フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 12月 16日

スイスの花と蝶2007(3) ツムゼー(Zumsee)の村①

2日続いてロングコースを歩いたので、3日目は子供達のリクエストでマーモットを捜しながら短いコースを歩くことにした。ゴンドラでフーリ(Furi)へ上がると、ツェルマットの村まで向かう複数のコースがある。
どのコースを選ぶかはフーリで決めることにして、ゴンドラから下を眺めていると複数のマーモットが動いているのが見えた。フーリで地図を確認するとツムゼー(Zumsee)の集落へ下る途中にちょうどマーモット達を見た場所があるので、そちらへ向かうことにした。
ゴンドラから見た場所へ来たので慎重に周囲を探すと、刈ったばかりの牧草地をマーモットが歩いていた。
d0054625_2053286.jpg

マーモット CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-30mm
d0054625_20531726.jpg

マーモット CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-30mm
早速、今日の目的のマーモットを間近に見ることが出来て子供達は大喜びだった。そこから少し下るとツムゼーの村に着く。
d0054625_20533863.jpg

ツムゼーの村 CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro
箱庭のような集落で、小さなレストラン一軒あるだけだが、雰囲気がとても良い。ビールとパスタで早めの昼食にした。パスタはペーストではなく生のトマトを使っていてなかなか美味しかった。
集落の周りには、アザミの花が咲いていて、蝶も時々やってくる。
d0054625_20585850.jpg

カラフトセセリ Thymelicus lineola 吸蜜 RICHO Caplio GX8
d0054625_2102381.jpg

フチグロベニシジミ Lycaena vigaureae 吸蜜 RICHO Caplio GX8
d0054625_211433.jpg

エレビア 吸蜜 RICHO Caplio GX8
d0054625_2124256.jpg

エレビア 静止 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_21425100.jpg

エレビア 吸蜜(尾端に水滴が見える) CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
最後のエレアビアは、E. alberganus アーモンドベニヒカゲではないかと思うのだが、前の2つは、E. melampusかもしれない。
※maedaさんからご指摘をいただきました。3つともアーモンドベニヒカゲで良いようです。
d0054625_21212046.jpg

ジャノメチョウの仲間 Laisommatta maera 開翅 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
食事も美味いし、色々な蝶もいてツェルマット周辺の山麓ハイキングも中々楽しい。
<続く>
[PR]

by toshi-sanT | 2007-12-16 21:25 | スイス | Comments(8)
Commented by maeda at 2007-12-17 07:24 x
その小さな村がたまらなく良い感じですね。
1ヶ月ほど住みたいです。
エレビアは皆E. alberganusではないかと思います。
Commented by banyan10 at 2007-12-17 17:27
マーモット結構近くで見れるのですね。
カラフトセセリは北海道で撮影したので懐かしいです。(^^;
Commented by thecla at 2007-12-17 23:28 x
maedaさん、ありがとうございます。
エレビアは全部アーモンドで良かったのですね。
この小さな村は、メインのハイキングコースからはちょっとだけはずれているので、静かで本当に良いところです。
これでパル君がいれば最高だったのですが、見ませんでした(^^;
1ヶ月住んだら、社会復帰できるか保証はいたしかねます(笑)
Commented by thecla at 2007-12-17 23:34 x
banyanさん、ここのマーモットは人家近くにいるためかある距離までなら姿を見せてくれました。
これ以上近付こうとすると穴に逃げられます。
スイスのカラフトセセリも一番悪条件でも見れる蝶なのは、北海道と同じでした(笑)
Commented by nomusan at 2007-12-18 23:13 x
おお、どれも素晴らしいですが、本日は最後の一枚に釘付けになってしまいましたぁ。
それにしても・・・ええ所みたいですねぇ~・・・。
Commented by thecla at 2007-12-19 00:16 x
nomusanさん、コメントありがとうございます。
最後のジャノメは、多分ヨーロッパでは普通に見られるはずなのですが、日本にはいないタイプの紋様なのでドキっとします。
ええところですよ~、ほんま。
Commented by fanseab at 2007-12-20 23:23
玄人好みの渋い蝶が並んでいますね。
最後のマエラツマジロウラジャノメはスイス南部で採集した思い出
深いジャノメです。久しぶりに網を振ってドキドキした当時の情景を
思い出しました。
Commented by thecla at 2007-12-21 22:45 x
fanseabさん、コメントありがとうございます。
fanseabさんはスイスにも行かれていたのですね。スイスの蝶はパルと一部のモドキ類を除くと渋い蝶が多い気がしますが、このマエラは結構いけてるのではないかと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< スイスの花と蝶2007(3) ...      2007年12月中旬 神奈川県... >>