フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 02月 25日

スイスの花と蝶2007(6) 最終日はやっぱりアポロ①

1週間のスイス滞在もあっという間に最終日になってしまった。最終日の午後は荷造りして、駅でチェックインしなければいけないので、午前中しか行動できない。
しかし、ここでチェックインしておけば、成田で受け取るまで重いスーツケースから開放されるわけだから仕方がない。
子供達は、スネガからマッターホルンを望む池までの観光コース、私はマッターホルンとアポロの組み合わせを狙って出かける。
実は、マッターホルンとアポロの組み合わせは案外難しい。ツェルマットの谷の形状からマッターホルンを広角で入れられる場所は限られている。そこで今日は、マッターホルンが良く見える角度でアポロがいる場所を探さないといけないわけだ。
2箇所ほど目星をつけてあるので、早速出かけることにする。目星をつけたポイントへ向かう途中、フチグロベニシジミ Lycaena vigaureae が朝の斜光線で綺麗だったので、逆光で斜め下から迫ってみた。
d0054625_210051.jpg

フチグロベニシジミ Lycaena vigaureae CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
今日がスイス滞在の最終日だと思うとちょっと気がせくが、それでも日本にいないタイプのベニシジミなので、「アポロ、アポロ」と思いながらもついカメラを向けてしまう。

さて、目星を付けたポイントに着くと早速アポロが飛んでいる。が、止まらない。アルプの草原とはいうものの、U字谷の急斜面直下の草原だから簡単に追いかけて走り回るわけにも行かない。
しかも、たまに花に止まっても角度が悪いとマッターホルンが入らないし、回り込んでいる間に逃げられてしまう。ちょっとあせった頃、段差の下のアザミに止まるアポロを発見、角度もちょうど良さそうだ。
段差も大したことないし、軽く飛び降りたつもりが、勢い余って前方に一回転、一瞬青空が見えた。幸い柔道の受身を取るような格好になったのと下が草地だったので怪我も無く、3つのカメラとも無事だった。
そんなこんなで中々シャッターチャンスがなく苦労した。撮った画像も決して満足のいくものではなかったが、まあ、スイスの青空の下、アポロとは十分戯れることが出来たので良しとしよう。
d0054625_21214922.jpg

アポロウスバアゲハ Parnassius apollo RICHO Caplio GX8
マッターホルンはちゃんと写っているのだが、肝心のアポロの角度が悪いのとピンが甘いのが残念。
d0054625_21251793.jpg

アポロウスバアゲハ Parnassius apollo RICHO Caplio GX8
こっちはピンもばっちりだが、少し飛び古した♀、しかも左後翅が羽化不全のようだ。

ここでちょっと時間を使いすぎてしまったため、もう少し高い位置から見下ろすであろうポイント2へ回る時間は無くなってしまった。そこでこの間実績のあるポイントへ向かうことにした。
<続く>

アポロのいる草原 その他の蝶
d0054625_2231264.jpg

コヒオドシ CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
そういえば、今回コヒオドシを見ることが少なく、最終日にようやく撮影できた。
d0054625_22395144.jpg

コリドンルリシジミ Lysandra coridon RICHO Caplio GX8
d0054625_22464340.jpg

Aricia artaxerxes ? CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
最初はヒメシジミの仲間の♀かと思ったのだが、アカオビシジミの仲間のように見える。赤紋の発達が悪いので、セイヨウアカオビシジミではなく、Aricia artaxerxes のような気がするのだが、自信はない。
<オフシーズンの間、だらだら続けてきましたが、次回が最終回の予定です。>
[PR]

by toshi-sanT | 2008-02-25 22:58 | スイス | Comments(13)
Commented by 虫林 at 2008-02-25 23:49 x
アポロを撮影できただけでも羨ましいのに、マッターホルンをバックにアポロの写真を撮影できるなんて、なんて凄い事でしょうか。角度は贅沢というものですね(笑)
いつも見せていただいていますが、夢のような楽しい旅行でしたね。
僕もいつかは行きたいです。
Commented by maeda at 2008-02-26 06:15 x
スイスの山々が背景のアポロは、またひと味違いますね。
アポロを撮れる場所は世界中に沢山ある訳ですが、これが一番かな。
世界を見たこと無いですが。
Commented by chochoensis at 2008-02-26 09:06 x
あと1回で終わりですか・・・残念です・・・しかし、今回のマッターホルンとアポロの写真・・・素晴らしいですね。いつか行きたいですが、私には体力も気力もなくて行けそうにありません、色々と素敵な写真をありがとうございました。
Commented by nomusan at 2008-02-26 12:04 x
アポロの背景にマッターホルン、何とも贅沢な画像ですね。ええです。
>勢い余って前方に一回転、一瞬青空が・・・
 お身体もカメラもご無事でなによりでしたね(笑)。
いよいよ次回で最終回ですか・・・。残念です・・・。
Commented by banyan10 at 2008-02-26 17:40
ついに最終日ですか。
それにしても天気にも蝶にも恵まれていますね。
マッターホルンを背景にアポロが撮れる場所はそうはないのですね。高い山なので、どこからでも見れるような気がしていました。(^^;
Commented by thecla at 2008-02-26 22:58 x
虫林さん、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、アポロと遊べるだけでも楽しいのですから、角度までは贅沢というものでしょうか。
ツェルマット、グリンデルワルドとも大分感触を掴んだので、出かける際には是非声をおかけください。
Commented by thecla at 2008-02-26 23:02 x
maedaさん、いつもコメントありがとうございます。
やっぱりアポロとスイスの山々というのは、日本人からするとやっぱりええですわ。
ヒマラヤの高峰と派手なパルなんてのも憧れですけど、こっちはおいそれとは実現できないですしね。
でもね、バキと大雪の山々というのもまだ撮り逃しているので、そのうち行かなきゃ(^^;
Commented by thecla at 2008-02-26 23:04 x
chochoensisさん、いつもありがとうございます。
ダラダラとオフシーズン中引っ張ってきましたが、次回でネタもなくなります。そろそろ初見の便りも届いていますし、ちょうど良い時期でしょうか。
あと一回、お付き合い願います。
Commented by thecla at 2008-02-26 23:07 x
nomusanさん、ありがとうございます。
>勢いあまって・・・・、本当に一瞬あせりました。こりゃ転がった方が安全かなと思ったのですが、どこも痛くなくラッキーでした。
でもね、すっころがって起き上がった瞬間、アポロを確認したところが我ながらアホだなと・・・もちろんもう飛んでおりました(爆)
Commented by thecla at 2008-02-26 23:14 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
スイスは過去2回とも絶好の天気に恵まれました、きっと私の普段の行いが良いからでしょう(笑) 女房に言わせると違うようですけど(爆)
ツェルマットの谷はマッターホルンに向かって途中が少し狭まっているので手前側だとマッターホルンが上手く入りません。
また、独立峰なので雲がかかりやすいというのもあります。上のシジミの広角は雲の中がマッターホルンです。
Commented by 名無しのリーク at 2017-07-04 23:23 x
香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業
Commented by 名無しのリーク at 2017-07-04 23:23 x
香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業
Commented by 名無しのリーク at 2017-07-04 23:24 x
香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2008年3月上旬 久しぶりの...      スイスの花と蝶2007(5) ... >>