2008年 06月 28日

2008年6月下旬 山梨のアサマ巡り

土曜日は、チョウ類保全協会の中村さんと山梨のアサマシジミの様子を見に行ってきた。複数のポイントを回って山梨のアサマシジミの発生環境を確認するのが目的だ。
もっとも環境の確認をするのは主に中村さんの役目で、私は運転手代わり兼環境面の講義を聴く受講生のようなものだけれど(^^;

毎年行くマイフィールドも含め合計5箇所ほど回って、すべての場所で成虫および環境を確認できた。環境面では、比較的良好な場所もあったけれど、草地の状況があまり芳しくない場所もあった。ただ、現在良好な場所でも生息地が分断されつつある、草地の環境が悪化しつつあり衰退が懸念されるなど長期的には決して楽観できる状況ではないと感じた。

<各地のアサマシジミ> 機材はすべて CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
〔オス〕
d0054625_2263617.jpg

d0054625_2241168.jpg

d0054625_2242842.jpg

〔メス〕
d0054625_2271581.jpg

d0054625_2282047.jpg

d0054625_227436.jpg

最後の個体は前翅にも少しオレンジが入っているように見え綺麗だ。

<その他のチョウ>
d0054625_22105883.jpg

シータテハ CANON EOS Kiss SIGMA APO 70-300mm Macro
d0054625_2212186.jpg

メスアカミドリシジミ CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
[PR]

by toshi-sanT | 2008-06-28 23:59 | | Comments(16)
Commented by fanseab at 2008-06-30 00:07
小生も山梨に出撃していましたが、アサマの生息環境調査、お疲れ様でした。やはり、最後の紅班が強く出た♀が絶品ですね。
メスアカ半開翅も羨ましいです。
Commented by chochoensis at 2008-06-30 04:40 x
theclaさん、=アサマシジミ=環境調査=お疲れ様でした・・・。こういう地味な研究が積み重なって=保護=に繋がるのですね・・・ぜひ草原環境の維持で増えてほしいです・・・。
Commented by banyan10 at 2008-06-30 06:13
さすがにアサマの生息地もよく知っているようですね。
雄ばかり追い掛けてしまいがちですが、赤い雌もいるのですか。気をつけるようにします。
メスアカはあの林道でしょうか?
この蝶はV字開翅を撮りたいです。
Commented by cactuss at 2008-06-30 07:02
アサマシジミの調査、お疲れ様でした。
中村さんも忙しい時期ですね。すべての場所で成虫を確認できて良かったですね。紅紋が出た雌はきれいですね。
メスアカミドリはこの方向からが一番輝きますね。
Commented by kmkurobe at 2008-06-30 22:21
アサマは食草があっても環境にすごくシビアの種類ですね。
未だにこれという条件がわかりません。こちらではギフチヨウがいるところではたいてい観察できる気がします。
アサマもこちらではソロソロ終盤になってきました。中旬から高標高の発生になると思います。
Commented by thecla at 2008-06-30 22:50 x
fanseabさん、コメントありがとうございます。
貴殿も山梨出撃でしたか。この時期の山梨は時間もそれほどかからないし、ゼフをはじめ楽しいですよね。
アサマの環境も様々ですが、思っていた以上に好環境は少なくなりつつあるように感じました。
Commented by thecla at 2008-06-30 22:52 x
chochoensisさん、コメントありがとうございます。
私はともかく(笑)中村さんには参考になったのではないでしょうか。
保全ということを考えると一筋縄ではいかなそうですが。
Commented by thecla at 2008-06-30 22:55 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
今回は私が初めて行くポイントも多く、ちょっと定点観察してみようかと思った場所もありました。アサマのメスはオスに比べ軽く見てしまいますが、結構綺麗なのもいますね。
メスアカは、あの林道ではなく、アサマ探索中に偶然目の前にいました。今回は複数地点を回るためあの林道は素通りでした。
Commented by thecla at 2008-06-30 22:58 x
cactussさん、コメントありがとうございます。
今度は中村さんは群馬のアサマの調査のようですね。本当にその熱意には頭が下がります。
メスアカ、最初は全開していたのですが、カメラを向けると急に翅を立ててしまい、慌てて数カットだけ撮影しましたが、いい色が出てほっとしました。
Commented by thecla at 2008-06-30 23:00 x
kmkurobeさん、コメントありがとうございます。
アサマは根際に産卵するので、草刈に強いようですが、草丈が伸びると良くないようです。どの程度の草丈が良いかなどまだ調べる必要があります。
Commented by clossiana at 2008-07-01 21:32
アサマの調査、御苦労さまでした。自分は保全のための何一つもしていないのに皆さんのお陰でアサマの健在ぶりを知ることができるのは嬉しいです。環境的に心配な場所もあるとの事。基礎データが揃ったら自分も何かお手伝いをしたいです。力仕事は無理ですが。。。
Commented by furu at 2008-07-01 22:56 x
私がよく行く山梨県東部ではアサマは広く分布しているように思いますが、それぞれの生息地は狭く、土地の管理方法が変わるとすぐに居なくなってしまいそうな危うさを感じます。
先週、メスアカが↑の写真くらいの距離でこちらを向いて全開しているのを見つけたのですが、長竿を置くときの動きで飛ばれてしまいました。
Commented by thecla at 2008-07-02 23:18 x
clossianaさん、ありがとうございます。
アサマは草刈をきちんとすれば増えそうな場所もあるのですが、土地の利用方法が変わりつつあるので、簡単ではないようです。
もし何かあればご協力お願いいたします。
Commented by thecla at 2008-07-02 23:22 x
furuさん、コメントありがとうございます。
山梨東部へももちろん行ってみました。見つけた場所は猫の額のような場所でした。広く分布しているうちは良いのですが、それぞれが分断されだすと厳しくなってくるようです。
このメスアカも最初はこっち向いて全開していたのですが・・・・(笑)
Commented by 霧島緑 at 2008-07-02 23:36 x
アサマの生息調査お疲れ様です。それぞれの場所で確認できたことは嬉しいですね。
私の知るポイントもごく狭い草地のため、発生が気になります。毎年この目で発生を確認したい蝶ですね。
メスアカの写真も素晴らしい!
Commented by thecla at 2008-07-03 00:07 x
霧島緑さん、コメントありがとうございます。
山梨のアサマはまだあちこちに分布していて、まだしばらくは大丈夫なのでしょうが、毎年発生状況を見ておくのは必要だと思います。
今回行った場所のうち、2つくらいは定点観測していきたいと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2008年6月下旬 みちのく撮...      2008年6月下旬 みちのく撮... >>