解でした。
Commented by thecla at 2007-06-04 00:02 x
霧島緑さん、連続コメントありがとうございます。
私の場合、「山本勘助」ばりの軍師様のおかげですよ。
Commented by maeda at 2007-06-04 06:15 x
青い♀は綺麗です。
標本はあるのですが絵がありません。
松本市で比較的沢山の青い♀を見ることが出来ました。秋でしたが。
Commented by chochoensis at 2007-06-04 20:40 x
「クモツキ」の後は、ミヤマシジミですか・・・これも綺麗ですね、雄もよいですが、雌の後翅外縁のオレンジ色が好きです。ブルーも乗っているようですね・・・すばらしい。
Commented by banyan10 at 2007-06-04 21:31
ミヤマシジミの青♀はなかなかチャンスありませんよね。
産卵のサービス付きとは文句なしですね。(^^;
最後の広角も見事です。広角でストロボは露出が難しいので、あまり使っていません。
Commented by ainomidori443zeph at 2007-06-04 22:12
いや~、オレンジもブルーも素晴らしいですね。さぞかし大吟醸が美味しかったことでしょう!
チャンスが有れば私も行ってみたいのですが・・・。
Commented by thecla at 2007-06-04 23:02 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
一頭しかいなかったメスが青いメスでした。昨年夏に撮影したメスもうっすらと青鱗がのっていたのですが、今回の方が青が広いようです。
ミヤマシジミは割と青いメスが多いのでしょうかね。
Commented by thecla at 2007-06-04 23:07 x
chochoensisさん、連続コメントありがとうございます。
ミヤマシジミは、オスのブルーも綺麗ですが、メスも近縁種の中では一番でしょうか。裏面にも目立つ青い紋がありますし。
こっちは、クモツキと違ってかなり余裕がありました(^^;
Commented by thecla at 2007-06-04 23:12 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
昨夏、撮影した中にも青鱗が乗った個体がいたので、信州のミヤマは結構確率が高いのではないかと思っていたのですが、そうでもないのですね。
産卵は、前のときのクロツと同様、枝や草の陰になることが多かったのですが、粘っていたらあまり邪魔物がないところで産んでくれました。
広角のストロボ、実はカメラが勝手に発光させました(笑)、一応光るだろうと想定はしていましたが。
Commented by thecla at 2007-06-04 23:15 x
愛野緑さん、コメントありがとうございます。
クモツキはもちろんですが、ミヤマの青♀は、ちょっと期待していたので嬉しかったですね。
はいっ、大吟醸は最高でしたよ。ちょっと呑み過ぎましたが(^^;
今年は、山の上は遅れ気味の感じなので、まだまだこれからですよ。
Commented by nomusan at 2007-06-05 06:15 x
う~ん、これは美しいですね! 雄のブルーももちろんですが、うっすらと紫がのった雌もまた何とも言えず美しい。裏面の青い紋も良いアクセントになてますね。ええなぁ~・・・九州にもいてくれたら(爆)!。
Commented by 虫林 at 2007-06-05 18:32 x
↓出遅れました。北アのクモツキはまだ出始めみたいですが、ちゃんと撮影してくるところが凄いところですね。さすがです。こちらはNullでしたので-----。さらにミヤマシジミも翅の青が目にしみます。甲府市内のミヤマシジミのポイントが、大きな開発を受けてしまい。現在はその姿を見ることが出来なので、心配しています。
Commented by thecla at 2007-06-05 22:45 x
nomusanさん、コメントありがとうございます。
ミヤマシジミの第一化は今まで撮影したことなかったのですが、やっぱり綺麗ですわ。これが押さえになるので、思い切ってクモツキ狙いが出来ました(^^;
Commented by thecla at 2007-06-05 22:50 x
虫林さん、コメントありがとうございます。
今回は、現地の飛翔コースに詳しいFさんにご案内いただいたので何とか撮影できました。
甲府市内のミヤマシジミポイント残念ですね。今度教えていただこうと思っていたのに・・・・。でも生き延びて復活してくれることを祈っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2007年6月上旬 東京都町田...      2007年6月上旬 そうだ白馬... >>