フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 08月 04日

スイスの花と蝶2007 速報(2)その他の蝶

谷を挟んでマッターホルンをのぞむ高山帯で、サクラソウのようなピンクの花を見つけた。
d0054625_239317.jpg

Lychnis alpina CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro
図鑑で調べるとサクラソウではなく、ナデシコ科の花だった。

高山帯で出逢った派手目な小型のヒョウモンモドキの仲間。
d0054625_2224987.jpg

Hypodryas cynthia CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro
いかにも高山蝶という紋様であり、山を背景にすると引き立つ気がする。
d0054625_22242710.jpg

Hypodryas cynthia RICHO Caplio GX8

高山帯でよくみたモンキチョウの仲間(Colias)。アルプスの2,000m以上で見かけるColiasはほとんどフィコモネモンキチョウらしいから、これもフィコモネとしておく。
d0054625_22291078.jpg

フィコモネモンキチョウ? Colias phicomone? CANON EOS KIss DX TAMRON 90mm Macro

ツェルマットの村周辺から2,000m以上まで、アポロがいる場所には大きめで白っぽいブルーのシジミを良くみかけた。図鑑を見る限り、コリドンルリシジミに見える。止まっている花はミヤコグサの仲間でLotus corniculatusではないかと思う。
d0054625_2237682.jpg

コリドンルリシジミ? Lysandra coridon CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro 
同じような場所では、ベニシジミの仲間も多かった。Heodes virgaurae フチグロベニシジミ(Lycaena hippothoe 勘違いでした)ではないかと思う。
d0054625_22482872.jpg

フチグロベニシジミ Heodes virgaurae ベニシジミの仲間 Lycaena hippothoe CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro

ツェルマットの村近く、ヒョウモンモドキの裏面に良く似た蝶が吸水していた。
d0054625_22583497.jpg

ヒメフチグロヒョウモンモドキ Meritaea didyma CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
表面は、はっとするほど鮮やかなオレンジ。
d0054625_2258549.jpg

ヒメフチグロヒョウモンモドキ Meritaea didyma CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro

マッターホルンのすぐ近くの高山草原で、コヒョウモンモドキの仲間が交尾しているのを見つけた。動かないので山を入れて広角撮影をするには最高の被写体だ。
d0054625_2352596.jpg

コヒョウモンモドキの仲間 Mellicta athalia ? RICHO Caplio GX8

「速報」はこれで終わりにし、オフシーズン中心に日記形式でスイスの花と蝶2007を再開する予定です。

※種類名は図鑑を見たものの自信がありません。
[PR]

by toshi-sanT | 2007-08-04 23:15 | スイス | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://thecla.exblog.jp/tb/5917985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ze_ph at 2007-08-05 01:36 x
うむむむ・・・マッターホルン、物凄い景色ですね。
ところで、1枚目の写真は右側にベニモンマダラの仲間の交尾が写りこんでいますが、それは意図したものなのでしょうか。
もし、偶然なら奇跡的ですよね^^;;;
Commented by maeda at 2007-08-05 08:23 x
鮮やかな色彩の蝶たち、綺麗ですね。はじめのモドキを除くと、フランスの低山地でも見ることが出来ました。フチグロベニシジミはかなり速い飛翔でした。背景の山がとっても印象的です。
Commented by thecla at 2007-08-05 19:00 x
ze_phさん、コメントありがとうございます。
マッターホルンは、特徴的な山容なので、背景に写しこむには最適かもしれません。結構こだわったんですよ(笑)
1枚目の件ですが、最初はもう少し左側から撮っていて、「どうもマッターホルンと花が重なってしまうな~」と思い、少し左側に移動したら、ファインダー内にはいっているのに気がつきました。
ということは・・・、偶然半分、狙って半分ということにしておいてください(^^;
Commented by thecla at 2007-08-05 19:07 x
maedaさん、ありがとうございます。
最初のモドキは図鑑を見るとアルプスとブルガリアの高標高地に分布しているだけのようです。色合いの珍しさといいすっかり気に入ってしまいました。
medaさんお好みのエレビア類は、表と裏を揃えたのを何種類か撮影していますので、おいおい出していきます。
Commented by nomusan at 2007-08-05 21:09 x
う~ん、素晴らしいですね~・・・。マッターホルンに見たこともない蝶たち・・・。どれも甲乙つけれません。もっともっと見たいです。
Commented by thecla at 2007-08-05 22:50 x
nomusanさん、コメントありがとうございます。
撮影枚数が多かったので、まだ整理できていません。秋から冬にかけてゆっくりと引っ張る予定です(^^;
Commented by kenken at 2007-08-05 23:47 x
マッターホルンと青空にモドキの仲間が映えますねぇ~
ヒメフチグロヒョウモンモドキですか、独特の濃い色が鮮やかです。
Commented by thecla at 2007-08-06 00:24 x
kenkenさん、コメントありがとうございます。
実は、日本でyahooの天気予報見ていたらあまり良くなくて心配したのですが、行ってみれば好天の連続でラッキーでした。
スイスはモドキの仲間の種類、色彩とも豊富で楽しいですよ。ただちょっと小振りの蝶が多いですかね。
Commented by ainomidori443zeph at 2007-08-09 10:32
マッターホルンはジグソーパズルで見るくらいですね。
多くの蝶の写真にマッターホルンが入っていますね、絵はがきいや、写真集になりますよ!素晴らしい。
日本のベニシジミもこれくらい鮮やかなオレンジなら人気が出るのでしょうね。
Commented by thecla at 2007-08-09 23:56 x
愛野緑さん、いいでしょう、マッターホルンを背景にした高山蝶の画像。
広角用機材を充実させた成果があったようです(^^;
スイスのこのベニシジミは綺麗ですよ、そのうち全開画像も出します。
Commented by miyagi at 2007-08-10 22:50 x
teclaさん☆日本の蝶の仲間でもやはり外人っぽい風貌ですね(^^;
手当たり次第に撮ってもお初の蝶さんなんて楽しめますね!
マッターホルンを背景にした交尾写真なんて豪華すぎです☆☆☆(^^)
Commented by thecla at 2007-08-10 23:08 x
miyagiさん、連続コメントありがとうございます。
スイスの蝶は日本のものと似ていて、その割には「初めて見るぞ」感もあるので、本当に手当たり次第に撮っていました。
新鮮味があって、思いっきり楽しめました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2007年8月上旬 富士山麓の...      スイスの花と蝶2007 速報(... >>