フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 07月 10日

2007年7月上旬 但馬遠征(1) ウスイロヒョウモンモドキ

7月7日、8日と兵庫県のウスイロヒョウモンモドキの観察会とマーキング調査に参加した。「自然を見つけに山歩き」のBさんと合流し、まずはマーキング調査に協力するため集合場所へ向かう。
12時集合だから、早めに着いたら先にちょっとだけ撮影しようなどと考えていたのだが、結局着いたのはほぼ集合時間だった。

マーキング調査は1日目の午後、2日目の午前、午後の計3回行われるとのことだったが、1日目の午前、2日目の午後の2回の調査に参加し、2日目の午後は調査から離れ観察会に参加させていただくことにした。
チョウ類保全協会のNさんから詳しい調査方法の説明を受けたのだが、簡単に言うと、生息地に調査区画(6区画)を設け、調査区画内でチョウを捕獲、翅に数字を書き(マーキング)放した後、再度捕獲し、その割合から全体の個体数を推定するというものだ。
その計算式(ペテルセン法)は、
  N:調査地全体の個体数      M:最初(1回目)に捕獲してマークした個体数
  n:2回目に捕獲した全体の数   n:2回目に捕獲した全体の数のうち、すでにマークしてある個体の数
  から、N:M=n:m  N=Mn/m となる。
この方法では、捕獲の割合で個体数を推定するので、一箇所でマーキングするよりも、調査範囲をなるべくくまなく歩き、それぞれの場所でマークすることが重要となるとのことだった。
要は、「さぼらず、調査区域を徹底的に歩いてください」ということらしい。
※この地域一帯のウスイロヒョウモンモドキは、自然公園法で捕獲が禁止されているので、このマーキング調査も正式に許可をもらって実施しています。

調査区域に着くと、お借りしたネットを手に早速調査開始。最初は、簡単だと思ったのだが、やってみると結構難しい。何とかネットに入れてもマーキングに手間取る上に、時には逃がしてしまう始末。普段全くネットなど振ることが無いので仕方がないか。
もっとも、私に割り当てられた調査区画は、生息地の外縁部にあたりあまり個体数は多くない場所とのことで、足を引っ張る度合いが少ないと正直ほっとした。
それでもしばらくやっていると、少し慣れてきた。また、幸い曇りで多数の個体が飛び回る状態ではないので、マーキング後の静止シーンなどを少し撮影することも出来た。
d0054625_231782.jpg

ウスイロヒョウモンモドキ♂ 開翅 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_2312436.jpg

ウスイロヒョウモンモドキ♀ 開翅 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
マーキング調査では、♂♀の区別も記録するのだが、斑紋は♂♀ともほぼ同じ、若干♀の方が大ぶりなのだが、胴体で区別するのが簡単だと教えてもらった。
d0054625_237217.jpg

ウスイロヒョウモンモドキ RICHO Caplio GX8
d0054625_239548.jpg

ウスイロヒョウモンモドキ RICHO Caplio GX8 (腹部にダニがついている?)
d0054625_23101998.jpg

ウスイロヒョウモンモドキ RICHO Caplio GX8
1回目のマーキング調査でマーキングした総個体数は6調査区で300頭超、私も参加した調査区では34頭。一番少なかった(^^;
数年前には、一日広範に歩き回って数ペアという状態だったそうだから、草刈の時期を幼虫が越冬態勢に入った後の時期にするなどの保全活動のおかげで個体数が急回復したことが良くわかる。
マーキング調査の後、「兵庫ウスイロヒョウモンモドキを守る会」関係者の方々が本当に嬉しそうにそう話す姿が印象的だった。
[PR]

by toshi-sanT | 2007-07-10 23:28 | | Comments(22)
Commented by kenken at 2007-07-11 01:20 x
遠路はるばる、有り難うございました。マーキングまでも手伝っていただき恐縮です。(笑)
う~む、いずれも黒っぽくて渋いウスイロが映ってますねえ~
多くの写真をお撮りになったでしょうから、のんびりとUPしましょう。
Commented by Dodo Boy at 2007-07-11 12:53 x
どうも、ウスイロ調査のヘッポコな相方、Dodo Boyです。
その節は本当にお疲れ様でした~!
個体数は少なくてもなかなか歩きにくい箇所の多い範囲でしたし、
慣れないネットのあつかいと共に体力的に辛かったですね。
また機会があればどこかでご一緒できればと思いますので、どうぞ
今後ともよろしくお願いいたします☆
Commented by ash at 2007-07-11 20:09 x
初めまして!
ウスイロの観察会でご一緒させていただいた『野道を行けば』のashです。
普段あまり同好の方々とご一緒する機会があまり無ありませんので、
大丈夫かな?とちょっぴり心配だったのですが、
気持ちの良い方々ばかりで、とても楽しい時をすごす事ができました。
本当にありがとうございました!
観察会で汗だくになっておられた関係者の皆さんを見て、
大変そうだなーとは思いましたが、
ブログを拝見して、改めてあの両日のマーキング調査の大変さを知りました。
本当にお疲れ様でした。

いつかぜひ広島へもいらしてくださいね。
その際にはマイフィールドをご案内させていただきます。
Commented by chochoensis at 2007-07-11 21:08
theclaさん、ウスイロの調査、お疲れ様でした。順調に個体数が増えているんですね・・・いつまでも観察できるように祈っています。今回の調査が保護のために役立つ事を願っています。未だ観察したことがないので、とても新鮮に感じました・・・。関係者の頑張りに拍手です・・・。
Commented by maeda at 2007-07-11 21:21 x
お疲れ様でした。
マーキングしながら絵もしっかり押さえておられますね。
ウスイロはこんなに黒かったですかね?
久しく見ていないので忘れてしまいました。
Commented by fanseab at 2007-07-11 22:12
但馬遠征、そしてマーキング調査お疲れ様でした。あそこの生息地は場所によっては、スキー上級者向け斜面(ウェーデルンに絶好?)なので、ネットを持たれての調査作業は大変だったと思います。
2枚目と5枚目が示す個体変異の巾を確認できるほど、個体数が増加してきたようで、一安心ですね。
Commented by banyan10 at 2007-07-11 22:33
同行ありがとうございました。
2日間のマーキングお疲れ様です。(^^;
雌雄の見分け方も慣れないと難しい部分がありますね。
この計算式、何となく分かるのですが、本当に理解するにはもっと難解な証明が必要になるのでしょうね。
続きの写真も楽しみにしています。
Commented by 虫林 at 2007-07-11 23:07 x
この暑い中で、マーキング調査、ご苦労様でした。
ウスイロの写真もとてもきれいです。
Commented by ダンダラ at 2007-07-11 23:28 x
ウスイロ遠征お疲れ様でした。
この個体数推定の計算式は高校の生物で良く扱うものでして、ちょうど今回の定期試験に出題した所です。
身近なチョウで実際に使われているのを見てうれしくなりました。
その結果がわかったら来年の定期試験の問題に使おうかしらなんて思ってしまいます。。
Commented by kmkurobe at 2007-07-12 20:07
それにしても、随分個体数が増えるものなのですね。
ダニがついていたのですね。致命傷にはならないのでしょうか。
先日撮影したオオムラサキにはなんとサシガメがついている雄がいました。
自然は本当にすごいものです。
Commented by thecla at 2007-07-12 21:30 x
kenkenさん、観察会午後は生息地を色々ご案内いただきありがとうございます。
マーキングはNさんトラップ(笑)に見事はまりましたが、丁寧に担当地域を歩くことで、かえって貴重なシーンが撮影できたかもしれません。
週末3連休も台風の影響で天気が悪いようですから、のんびりUPします。
Commented by thecla at 2007-07-12 21:35 x
DoDo Boyさん、こちらこそ足を引っ張る相方でご迷惑をおかけしました。
そういえば、DoDo Boyさんが見つけた個体に便乗させていただいたケースも多かったような、その点でもありがとうございました。
HP拝見しましたが、微妙に活動エリアが重なっている場合もあるみたいですね。どこかのフィールドでばったりなんてのがあったら楽しいでしょうね。今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by thecla at 2007-07-12 21:40 x
ashさん、コメントありがとうございます。
観察、宴会とも大勢でわいわいやるのも楽しかったですね。もっとも私の場合、汗の割りに調査への貢献度は低かったかもしれませんが。
普段情報すら接することのない広島方面のお話とても魅力的でした。広島遠征の機会があった折にはよろしくお願いいたします。
Commented by thecla at 2007-07-12 21:42 x
chochoensisさん、コメントありがとうございます。
保全のためには、地味ですが個体数動向の把握はとても重要のようです。あまり役には立たなかったかもしれませんが、気持ちだけはといったところです。
Commented by thecla at 2007-07-12 21:44 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
もっと明るいというか薄い色の個体の方が本当は多いのですが、曇っていたこともあるのか、つい黒くて渋い個体にばかり目が行ってしまいました。
あっ、マーキングがメインですよ、ほんとに(笑)
Commented by thecla at 2007-07-12 21:47 x
fanseabさん、コメントありがとうございます。
私が担当した調査区は、大パラで飛ばしたら気持ち良さそうな斜面でしたので、他の調査区より斜面的には楽だったと思います。もっとも面積は広かったのでそれなりに大変でしたが。
確か、昼食時の仮集計と試算では1,000頭くらいの推計値だったと記憶しています。
Commented by thecla at 2007-07-12 21:50 x
banyanさん、こちらこそレンタカーの手配の上に運転までしていただいてありがとうございました。
結果的には、マーキング調査をやっていた方がウスイロと戯れる時間が長くて良かったのかもしれません。続きは、のんびりUPする予定です。
Commented by thecla at 2007-07-12 21:53 x
虫林さん、コメントありがとうございます。
曇天の時間が長かったので、ピーカンよりも大分楽だったようです。曇りの方が発色もいいですし。
大汗をかきながらのマーキング調査の後のビールは充実感もあって最高でした(^^;
Commented by thecla at 2007-07-12 21:55 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
この計算式ってそうでした。あれっ、大学も生物で受けたのですが、全く覚えていません(^^;
普通の比率計算といえばそうなのですが・・・。
Commented by thecla at 2007-07-12 21:59 x
kmkurobeさん、コメントありがとうございます。
絶滅寸前という状況から、短期間で急回復したようです。草原のチョウの衰亡は近年激しいものがありますが、環境が回復すれば急回復するものなのですね。
ダニは、後で写真を見て気がつくことがたまにあるのですが、影響はやっぱりあるんでしょうかね。
Commented by 霧島緑 at 2007-07-14 10:57 x
ウスイロ撮影おめでとうございます。また、保護のためのマーキング調査などに参加され、貴重種の保全に一役買った思いは感慨深いものがあると思います。
このような地道な保護活動には頭が下がると同時に、参加者の熱意にも触れてみたいですね。いずれ参加してみたいな。
お疲れ様でした。
Commented by thecla at 2007-07-14 12:54 x
霧島緑さん、ありがとうございます。
マーキング調査はちょっと齧っただけ、という程度ですが、良い経験になりました。ただ撮影するよりも一層の愛情がわくような気がします。
なんて、気のせいかな(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2007年7月上旬 但馬遠征(...      2007年6月下旬 山梨県 ア... >>