フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 12月 08日

2007年12月上旬 東御市のミヤマシロチョウ越冬調査

「日本チョウ類保全協会」事務局の中村さんとミヤマシロチョウの越冬巣の調査に行ってきた。
東御市のSさんに案内いただき、
「蝶の玉手箱」のcactussさん、浅間山麓国際自然学校のSさん、長野県自然保護課のYさん、東御市役所の方など総勢7名で調査に向かった。
d0054625_22213096.jpg

調査前の集合写真
前日の天気予報は曇りで気温も低かったので、もう使わなくなったスキーウェアを持っていったのだが、ピーカンの好天で登っていると暑いくらいだった。そのため途中でTシャツ一枚になったが、やっぱり寒かった(笑)
調査内容は、昨年の八ヶ岳の場合と同様で食樹調査と越冬巣調査の両方を行うのだが、今回は越冬巣の食樹内での位置も記録した。そのため越冬明けにどの程度減少しているか等の追跡調査も出来る。
d0054625_22315271.jpg

ミヤマシロチョウの越冬巣(ヒロハノヘビノボラズ) RICHO Caplio GX8
d0054625_22323381.jpg

ミヤマシロチョウの越冬巣(メギ) RICHO Caplio GX8
八ヶ岳との比較で言うと、食樹は小さなものが多いが、越冬巣の数はそれなりに見られた。ただ、全部調査できたわけではないが、思ったより少なく当初予想の半分くらいだった。
また、午後別の地点を少し調査したが、そちらは食樹も少なく、越冬巣の数も少なかった。こちらは、4年前には多くの個体を見た場所なのだが、今夏行った時に環境が少し暗くなり花も少なくなっていたので気になっていた。
比較的環境が安定していると言われる東御市のミヤマシロチョウだが、年による個体数の変動もあるとは言え、そんなに楽観できる状況にはないのではないかと思った。

第一地点の調査終了後昼食にしたのだが、その際中村さんが、クガイソウを見てコヒョウモンモドキの巣を探そうと言うやいなや、一発で目の前のクガイソウで越冬巣を見つけてしまった。すごいもんだ。
d0054625_22565016.jpg

コヒョウモンモドキ越冬巣(クガイソウ) RICHO Caplio GX8

午後2時を回ると急速に冷え込み、冬らしい風景になる。
d0054625_22582471.jpg

ただ、しばらく山歩きをしていなかったので、ちょっとバテてしまった(^^; 来週は八ヶ岳でのミヤマシロチョウ調査が予定されているのだが、用事もあるしそちらは勘弁させてもらうことにしよう。

最後に4年前にたくさん見た第2地点で撮影したミヤマシロチョウの画像を載せておこう。実は息子用のコンデジを借りて撮った、デジカメでの蝶撮影第一号がこれなのだ。
d0054625_23205338.jpg

ミヤマシロチョウ 静止 CANON IXY DIGITAL 2003年7月
[PR]

by toshi-sanT | 2007-12-08 23:25 | | Comments(16)
Commented by maeda at 2007-12-09 06:12 x
お疲れ様でした。
中村さんにはもう長いことお会いしていません。
ミヤマシロにはがんばってもらいたいですね。こちらにはエゾシロの越冬巣なら沢山有るのですが、分けることも出来ませんし、種も違うし。
Commented by cactuss at 2007-12-09 07:52
お疲れ様でした。冬山に登るのは初めてだったので、心配でしたが、天候にも恵まれ、それほど寒くなかったので、よかったと思います。リンクさせて頂きましたので、今後ともよろしくお願いします。
Commented by thecla at 2007-12-09 13:17 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
中村さんは、今日もお一人現地に残って調査をされています。
こうして見ると八ヶ岳の方が環境さえ回復すれば個体数が多くなる可能性があると思います。ただ蝶の数がかなり少なくなってしまっているというのが問題ですが・・・。
Commented by thecla at 2007-12-09 13:19 x
cactussさん、昨日はお疲れ様でした。
それほど寒くもなく、絶好の天候でしたね。ただ雪道なのと、しばらく山歩きをしていなかったので、私はちょっとバテてしまいました(^^;
私のほうからもリンクさせていただきました。こちらこそ、よろしくお願いいたします。
Commented by banyan10 at 2007-12-09 18:47
調査お疲れ様です。好天で良かったですが、Tシャツは無理がありそうですね。(笑)
ここのミヤマシロも心配な部分もあるのですね。
4年前というとブログを始める前でしょうか。第2地点はあそこかなあ?(^^;
Commented by chochoensis at 2007-12-09 19:51 x
theclaさん、寒い中の=調査=大変でした・・・お疲れ様です。こうした地道な活動があって翌年のチョウが観察できるのですね。ありがとうございました。来年こそは観察してみたいです・・・。
Commented by thecla at 2007-12-09 20:27 x
banyanさん、ありがとうございます。
登っている時は暑くてTシャツになったのですけど、稜線に出た瞬間に寒くて慌てて着込みました(^^;
一昨年、昨年と天候不順で発生が遅れたので、越冬率が低かったのかもしれませんが、そんなに楽観できる感じではありませんでした。
4年前はデジイチ導入前で、この時撮影したのはまだポジでした。
Commented by thecla at 2007-12-09 20:29 x
chochoensisさん、ありがとうございます。
今回の調査は今後のベースとなる基礎調査です。これをしっかりやっておくと今後の追跡調査が楽になるそうです。
Commented by 霧島緑 at 2007-12-09 20:45 x
ミヤマシロ調査、お疲れ様でした。
積雪もそれほど大したことなかったようで、調査日和だったみたいですね。行政の方も参加されるとは以外でした。県及び市も保護にも力を入れているようで安心ですね。
来週の八ヶ岳は、参加させていただこうと思っています。積雪が大したこと無ければよいのですが・・・
Commented by thecla at 2007-12-09 20:54 x
霧島緑さん、ありがとうございます。
昨日は路面はドライでノーマルでも大丈夫な状況でした。八ヶ岳の方が標高が低いのでまだ雪は大丈夫だと思いますが、天候次第でしょうね。
ちょっと用事があるので、来週はパスさせてもらう予定です。気をつけてくださいね。
Commented by fanseab at 2007-12-10 22:50
調査活動お疲れ様です。
メギとかヒロハヘビノボラズを掻き分けての探索は相当にお疲れに
なったんではないでしょうか?亜高山蝶の保護活動は本当に
大変ですね。雪に覆われた針葉樹林帯の林道画像を見て、
つくづくそう思います。
Commented by thecla at 2007-12-10 23:14 x
fanseabさん、連続コメントありがとうございます。
メギもヒロハノヘビノボラズも、実は調査地では掻き分けるほどの量がありませんでした。
食樹の量は昨年入った八ヶ岳の方が圧倒的に多かったと思います。
やはりオープンエアな空間と吸蜜植物が環境的には非常に重要なのだと思いました。
雪の量は、一番多いところの画像を使っております。本当はもっと少ないのですよ(^^;
Commented by kenken at 2007-12-10 23:36 x
お疲れさまでした。地道な活動に敬意を表します。
ある程度の開けた環境が必要な蝶でしょう。
行政関係の方も参加していただけて、良い感じですね。
いつかは訪れてみなければ・・・
Commented by thecla at 2007-12-10 23:56 x
kenkenさん、ありがとうございます。
貴殿を見習ってちょっとずつ始めております。今回は行政関係の方に参加していただいたことは本当に大きいと思います。
八ヶ岳とセットで是非ご訪問ください。ウスイロのように回復した後だともっと良いのですが。
Commented by ダンダラ at 2007-12-12 23:17 x
ミヤマシロの調査お疲れ様でした。
20数年前の冬に八ヶ岳と入笠に言った時にはそこそこの巣が見られましたが、入笠は今は見る影もないようですね。
今度の調査地でもあまり楽観出来る様子ではないとのことですが、減少の原因は何なのでしょうか。少しでも保護の見通しが立つと良いですね。
Commented by thecla at 2007-12-13 23:36 x
ダンダラさん、ありがとうございます。
当初予想よりは少なかったものの、生息地の核心部分ではそれなりの巣の数が確認できました。
ただ周辺部分のパッチ状の生息地は、数が大きく減っているかいなくなってしまっている状況なのであまり楽観できる状況ではないと思います。
前に巣が多かった食樹が少し被覆されて数を減らしていたりするので、その影響と、ここ2年ほどの夏の天候不順で発生が遅れ若齢での越冬が多いことも多少関係あるかもしれません。
中村さんは、今回の調査で生息状況もかなりわかったので保護の見通しも大分立ったとおっしゃっていました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< スイスの花と蝶2007(2) ...      2007年12月上旬 新宿御苑... >>