フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 06月 17日

2007年6月中旬 オレンジ祭り?

今日も梅雨入りしたとは思えない絶好の晴天。最高のオレンジ日和、8時過ぎに、家を出て、山梨へ向かう。2時間ほどでポイントへ到着。
オレンジ色の目的物は、たわわに実っていた。
d0054625_20571078.jpg

さくらんぼ CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro
そう、今日は子供達と約束した「さくらんぼ狩り」の日だったのだ。えっ何でオレンジ祭りかって、さくらんぼですよ、さくらんぼ。逆光でのクモツキのオレンジを思わせるおいしそうな濃いオレンジでしょ(ちょっと無理?)。
樹上で完熟したさくらんぼは甘酸っぱくてとても美味しい。直接樹からもいで食べる機会は滅多にないから子供達にとってはとても楽しいらしい、よかったよかった。
さくらんぼ狩りの後、近くの草地で蝶を探したところ、大ぶりなシジミを見つけた。やったあ、アサマシジミ、それも後翅にほんのり青い鱗粉がのっていると思ったが、良くみたらミヤマシジミのようだ。
d0054625_21444829.jpg

ミヤマシジミ CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm
この後は、特段何も見つけられなかったので、日帰り温泉で一風呂浴びて帰った。

----------------------------------------------------------------------------------------------
<ミドリシジミ>
さくらんぼ狩に行く前に、早起きしてミドリシジミを探しに行った。
早朝は、周囲の林の影になって光が当たらないポイントなのだが、下草に数頭のミドリシジミが止まっていた。
d0054625_2158486.jpg

ミドリシジミ 静止 CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm ISO 800
d0054625_21582410.jpg

ミドリシジミ 静止 CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm ISO 1600
暗くて長玉では駄目かと思っていたら、結構いけるじゃないか。
そのうち期待どおり開翅する個体も現れた。
d0054625_2292057.jpg

ミドリシジミ 開翅 CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm ISO 1600
d0054625_22103026.jpg

ミドリシジミ 開翅 CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm ISO 800
d0054625_22104639.jpg

ミドリシジミ 開翅 CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm ISO 800
飛ぶときに綺麗なB紋が見えたメスがいたが、時々短い距離を羽ばたくが、開翅はしてくれない。数枚飛翔を撮ってみたら、ちょっとピントが甘いがAB型の紋様が写っていたのが一枚あった。
d0054625_22162373.jpg

ミドリシジミ メスAB型 飛翔 CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro
さくらんぼ狩りに出かける時間が近付いてきたので、最後にGX8の広角を撮ってポイントを後にした。
d0054625_22184521.jpg

ミドリシジミ 静止 RICHO Caplio GX8 (ストロボ発光)
[PR]

by toshi-sanT | 2007-06-17 22:20 | | Comments(22)
Commented by maeda at 2007-06-18 21:09 x
♀の開翅が見られなかったのは残念でしたね。
私の観察では♀も日光浴のために良く開くようでした。
Commented by thecla at 2007-06-18 21:19 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
一瞬開翅したO型の♀もいたのですが、上手く撮れませんでした。
ここは8時頃まで日が当たらないので、もう少し粘った方がよいのかもしれません。ただ、粘れる時間があるときは、つい他の場所に行ってしまうんですよね。
Commented by 虫林 at 2007-06-18 21:51 x
皆さん、家の近くにミドリシジミポイントがあって良いですね。
朝飯前にミドリシジミなんて、風流ですな(?)。
さくらんぼのついでにミヤマシジミは、素晴らしい根性ですぞ。
Commented by thecla at 2007-06-18 21:58 x
虫林さん、コメントありがとうございます。
前からミドリシジミがいたのは知っていたのですが、それなりに姿が拝めるとは思っていませんでした。もっと前から行っておくべきだったようです。
ミヤマは気になる草地があって、家族を車に置いて降りたらすぐいました。見つかるときにはこんなもんですね。もっとも他には何もいませんでしたが。
Commented by ヘムレン at 2007-06-18 22:14 x
さくらんぼ狩りの行きしなにちょっと・・・いいですね(^^)。。おまけにしては、でっかいです。。
羽を開いてくれるかどうかは、微妙なタイミングですね。風が吹いても、日が翳っても、うまい具合に開いてくれないです。。半開の写真がとっても好きなんですが、それがまた難しい(^^;)
Commented by thecla at 2007-06-18 23:32 x
へムレンさん、コメントありがとうございます。
半開で表と裏が一緒に撮れるといいのですが、また中々撮れないところが楽しいところかもしれませんね。
ここは、早朝日当たりが悪いのであまり良い条件ではないかもしれませんが、地元に健在であることが確認できるのは他にはかえがたい良さだと思っています。
Commented by 愛野緑 at 2007-06-18 23:46 x
感度1600でも行けますね。
撮影中はISOはほとんどいじりませんが、いつか試してみよ~っと!
Commented by kmkurobe at 2007-06-19 00:06
どうしてこんなにみなさんミドリシジミが撮れるの・・・・・
なんかこちらのアサマシジミみたいですね・・・・・・
いいなあ・・・・・恐れ入りました。
Commented by chochoensis at 2007-06-19 06:50 x
theclaさん、「さくらんぼ狩り」お疲れ様でした・・・早朝のミドリシジミ散策、素晴らしいですね・・・早朝の雰囲気が充分伝わってきて素晴らしいです。ミヤマも羨ましいです。
Commented by ダンダラ at 2007-06-19 08:03 x
オレンジ探索ご苦労様でした (^_^;)
この時期になるとミドリシジミの♂の開翅を狙うには、夕方には木の上に方に上がってしまっているので早朝しかないみたいですね。
いかにも早朝という感じに撮れていて、家族旅行前に頑張った甲斐があったというものですね。
Commented by fanseab at 2007-06-19 22:58
ミドリシジミ開翅、かなり難しい条件下で素晴らしい発色ですね。
ISO1600でこの画質はさすがCMOSセンサーですね。こんな
画像を拝見すると、ボディだけでもN社からC社に代えたくなります(^^)
Commented by thecla at 2007-06-19 23:11 x
愛野緑さん、コメントありがとうございます。
ISO1600は今まであまり使っていませんでしたが、正直800も1600も違いが良くわかりません。
思い切って使ってみてもいいかもです。私はIS付いてないもんで(^^;
Commented by thecla at 2007-06-19 23:15 x
kmkurobeさん、コメントありがとうございます。
関東の平地のミドリシジミは狭いポイントが多いのですが、結構いろんなところに生き残っています。
信州だと、あの湿原あたりは多いのではないでしょうか。
でも、近所にあちこち、アサマとかギフがいるほうがやっぱりいいなあ。
Commented by thecla at 2007-06-19 23:17 x
chochoensisさん、コメントありがとうございます。
貴ブログのポイントのように♀全部の型を一時にというわけにはいきませんが、中々良いポイントです。地元のミドリシジミはとても愛着が沸いていいもんですね。
Commented by thecla at 2007-06-19 23:21 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
あっちのオレンジは今年はもう無理そうですが、こっちのオレンジも美味しいですよ(笑)
早朝に色々撮れたので、子供達に余裕で付き合うことが出来ました(^^;
性懲りも無く、帰った後夕方もう一度行ったのですが、翅が半分になった♀がいただけで皆樹上に上がってしまったようでした。
Commented by thecla at 2007-06-19 23:24 x
fanseabさん、コメントありがとうございます。
あそこは、早朝日が当たらないので、中々しんどいです。でもISO1600でこれなら十分ですよね。
ただ、レタッチするとノイズが目立つのであまりいじれませんけど。
今週末も授業参観があるのでその前に今度は90mmMacroでトライしてみようかと思っています。
Commented by kenken at 2007-06-20 00:16 x
ミドリシジミはやはりZeph撮影の基本ですね。
開翅位置を探索したり、カメラの感度とシャッタースピードの関係を考えたり・・・生態写真撮影についていろいろ考えさせられますね。
私もこの季節、Zephを撮らねばと思いながら、ついつい他の蝶にカメラを向けていますが、そろそろまじめにZephもと思っています。
おっ、この♀、ABじゃないですかっ!いつかAB♀のピカピカの開翅を撮ってみたいですなぁ~
Commented by thecla at 2007-06-20 22:53 x
kenkenさん、コメントありがとうございます。
神奈川のミドリシジミは住宅地開発に残された都市公園のような場所で、意図的にハンノキを残すようにしているのが奏功して細々と残っているのが現状です。
そのため、撮影条件がシビアな場合が多いのですが、あれこれ考えるのもかえって楽しいかもと思っています。
長玉入手されたのですから、是非Zeph画像をキマリンのように掲載してください。
このABピカピカだったのはわかっていたのですが、時間切れで涙をのみました。
Commented by 霧島緑 at 2007-06-21 07:06 x
家族サービス、ご苦労様です。と、その前にしっかり押さえるところは押さえていますね。
まだ太陽光線があたっていないようで、雄のグリーンは深い色合いに撮影されていますね。AB型の雌は惜しかった。赤・青紋ともハッキリ出た個体のようですね。
Commented by thecla at 2007-06-21 23:36 x
霧島緑さん、コメントありがとうございます。
ゼフの輝きは光の当り具合で大きく変わりますね。日が当たってのキンキラも撮りたいのですが、ここは日が当たりにくいので難しいかもしれません。
AB型のメスは未練があったのですが、時間切れまで開いてくれませんでした(^^;
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-06-23 20:18
タイトルで100%クモツキ成功だと思ったのですが、サクランボとは。なかなか憎い演出です。関東ではミドリシジミが旬のようですね。本日以前いた、ハンノキを叩きましたが、一頭も飛び出さず。関西は不作のようです。
Commented by thecla at 2007-06-23 20:25 x
ノゾピーさん、さくらんぼへの反応(笑)ありがとうございます。
結局、今年はクモツキへのチャレンジは証拠写真を撮影できた一回限りになってしまいました。
関東低地のミドリシジミは今年もそれなりに見られたのではないかと思います。関東の方がミドリシジミが多いのでしょうかね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2007年6月下旬 早朝散歩      2007年6月中旬 フジミドリ... >>