フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 02月 02日

スイスの花と蝶2007(5) ゴルナーグラート展望台①

スイス滞在も5日目、当初行こうと考えていた場所はほぼ行くことが出来たので、展望台へ行くことにした。
時間が遅くなると観光客で混むので、始発から2番めの登山電車に乗る。樹林帯を抜けると右手にマッターホルンを見ながら標高を上げていく。終点のゴルナーグラート駅は3,090m、そこから少し登ると展望広場(3,135m)で360度のパノラマが広がる。
d0054625_22322299.jpg

ゴルナー氷河 CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_22351286.jpg

山岳ホテル CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro
ゴルナーグラートの駅前広場からは、マッターホルンをバックに登ってくる登山電車が見える。
d0054625_22372275.jpg

う~ん、「世界の車窓から」みたいだ(笑)
d0054625_22375848.jpg

このまま帰ってもつまらないので、一駅戻り逆さマッターホルンを見ることが出来るリッフェルゼーへ行くことにする。ローテンボーデン駅前からもマッターホルンの穂先を写すリッフェルゼーの池を見ることが出来る。
d0054625_22453234.jpg

リッフェルゼー CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro
ふと目の前を横切った影を追うと、初めて見る模様のヒョウモンモドキの仲間がいた。しかも、マッターホルンをバックに絶好の角度で日光浴をしていた。
d0054625_22521846.jpg

高山性のヒョウモンモドキの仲間 Hypodryas cynthia RICHO Caplio GX8
d0054625_22492656.jpg

高山性のヒョウモンモドキの仲間 Hypodryas cynthia CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro
とても綺麗な紋様なので、90mm Macroでじっくり撮ろうと思ったら、ベニモンマダラがアタックをかけてしまい遠くへ飛ばれてしまった。ただ、後で画像を見直したら、裏面が写っているし、ベニモンマダラも求愛しているように見え、ちょっとおもしろい写真になった。
d0054625_22581141.jpg

Hypodryas cynthia (ベニモンマダラ誤求愛?) CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro

<続く>
[PR]

by toshi-sanT | 2008-02-02 22:59 | スイス | Comments(12)
Commented by fanseab at 2008-02-03 09:45
ゴルナー氷河は1万m上空の飛行機から眺めたことがあります。いずれも絵葉書以上に綺麗な眺めですね(笑)
ベニモンマダラはヨーロッパの蝶図鑑では、「蝶」扱いで、逆にセセリは「蝶図鑑」に掲載されていないことが多いですね。cynthia後翅の紅紋にベニモンマダラが愛を感じても不思議はなさそうです。
Commented by banyan10 at 2008-02-03 15:02
氷河が見れるというのも貴重な体験ですね。
ヒョウモンモドキの仲間は本当に独特の模様で魅力的です。
Commented by thecla at 2008-02-03 16:37 x
fanseabさん、コメントありがとうございます。
展望広場から見る氷河は中々迫力がありました。こればっかりは、写真では中々表現できません。
ベニモンマダラは「蝶」扱いの場合もあるのですか。最初は「この野郎!」と思ったのですが、後で見直してみるとおもしろい画像になって喜んでいます。愛を感じたんでしょうかね(笑)
Commented by thecla at 2008-02-03 16:40 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
氷河は、なんとも言えず、独特の迫力がありますね。日本では見れないですし。
このヒョウモンモドキの仲間、アポロに負けず綺麗でしょう。初日にも見たのですが、その個体はかなりのボロでしたから少し発生時期が早いのかもしれません。
Commented by maeda at 2008-02-03 17:52 x
その仲間のヒョウモンにとても興味があり、ヨーロッパ、北米、ロシアと交換をする際にリストに必ず入れていました。
現在、ばらばらで箱に入っていますが、その内整理したいと思います。
無心に集めた頃の宝物です。
Commented by thecla at 2008-02-03 20:41 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
図鑑を見ると、この手の紋様のヒョウモン類が、何種類かいますね。
これも図鑑で見る以上に、実物は綺麗だったので、他の類似種も整理したらさぞ綺麗なのでしょうね。
Commented by nomusan at 2008-02-03 22:37 x
ゴルナー氷河、これは壮観ですね~・・・・。
いや、他の画像も皆圧倒されます。素晴らしい。

最後の誤求愛?の画像、ええですね~(笑)。
Commented by kenken at 2008-02-03 22:40 x
確かに「世界の車窓から」みたいですね。(笑)
それにしても美しい。
一瞬、パルの仲間かと思いましたが、なるほど高山性のヒョウモンモドキの仲間でしたか。えぇもんですね。
Commented by thecla at 2008-02-03 22:58 x
nomusanさん、コメントありがとうございます。
ここは、一番有名な観光地なのですが、やはりそれだけのことはあります。この日は蝶より風景の方を圧倒的に多く撮ってしまいました(^^;
Commented by thecla at 2008-02-03 23:01 x
kenkenさん、コメントありがとうございます。
今回は、「絵葉書」特集です(笑)
これ、初日に翅の先が欠けたのがいた(未掲載)のですが、そっちの方が一瞬パル?という感じでした
つい、アポロばかり追いかけてしまいますが、こっちももっと撮っておくべきでした。
Commented by cactuss at 2008-02-03 23:16
ヒョウモンモドキの仲間はシックでいい色していますね。
マッターホルンバックだから、最高ですね。
ヨーロッパはまだ、行ったことがありませんが、こんなにいい景色といろいろな蝶がいるのなら、一度、行ってみたいですね。
Commented by thecla at 2008-02-03 23:53 x
cactussさん、コメントありがとうございます。
これ登山電車の駅のまん前なんです。まだ、人が少ない時間帯だったので良かったですが、それでも何やってるの~という感じで注目を浴びていたかもしれません(^^;
良いところですから是非機会を作っていってみてください。後で紹介しますが、シャレーを使うとかなり割安ですし。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< チョウ類保全シンポジウム-ギフ...      スイスの花と蝶2007(4)シ... >>