フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 03月 02日

スイスの花と蝶2007(6) 最終日はやっぱりアポロ② 最終回

今日は、スーツケースに荷物を詰めてツェルマットの駅に持っていかなければいけないので、もう引揚げないといけない時間、名残惜しいが仕方がない。
シャレーに戻る途中、ちょっとした崖があってヒメシジミの仲間が吸水していた。その中に初めてみるヒョウモンモドキの仲間がいた。
d0054625_20503457.jpg

ヒメフチグロヒョウモンモドキ Meritaea didyma CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
翅を開くとはっとるするほど鮮やかなオレンジ。
d0054625_2052357.jpg

ヒメフチグロヒョウモンモドキ Meritaea didyma CANON EOS Kiss DX TAMRON
d0054625_20523453.jpg

ヒメフチグロヒョウモンモドキ Meritaea didyma 吸蜜 RICHO Caplio GX8

最後に先日アポロを撮影した谷沿いの斜面に行ってみた。やっぱりアポロは飛んでいたが、今日は一向に止まらない。あまり時間も無い上、次何時会えるかわからない蝶だから飛翔撮影に切り替え、思いっきり遊んでもらうことにした。
d0054625_2141132.jpg

d0054625_215740.jpg

d0054625_2152182.jpg

d0054625_2153443.jpg

d0054625_2155169.jpg

アポロウスバアゲハ Parnassius apollo 飛翔 CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro
最後にちょっとだけだけれど、マッターホルンの穂先を背景に舞う姿も撮影できたし、十分満足して引揚げた。

翌日は朝6時の電車でツェルマットを離れ、チューリッヒ国際空港へ向かい、帰国の途に着いた。

2007年のスイス、行く前は天候不順で心配したが、好天に恵まれ、アポロを初めとした蝶も多くとても楽しい旅だった。
<End>

随分と長い間、だらだらと続けてしまいましたが、お付き合いいただいた皆様ありがとうございました。
[PR]

by toshi-sanT | 2008-03-02 21:14 | スイス | Comments(12)
Commented by nomusan at 2008-03-02 23:10 x
う~ん、いよいよ最終回ですかぁ・・・・。まだまだ見たかったのに残念です。で、最後はやっぱりアポロなんですね(笑)。
 それにしても、どの蝶もみな美しくて見惚れてしまいますが・・・・とりまく環境がやっぱり素晴らしいですね。お互いに美しさを引き立てていますね。ほんまにええもん見せていただきました。ありがとうございます。
Commented by thecla at 2008-03-02 23:41 x
nomusanさん、お付き合いいただきありがとうございました。
ええ、やっぱり最後に撮った蝶はアポロでした。
ここ、雨降ったらすることなくて困るところでしたが、晴れたら雰囲気といい、環境といいやっぱり素晴らしいです。
Commented by 虫林 at 2008-03-03 13:13 x
ヒョウモンモドキも目が覚めるように美しいですが、お花畑を飛翔するアポロはやっぱり絵になりますね。
アポロ、エーデルワイス、アルプスの蝶たち、楽しませていただきました。
本当に羨ましいです。
Commented by kmkurobe at 2008-03-03 21:36
ヒメフチグロヒョウモンモドキの写真本当にきれいですね。またアポロの飛翔まさに最終回を飾るナイスショットですね。
本当に堪能させていただきました。
すばらしい。いよいよそちらはフィールドへ出動ですね。
Commented by fanseab at 2008-03-03 23:01
見ごたえのあるアルプスシリーズ、有難うございました。
将に目の保養になりました。最後のアポロ飛翔画像、背景の雲の
動き・形態は厳しい高山の雰囲気をさりげなく語っているようで、
素敵です。
Commented by thecla at 2008-03-04 23:35 x
虫林さん、コメントありがとうございます。
最終日は、どうしようかと思ったのですが、簡単に行けるところではないので、やっぱりアポロを探しに行ってしまいました。
エーデルワイスも含め考えていたものはかなり撮影することが出来ました。
Commented by thecla at 2008-03-04 23:38 x
kmkurobeさん、コメントありがとうございます。
ヒメフチグロヒョウモンモドキを見たのはこのときだけだったのですが、本当に魅力的な蝶でした。
ヨーロッパはヒョウモンモドキ類はバリュエーション豊かで楽しいですね。
ちょうどシーズン開始直前まで引っ張ってしまいました。
Commented by thecla at 2008-03-04 23:42 x
fanseabさん、コメントありがとうございます。
よくマッターホルンのような独立峰は雲がかかりやすいといいますが、確かに晴天でも時折雲がかかっていました。
そういう意味では、ちょっと雲がかかっていい雰囲気になったのかもしれないですね。
Commented by ダンダラ at 2008-03-09 08:02 x
アポロの飛翔はすばらしいですね。
こんな環境に身をおけるなんて、ほんとうらやましいです。
夢のような一週間だったのではないでしょうか。
ヒメフチグロヒョウモンモドキもきれいな蝶で、表面といい裏面といい写欲をそそりますね。
Commented by banyan10 at 2008-03-09 16:49
最後を飾るにふさわしい2種類の蝶ですね。
オフシーズン十分に楽しませていただきました。
アポロの飛翔、限られた時間と思えない素晴らしい写真の連続ですね。
Commented by thecla at 2008-03-09 19:53 x
ダンダラさん、ありがとうございます。
滞在中はずっと天気がよくて、本当に夢のような一週間でした。本当はもっと滞在したいなんて言ったらバチが当たるかな(笑)
スイスのモドキ類は、こおヒメフチグロもそうですけど、紋様もバリュエーションが色々あって、楽しいですよ。
Commented by thecla at 2008-03-09 19:56 x
banyanさん、ありがとうございます。
ちょうど計算どおり(本当か?)、新成虫が飛び出す時期まで引っ張れました。
ここは足場があまり良くないので、待っていて近くに来たときしか飛翔の撮影チャンスが無いのですが、思ったより上手く撮れました。
何といってもアポロが自分に向かって飛んでくるというのが、幸せでした(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2008年3月上旬 多摩丘陵に...      2008年3月上旬 久しぶりの... >>